東野智弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東野智弥
Tomoya HIGASHINO
Higashino tomoya.jpg
日本バスケットボール協会
役職 技術委員会委員長
ポジション(現役時) SG
--
--
基本情報
本名 東野智弥
愛称 クラッシャー
ラテン文字 Tomoya HIGASHINO
誕生日 (1970-09-09) 1970年9月9日(48歳)
日本の旗 日本
出身地 石川県
出身 早稲田大学
ドラフト  
選手経歴
1986-1989
1989-1993
1993-1995
北陸高校
早稲田大学
アンフィニ東京
指導者経歴
1996-1998
1998-1999
1999-2001
2001-2004
2004-2006
2007-2010
2010-2012
2013-2016
ルイス&クラーク大学(AC)
三井生命ファルコンズ(AC)
所沢ブロンコス
トヨタ自動車アルバルク(AC)
日本代表(AC)
レラカムイ北海道
日本代表(AC)
浜松・東三河フェニックス

東野 智弥(ひがしの ともや、1970年9月9日 - )は、石川県出身の元バスケットボール選手、バスケットボール指導者である。ニックネームは「クラッシャー」。現役時代のポジションはシューティングガード。

来歴[編集]

北陸高校では、佐古賢一高柳信也塩屋清文らとともに全国大会優勝に貢献。

その後、早稲田大学を経て、1993年アンフィニ東京に入社[1]全日本実業団選手権準優勝に貢献。

3シーズンプレーした後退社し渡米。半年の語学留学を経て、ルイス&クラーク大学でアシスタントコーチに就任[1]。2シーズン目には、カンファレンスチャンピオン・全米NAIAトーナメントベスト8となる。

1998年10月に帰国し、三井生命ファルコンズのアシスタントコーチに就任[1]。しかし1シーズンで休部。

1999年、エミネクロス・メディカルセンターのスポーツコーディネーター、所沢ブロンコスのヘッドコーチ、母校である早稲田大学のコーチ、同5月、全日本車椅子バスケットボールチーム・アドバイザーコーチ(2008年まで)にも就任[1]

2001年5月、トヨタ自動車アルバルクのアシスタントコーチに就任[1]。創部54年目のリーグ初優勝に導く。

2004年5月、ジェリコ・パブリセヴィッチヘッドコーチの元、日本代表アシスタントコーチに就任。2006年世界選手権まで務める[1]

2007年より日本バスケットボールリーグに参戦するレラカムイ北海道の初代ヘッドコーチに就任。3シーズン務めた後2010年退任[1]

同年5月、日本代表アシスタントコーチに復帰。2012年3月をもって退任[1]

2012年、NBAチームミルウォーキー・バックスのアシスタントコーチとしてサマーリーグに参戦[1]

2010年より開始されるWOWOWNBA中継にて解説者を務める。

2013年3月、浜松・東三河フェニックスヘッドコーチに就任[1]。2014-15シーズンにbjリーグ優勝を達成。2016年、浜松・東三河との契約満了、日本バスケットボール協会技術委員会委員長に就任[2][3]

経歴[編集]

選手
  • 三木小学校→錦城中学校→北陸高校 → 早稲田大学→アンフィニ東京

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j ヘッドコーチ契約締結のお知らせ浜松・東三河フェニックス2013年6月11日
  2. ^ “公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA) 技術委員会 委員長に東野智弥氏が就任” (プレスリリース), 公益財団法人日本バスケットボール協会, (2016年5月19日), http://www.japanbasketball.jp/release/23494 
  3. ^ 東野HC契約満了、日本バスケットボール協会 技術委員会 委員長就任のお知らせ”. 株式会社フェニックス (2016年5月19日). 2016年5月19日閲覧。

関連項目[編集]