東西連絡道路 (スリナム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

(北部)東西連絡道路((ほくぶ)とうざいれんらくどうろ、英語: The (northern) East-West Link, オランダ語: Oost-Westverbinding)は、スリナムにある道路である。首都のパラマリボを経由し、国の東部のアルビーナ英語版と西部のニウ・ニッケリーとを結ぶ。南部東西連絡道路は、ビタフロン英語版を経由し、アプーラ英語版とパラマリボとを接続する。連絡道路の建設は1960年代に開始された。

概要[編集]

東西連絡道路の概要
  北部東西連絡道路
  南部東西連絡道路
  サウス・ドレイン英語版アプーラ英語版との間の悪路

[編集]

近年、東西連絡道路上のルートにあるいくつかのフェリー航路が橋に置き換えられている。フロート・ヘナー英語版近くにニッケリー川英語版に架かる橋がある。1980年には、ストルケルトスエフェル英語版近くのコメウィン川英語版に橋が架けられた。1999年にはイェニー英語版ボスカンプ英語版とを接続するコッペナーメ橋英語版が、2000年にはパラマリボとメールゾルグ英語版とを接続するユーレス・ヴェイデンボス橋が架けられた。南部東西連絡道路上のルートには、コッペナーメ川英語版とニッケリー川とに架けられた各々のベイリー橋英語版が、ビタフロンとカンプ 52(Kamp 52)の近くに建設された。ハンブルグ(Hamburg)とユイッキク(Uitkijk)との間のサラマッカ川英語版に架かる橋は、2011年6月25日に開通した[1]

脚注[編集]

  1. ^ Kridenki.com - Brug uitkijk-Hamburg onder mega publieke belangstelling geopend

関連項目[編集]