東風平朝衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東風平 朝衛(こちんだ ちょうえい、1701年 - 1766年)は、琉球王国の政治家、歌人。沖縄三十六歌仙の一人。正式には東風平親方朝衛と称する。唐名は向傑(しょうけつ)。称号は親方豊見城御殿門中である向氏当銘殿内(系祖・久志按司朝右)二代目(豊見城御殿門中としては三世)。父・久志按司朝右、母・毛氏真牛の長男として生まれる。組踊『万歳敵討』などの作者で知られる田里親雲上朝直は朝衛の弟である。

詳しい経歴は不明であるが、蔡温のあと、1752年三司官に就任、1765年までの14年間その任にあった。歌人としても著名で、真境名安興の『沖縄一千年史』に古より有名な琉歌の名人6人のうちの1人に挙げられている[1]宜湾朝保『沖縄集』に、

名にききし しのぶ高雄の もみぢ葉を いま手にとりて 君ぞ見せたる

和歌が収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『真境名安興全集(第一巻)』385頁参照。

参考文献[編集]

  • 池宮正治『近世沖縄の肖像(上)(下)』 ひるぎ社、1982年。
  • 『沖縄大百科事典(中)』 沖縄タイムス社、1983年。
  • 真境名安興『沖縄一千年史』『真境名安興全集』第一巻、真境名安興、琉球新報社、1993年。

関連項目[編集]

先代:
蔡温
琉球の法司(酉日番)
1752年 - 1765年
次代:
湧川朝喬