東谷義和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ひがしたに よしかず
東谷 義和
生誕 (1971-10-06) 1971年10月6日(50歳)
日本の旗 日本兵庫県伊丹市
別名「ガーシー」
「ガッシー」
「ガッちゃん」
「東さん」
出身校兵庫県立伊丹西高等学校卒業
職業YouTuber
実業家
活動期間1994年 -
著名な実績アパレル会社QALB(カルブ)元社長
影響を受けたもの島田紳助
身長180 cm (5 ft 11 in)
東谷義和
YouTube
チャンネル
活動期間 2022年2月14日 -
登録者数 115.0万人
総再生回数 約7,699万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年4月15日時点。
テンプレートを表示
東谷義和
YouTube
チャンネル
活動期間 2022年3月3日 -
登録者数 35.8万人
総再生回数 約968万回
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年4月15日時点。
テンプレートを表示

東谷 義和(ひがしたに よしかず、1971年10月6日 - )は、日本YouTuber。YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を運営。アパレル会社QALB(カルブ)の元社長。元実業家。愛称は「ガーシー」「ガッシー」「ガッちゃん」「東さん」。兵庫県伊丹市出身。身長180cm。血液型A型兵庫県立伊丹西高等学校卒業。

概要[編集]

車屋を経てオーナーとしてバー『MACCA』を東京大阪札幌に展開。ロンドンブーツ1号2号田村淳島田紳助UVERworldのTAKUYA∞をはじめ多くの芸能人と親交を深める。

代表取締役社長として、西麻布のバー・芸能事務所・株式会社「ever free」の設立、アパレルブランド『QALB(カルブ)』の立ち上げなど多数の事業に携わる。その後事業譲渡し、暴露系YouTuberとして転身。

経歴[編集]

幼少期・関西時代[編集]

兵庫県伊丹市生まれ。父(高校教師)、母、妹の家族構成。

伊丹市立伊丹小学校伊丹市立西中学校兵庫県立伊丹西高等学校を卒業。大卒。

1994年(平成6年)23歳、大阪で板金工場や車の販売代理店を経営。たまたま大阪ミナミのバーで出会ったことをキッカケにガンバ大阪廣長優志を介してロンドンブーツ1号2号の田村淳と仲良くなる[1]

上京・経営者時代[編集]

1995年(平成7年)、田村淳に呼ばれて上京。東京で車屋を経営しながら、田村淳の家に約1年居候していた時に島田紳助とも仲良くなる。

六本木アメリカザリガニの平井義之と共同経営で『MACCA』というバーを開き、そこから芸能人の知り合いが急増した。2000年(平成12年)には札幌すすきの大阪北新地に『MACCA』を拡大経営。

2006年(平成18年)、西麻布でバー『プライブ』を経営。俳優ミュージシャンが多く来店したことがきっかけで著名人のアテンド役を買って出ることになる。並行して知人の元「いいとも青年隊」の岸田健作などが所属する芸能事務所も始めた。2011年(平成23年)に東日本大震災を機に店を畳もうと決意し「プライブ」を閉店する。

2017年(平成29年)5月26日、株式会社「ever free」を設立し、代表取締役社長に就任。アパレルブランド『QALB(カルブ)』を立ち上げる。主にアパレル製品の販売、テレビ番組やラジオ番組の企画や制作、広告代理店業務を行う。ブランドネーム「QALB」はアラビア語で「心臓(ハート)」を意味しており、ブランドコンセプトは『もう飽きた、だから新しいカタチを』。ブランドロゴは『NO MERCY』で日本語で『慈悲はありません』を意味する。「QALB」の公式Instagramにはたくさんの商品が掲載されており、新田真剣佑山田孝之丹羽仁希藤田ニコルなど、多くの芸能人がブランドモデルを務めた。

2019年(令和元年)5月18日、幕張メッセで開催された日本最大級のファッション&音楽イベント「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING / SUMMER」にて、山田孝之が『QALBステージ』の総合演出プロデューサーを務めた。SKY-HI、TAKUYA∞(UVERworld)が登壇した[2]佐藤健、新田真剣佑が出演する映画『るろうに剣心最終章TheFinal / The Beginning』のスタッフパーカーも作成した[1]

2020年(令和2年)6月、株式会社「ever free」代表取締役社長を辞任し、事業譲渡した。

没落[編集]

バカラによる違法賭博やギャンブル等にのめり込み、ギャンブル依存症に陥る。新田真剣佑から6,000万円の借金を含め、億単位をギャンブルで消滅させ、約3億円の負債を抱える。BTSに会わせる代わりにお金を要求した事由もギャンブルだと明かし、東谷本人も依存しすぎて戻れなかったと話した[3][4][5]

YouTuber時代[編集]

2021年(令和3年)12月10日、ヒカルによって東谷による詐欺行為をYouTubeで暴露される[注 1]。それを機に社会的信用を失い、実家が特定され、家族が被害に遭った。詐欺行為の内容は、東谷は企業PR動画のために「ヒカルをキャスティングできる」と話をもちかけ、広告費用・キャスティング費用を要求した。費用を振り込んだが、動画撮影は行われなく、返金要求をすると「返金する」と言いながら返金期間を延ばし、返金されなかった[1]

2022年(令和4年)2月17日、「ヒカル聞け! 東谷義和があの一件について全てお話します」と題して、YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を開設。ヒカルの告発動画によって、これまでの社会的信用を失ったと怒りをあらわにした。さらに今まで手厚くアテンドをしてきた芸能人達に手のひら返しをされたことで復讐心に火がつき、暴露系YouTuberとして活動を始めた。同年3月4日、サブチャンネルとして『ガーシーのサブチャンネル』を開設。反暴露系をコンセプトに良い話、楽しい思い出話を中心に動画をアップしている[1][6]

2022年(令和4年)4月4日、国会で「東谷義和」の話題が取り上げられる。参議院決算行政委員会で質疑に立った「NHK受信料を支払わない国民を守る党」の浜田聡参院議員がNHK問題と絡めて話題に触れた[7]

2022年(令和4年)4月7日、『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』のチャンネル登録者数が100万人を突破。初投稿から49日目の快挙。歴代チャンネル登録者数達成日数ランキング第9位[注 2][8]

2022年4月から、YouTube1本で活動している。元々高齢者が多く身元が判明しづらい場所でアルバイトをしていたが、アルバイト先がバレてしまったため、YouTubeの収益が安定しだしていることもあって辞めたという。

人物[編集]

  • 飲酒と喫煙は一切しない。酒に関しては体質上全く飲めない[注 3]
  • リコピンアレルギーのためトマトが食べれない。
  • 見た目は強面だが、関西人のノリの良さ、喋りの上手さから島田紳助からも褒められた。
  • マメな性格と面倒見の良さ、親しみやすい人柄から、芸能人のアテンド役として信頼を集めた。
  • 島田紳助を尊敬している。東谷の実父が亡くなったとき、どこからか訃報を聞いた島田紳助は多忙のスケジュール縫って、東京で行われているテレビ番組の収録を中断して、兵庫県伊丹市の葬儀場に向かい、東谷に一言声をかけて東京へ戻ったという。
  • 親交のある芸能人やインフルエンサーには、「ガーシー」「ガッシー」「ガッちゃん」「東さん」と呼ばれている。
  • 親交が深いのは、新田真剣佑、城田優、綾野剛、山田孝之、佐藤健、山下智久三浦翔平、TAKUYA∞(UVERworld)、TAKAONE OK ROCK)、桑原彰(RADWIMPS)。
  • InstagramによるインスタライブやTwitterによるスペース機能[注 4]を、気楽に話す用途として不定期に配信している。

芸能人のアテンド業[編集]

  • YouTuberになる前の27年間もの間、芸能人のアテンドをしていた。主に「芸能人が食事をする場所を手配する」「芸能人の旅行を手配する」「接待をする女性を紹介する」「女性を伴った飲みの席をセッティングする」「名前や顔の知れた有名芸能人に代わって、レストランの予約や旅行・ホテルの手配」「有名人の誕生日会の主催」など[1]

逸話[編集]

  • YouTube開設前に連絡したのは島田紳助、TAKUYA∞(UVERworld)、大阪の親友のみ。TAKUYA∞からは「俺のことやったらなんぼでも言ってくれ、俺はロックだから笑い飛ばす」と激励の言葉を受けた[1]
  • FLASH』の取材に「今は私怨でやってるように見られてるんで、今後は世の人のためというスタンスを出していきたい。ダークヒーローから、普通のヒーローになりたい。いつか新しい形の芸能コメンテーターになれればと思っている。」と今後の抱負を話した[1]

有名人とコラボ[編集]

出演[編集]

雑誌[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 被害を受けた男性から相談持ちかけられたことを理由に告発動画をアップ。
  2. ^ 1位はの1日、2位は佐藤健の3日、3位は江頭2:50の9日。
  3. ^ TAKUYA∞(UVERworld)に言われ、年に一回、年越しのカウントダウンのときだけ飲むという。
  4. ^ 音声を使ってリアルタイムでフォロワーと同時複数会話ができる機能。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h "暴露男・ガーシーが週刊誌に初登場! 身の危険を感じ家も転々…「俺が出会った芸能人、ホンマにええヤツを教えたる」". SmartFLASH. 光文社. 2022年4月5日. 2022年5月5日閲覧
  2. ^ “QALBスペシャルステージの総合演出プロデューサーに山田孝之が決定!” (プレスリリース), 株式会社ガールズアワード, (2019年5月10日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000010771.html 2022年4月8日閲覧。 
  3. ^ "ガーシーの「BTSに会わせる詐欺」被害者が明かす「信じ込ませる」巧妙手口". NEWSポストセブン. 小学館. 2022年4月22日. 2022年4月22日閲覧
  4. ^ "ガーシー、「6000万円借用書写真」公開を受け「ギャンブル依存症」告白も…「死なばもろとも」新田真剣佑&綾野剛事務所と「全面戦争宣言」!! 狭まる包囲網と「YouTube開始前の2月からドバイ滞在」話!". 日刊大衆. 双葉社. 2022年4月22日. 2022年4月22日閲覧
  5. ^ a b "ガーシーch東谷義和氏が抱える多くの金銭トラブル 真剣佑から6000万円、RAD桑原から5000万円". NEWSポストセブン. 小学館. 2022年4月21日. 2022年4月22日閲覧
  6. ^ "小栗旬をロックオン!? ガーシー ch「まずはサブチャン」発言にネット騒然". デイリーニュースオンライン. 株式会社gift. 2022年4月5日. 2022年4月8日閲覧
  7. ^ "ガーシーこと東谷義和氏の名前が国会質疑に登場!". 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社. 2022年4月4日. 2022年4月8日閲覧
  8. ^ "東谷義和がYouTube登録者数100万人達成 芸能人除く最速記録を更新". ユーチュラ. 株式会社オモシロ. 2022年4月7日. 2022年4月8日閲覧
  9. ^ "小林麻耶が爆弾男ガーシーとコラボで"洗脳否定"、ブログでは「海老蔵から襲われた時の話」綴る". 週刊女性PRIME. 主婦と生活社. 2022年3月29日. 2022年4月10日閲覧
  10. ^ 東谷義和 (2022年4月21日). “【緊急生配信】本日初の対面コラボでライブ配信します”. YouTube. 東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】. 2022年4月22日閲覧。
  11. ^ 麻生泰 (2022年4月21日). “【緊急生配信】東谷義和のガーシーchさんと対面コラボ【後編】”. YouTube. ドクターA(麻生院長). 2022年4月22日閲覧。
  12. ^ 丸山ゴンザレス (2022年5月6日). “【初暴露ネタあり爆弾コラボ】ガーシーさんに気になることを全部聞いてみた”. YouTube. 丸山ゴンザレスの裏社会ジャーニー. 2022年5月9日閲覧。
  13. ^ 東谷義和 (2022年5月7日). “【対談】丸山ゴンザレスさんに逃亡生活について全てぶっちゃけて話しました”. YouTube. 東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】. 2022年5月9日閲覧。
  14. ^ 東谷義和 (2022年5月21日). “【緊急コラボ生配信】立花さんと選挙出馬について色々と聞いてみました”. YouTube. 東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】. 2022年5月24日閲覧。
  15. ^ "ガーシー、山田孝之らとの沖縄訪問の真相語るも批判殺到「今回は正直残念」". デイリーニュースオンライン. 株式会社gift. 2022年4月7日. 2022年4月8日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]