東海学園大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東海学園大学短期大学部
大学設置 1964年
創立 1888年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人東海学園
本部所在地 愛知県名古屋市天白区中平2-901
学部 生活環境学科
  生活専攻
  生活文化専攻[1]
  食物栄養専攻
国文学科[2]
英文学科[2]
  英米文学専攻[3]
  英語専攻[3]
研究科 生活専攻[4]
食物栄養専攻[4]
国文専攻[4]
英文専攻[4]
テンプレートを表示

東海学園大学短期大学部(とうかいがくえんだいがくたんきだいがくぶ、英語: Tokai Gakuen Women's College)は、愛知県名古屋市天白区中平2-901に本部を置いていた日本私立大学である。1964年に設置。学生募集は2003年度まで。2004年度より東海学園大学人間健康学部の設置により短期大学は学生募集を停止し、2005年12月1日正式廃止[5]

概要[編集]

大学全体[編集]

  • 学校法人東海学園により運営されていた日本私立短期大学1964年に東海学園女子短期大学として設置された。愛知県名古屋市天白区にキャンパスを置き、3つの学科を擁しかつ一学年定員が合計 880 人の時期もあったが、東海学園大学の開設により、順次4年制学部へ改組・吸収され、学科数や定員人数が減少。2005年3月に生活環境学科(生活専攻と食物栄養専攻を改組した学科)を最後に全学科が4年制化もしくは廃止となった。

教育および研究[編集]

  • 生活学をベースに、養護教諭や栄養士の養成も執り行っていた。
  • 一般教育科目として「宗教と人生」と称した科目が開講されていた[6]

学風および特色[編集]

  • 1888年創立の「浄土宗学愛知支校」が起源となっており、その関係から浄土宗の教えに基づいた教育が行なわれていた。
  • 海外研修としてイタリアドイツなど西欧諸国を訪問する「ヨーロッパ比較文化研修」や、「英国長期留学」・カナダでの「ランプトンカレッジ英語研修」などが実施されていた[6]

沿革[編集]

  • 1888年 浄土宗学愛知支校が創設される。
  • 1964年 東海学園女子短期大学(とうかいがくえんじょしたんきだいがく)を設置。
    • 英語科:学生数35[7]
    • 家政科:学生数59[7]
  • 1965年 英語科・家政科を専攻分離する。
    • 英語科
      • 英語専攻
      • 商業英語専攻
    • 家政科
      • 生活専攻
      • 食物栄養専攻
  • 1966年 専攻科を設置
    • 英文専攻
    • 生活専攻
    • 食物栄養専攻
  • 1968年 国文科が増設される:学生数78[8]
  • 1970年 専攻科に国文専攻を設置
  • 1971年 学科名の変更が行なわれる。
    • 英語科→英文学科
    • 国文科→国文学科
  • 1991年 家政科を家政学科に改称。
  • 2002年 東海学園大学短期大学部と改称。生活学科を生活環境学科へ改称。
  • 2003年度をもって学生募集を終。翌年度より東海学園大学人間健康学部へ改組。
  • 2005年12月1日正式廃止[5]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 愛知県名古屋市天白区中平2-901

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 国文学科[2]:「国文学」・「日本文化」・「文芸」の各コースがあった。
  • 英文学科[2]
    • 英米文学専攻[3]:「英米文学」・「英米文化」の各コースがあった。
    • 英語専攻[3]
  • 生活学科→生活環境学科
    • 生活文化専攻[1]:「人間関係」・「情報文化」の各コースがあった。
    • 生活専攻:「環境デザイン」・「養護教諭」の各コースがあった。
    • 食物栄養専攻

専攻科[編集]

  • 国文専攻[4]
  • 英文専攻[4]
  • 生活専攻[4]
  • 食物栄養専攻[4]

取得資格について[編集]

資格
  • 栄養士:生活学科食物栄養専攻にて設置されていた。
受験資格
  • 建築士:生活学科生活専攻の環境デザイン専攻にて設置されていた。
教職課程
  • 養護教諭2種免許状:生活環境学科生活専攻の養護教諭コースにて設けられていた。
  • 1998年度の入学生まで、中学校教諭2種免許状の課程が設けられていた。
    • 家庭:生活環境学科の前身である生活学科生活専攻にて設けられていた。
    • 保健:生活学科生活専攻の養護教諭コースにて設けられていた。
    • 国語:国文学科にて設置されていた。
    • 英語:英文学科にて設置されていた。

附属機関[編集]

  • 図書館
  • 情報教育センター

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 東海学園大学短期大学部の学園祭は「東海祭」と呼ばれていた[6]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

  • 東海学園大学短期大学部校友会がある[9]

大学関係者[編集]

歴代学長
氏名 就任期間 備考
初代 椎尾弁匡 1964年4月〜1975年3月 1964年 東海学園女子短期大学開学。
2代 林霊法 1968年4月〜1971年3月 1968年 国文科を設置。
3代 成瀬弁晧 1971年4月〜1987年7月 1971年 家政科を家政学科に、国文科を国文学科に、英語科を英文学科に改称。
4代 村瀬忠雄 1987年8月〜1995年3月 1991年 家政科を生活学科に改称。1995年 東海学園大学を併設。
5代 長谷川通雄 1995年4月〜 2005年 廃止。

出身者[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

  • 1号館・2号館・3号館・4号館・5号館・学生会館ほか[6]

[編集]

  • 東海学園大学短期大学部(旧・東海学園女子短期大学)には、「和光寮」・「月影寮」と呼ばれる学生寮が学内にあった[6]

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

イギリス[編集]

カナダ[編集]

系列校[編集]

社会との関わり[編集]

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 系列の東海学園大学以外では以下の実績がある。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 学生募集は、2000年度入学生まで。
  2. ^ a b c d 学生募集は1999年度入学生まで。2001年10月30日廃止。
  3. ^ a b c d 専攻別学生募集は、1994年度入学生まで。
  4. ^ a b c d e f g h 昼間部1年制
  5. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』277頁より。
  6. ^ a b c d e f g h i j k 2000年度入学案内小冊子より。
  7. ^ a b 昭和40年度版『全国学校総覧』30頁より。
  8. ^ 昭和44年度版『全国学校総覧』39頁より。
  9. ^ 東海学園大学短期大学部校友会より