東湖八坂神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東湖八坂神社
東湖八坂神社 本殿
本殿
所在地 秋田県潟上市天王字天王106番地
位置 北緯39度53分50.7秒
東経139度57分46.8秒
座標: 北緯39度53分50.7秒 東経139度57分46.8秒
主祭神 素戔嗚尊
社格 旧県社
創建 伝延暦年間(8世紀末から9世紀初)
本殿の様式 流造
別名 御衣宝刀社、登宇古宮、副川社、天王堂、牛頭天王神社、牛頭天王宮
例祭 7月7日 統人行事
地図
東湖八坂神社の位置(秋田県内)
東湖八坂神社
東湖八坂神社
東湖八坂神社 (秋田県)
テンプレートを表示

東湖八坂神社(とうこやさかじんじゃ)は、秋田県潟上市にある神社である。

祭神[編集]

素戔嗚尊

由緒[編集]

社伝では坂上田村麻呂の創建となっているが、確実な記録としては康平3年(1060年)に勧請されたとなっている。古くから御衣宝刀社、登宇古宮、副川社、天王堂、牛頭天王神社、牛頭天王宮など多くの名で呼ばれてきた。南秋田郡天王町(現在の潟上市)の名の由来ともなっている[1]江戸時代には、領主である佐竹氏の崇敬を受け、秋田十二社に列せられた。

明治14年(1881年)に県社に列し、同17年(1884年)に「東湖八坂神社」を正式名称とする(『県・郷社以下等級調』)。

祭事[編集]

毎年7月7日の例祭の東湖八坂神社の統人行事(通称・牛乗り、蜘蛛舞)は昭和61年(1986年)に国の重要無形民俗文化財として指定されている。

文化財[編集]

年表[編集]

  • 延暦年間(8世紀末から9世紀初) - 坂上田村麻呂創建、以後4度移転を繰り返す。
  • 康平3年(1060年) - 現在地に勧請される。
  • 明治17年(1884年) - 現在の名称東湖八坂神社を正式名称とする。(『県・郷社以下等級調』)
  • 昭和61年(1986年) - 例祭が国重要無形民俗文化財に指定される。

交通[編集]

鉄道[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]