東莱郡 (中国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東莱郡(東萊郡、とうらい-ぐん)は、中国にかつて存在した漢代から唐代にかけて、現在の山東省東部の煙台市一帯に設置された。

概要[編集]

前漢の初め、斉国に属し、後に膠東国に属した。紀元前153年景帝4年)、劉徹が膠東王となると、膠東国から分割されて、東莱郡が置かれた。東莱郡は青州に属し、平度臨朐曲成牟平東牟育犂昌陽不夜当利盧郷陽楽陽石徐郷の17県を管轄した。『漢書』によれば前漢末に10万3292戸、50万2693人があった[1]

後漢のとき、東莱郡は黄・牟平・惤・曲城・掖・当利・東牟・昌陽・盧郷・長広・黔陬・葛盧・不其の13県を管轄した[2]

283年西晋太康4年)、遼東王司馬蕤が東莱王に改封されると、東莱国が置かれた。東莱国は掖・当利・盧郷・曲城・黄・惤の6県を管轄した[3]

南朝宋のとき、東莱郡は曲城・掖・惤・盧郷・牟平・当利・黄の7県を管轄した[4]469年泰始5年)、北魏慕容白曜が東陽を占領すると、東莱郡は北魏の統治下に入った[5]

北魏のとき、東莱郡は光州に属し、掖・西曲城・東曲城・盧郷の4県を管轄した[6]

583年開皇3年)、が郡制を廃すると、東莱郡は廃止されて、光州に編入された。585年(開皇5年)、光州は莱州と改められた。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、莱州は東莱郡と改称された。東莱郡は掖・膠水・盧郷・即墨・観陽・昌陽・黄・牟平・文登の9県を管轄した[7]

621年武徳4年)、唐が綦順を平定すると、東莱郡は莱州と改められた。742年天宝元年)、莱州は東莱郡と改称された。758年乾元元年)、東莱郡は莱州と改称され、東莱郡の呼称は姿を消した[8]

脚注[編集]

  1. ^ 班固漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、333-334頁。
  2. ^ 後漢書』郡国志四
  3. ^ 晋書』地理志下
  4. ^ 宋書』州郡志二
  5. ^ 魏書』慕容白曜伝
  6. ^ 『魏書』地形志二中
  7. ^ 隋書』地理志中
  8. ^ 旧唐書』地理志一