東漢駒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東漢 駒(やまとのあや の こま、生年不詳 - 崇峻天皇5年(592年11月)は、飛鳥時代の人物。名は(いわお)[1]または駒子とも記される。姓(カバネ)。東漢磐井の子。

経歴[編集]

用明天皇2年(587年)用明天皇が崩御すると大臣蘇我馬子大連物部守屋を攻め滅ぼし朝廷の実権を握って崇峻天皇を擁立する[2]。やがて、崇峻天皇と対立関係となった馬子に命ぜられ、崇峻天皇5年(592年)11月に駒は崇峻天皇を暗殺する[3]。その後、駒は馬子の娘である河上娘(崇峻天皇の)を奪って自らの妻とするが、河上娘を穢されたことを知った馬子に殺害された[4](崇峻天皇暗殺の口封じともされる)。

脚注[編集]

  1. ^ 聖徳太子伝暦』一本
  2. ^ 『日本書紀』用明天皇2年7月条,8月2日条
  3. ^ 『日本書紀』崇峻天皇5年10月4日条,11月3日条
  4. ^ 『日本書紀』崇峻天皇5年11月条

参考文献[編集]