東海大学付属札幌高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東海大学付属札幌高等学校
東海大学付属札幌高等学校
過去の名称 東海大学第四高等学校
東海大学付属第四高等学校・中等部
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人東海大学
設立年月日 1964年4月
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特進コース
総合進学コース
学期 2学期制
高校コード 01519K
所在地 005-8602
北海道札幌市南区南沢5条1丁目1番1号

北緯42度59分22.1秒 東経141度19分21.2秒 / 北緯42.989472度 東経141.322556度 / 42.989472; 141.322556座標: 北緯42度59分22.1秒 東経141度19分21.2秒 / 北緯42.989472度 東経141.322556度 / 42.989472; 141.322556
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
東海大学付属札幌高等学校の位置(北海道内)
東海大学付属札幌高等学校
東海大学付属第四高等学校・中等部(移転前の校舎)

東海大学付属札幌高等学校(とうかいだいがくふぞくさっぽろこうとうがっこう)は、北海道札幌市南区南沢にある私立高等学校東海大学付属校。現在の略称は「東海大札幌(とうかいだいさっぽろ)」、「東海札幌(とうかいさっぽろ)」である。以前の略称は「東海大四(とうかいだいよん)」、「東海大四高(とうかいだいよんこう)」であった。 東海大学札幌キャンパスが隣接している。

概要[編集]

特色[編集]

生徒数は963人、教職員数は45人、事務職員数は5人である[1]

所在地[編集]

校舎が小高い山に位置するため、豊平川側方向から登校するには、少々長めの階段を登ることになる。

階段自体にはロードヒーティングが整備されている為、冬季間は常時通行可能。 しかし、降雪した深夜・早朝、降雪した量によっては融雪機能に影響するので、多少歩きにくくなることがある。

林と斜面に囲まれているため、降雨による土砂などの流出物、秋季の落葉で路上が汚くなるが、付近住民の方が掃除してくれたり、生徒による校外清掃でごみ拾いが行われる。

階段中部付近には当校のテニスコート、下部付近には生徒専用の自転車駐輪場がある。 駐輪場は他所にも有るが、利用は当所が一番多い。

学校としては指折りの広さを持つ体育館を有する。東海大学の札幌キャンパスに隣接しており、渡り廊下から繋がっている。

大学側付近にはじょうてつバスのバス停『東海大学前』が有り、真駒内駅まで運行されている。

沿革[編集]

  • 1964年 - 東海大学第四高等学校開校。[2]
  • 1986年 - 東海大学第四高等学校付属中等部開校。
  • 2004年 - 東海大学付属第四高等学校、東海大学付属第四高等学校中等部に校名変更。
  • 2014年 - 東海大学付属第四高等学校中等部生徒募集停止[3]
  • 2016年4月1日 - 東海大学付属札幌高等学校に校名変更、北海道札幌市南区南沢517から札幌市南区南沢5条1丁目1番1号に移転[4]

部活動[編集]

男子バレーボール部は、春高3度・総体3度・国体2度の全国優勝の経験があり、男子では北海道勢唯一の全国優勝を果たした古豪として知られている(春高バレー46回出場)。

男子バスケットボール部は、総体国体ウィンターカップの常連であり、1999年の総体では準優勝を経験している(ウインターカップ38回出場)。

野球部は、4度・6度・5度の全国出場の経験があり、2015年は準優勝を経験している。

サッカー部は、選手権国体の出場はないが総体初出場を2011年に果たした(選手権・インターハイ・プリンスリーグの北海道大会常連校)。

吹奏楽部は、吹奏楽コンクール全国大会に36回出場の経験がある(金賞22回受賞)。

他には、男子柔道部・女子柔道部・剣道部・陸上競技部・スキー部・女子バレーボール部・女子バスケットボール部・テニス部・男子バドミントン部・女子バドミントン部・ディベート部・茶道部・美術部・演劇部・家庭科部・軽音楽部・漫画研究部・英語研究部・科学部・ダンス部・生徒会執行部・囲碁将棋部・文芸部・新聞局・図書局・放送局・ボランティア同好会・eスポーツ同好会が活動している。

著名な出身者[編集]

  • 阿部雅司 - 元スキーノルディック複合(美装興業)(1994年リレハンメルオリンピック団体金メダリストで冬季オリンピック3回出場)
  • 原田雅彦 - スキージャンプ(雪印メグミルク)(1998年長野オリンピックスキージャンプ団体金メダリストで冬季オリンピック5回出場)
  • 葛西紀明 - スキージャンプ(土屋ホーム)(冬季オリンピック8回出場)
  • 里谷多英 - モーグルフジテレビ社員)(冬季オリンピック2回出場)
  • 中村直幹 - スキージャンプ(東海大
  • 西本和人- 元プロ野球選手(西武ライオンズ)
  • 佐藤真一 - 元プロ野球選手(ダイエーホークス→ヤクルトスワローズ)
  • 大村巌 - 元プロ野球選手(ロッテマリーンズ)
  • 佐竹学 - 元プロ野球選手(オリックスブルーウェーブ→東北楽天ゴールデンイーグルス)
  • 吉村将生 - 元プロ野球選手(読売ジャイアンツ)
  • 伏見寅威 - プロ野球選手(オリックスバファローズ)
  • 田代将太郎 - プロ野球選手(東京ヤクルトスワローズ)
  • 西嶋亮太 - 元社会人野球選手(JR北海道
  • 今川優馬 - 社会人野球選手(JFE東日本
  • 佐々木睦己 - 元バスケットボール選手(松下電器→東海大札幌高男子監督)(日本代表
  • 安田邦春 - 元バスケットボール選手(松下電器)(日本代表)
  • 山根謙二 - 元バスケットボール指導者(埼玉ブロンコス)
  • 細野真 - 元バスケットボール選手(ジャパンエナジー→アイシン精機→愛知機械工業→新潟アルビレックスBB)
  • 柏木真介 - バスケットボール選手(新潟アルビレックスBB)(日本代表
  • 宮永雄太 - バスケットボール選手(東芝ブレイブサンダース→リンク栃木ブレックス→千葉ジェッツ→富山グラウジーズ)
  • 斉藤恵一 - バスケットボール選手(宮田自動車→仙台89ers→イカイグループ)
  • 菅原洋介 - バスケットボール選手(サンノゼ・スカイロケッツ→レラカムイ北海道→琉球ゴールデンキングス→静岡ジムラッツ→琉球ゴールデンキングス→大阪エヴェッサ→群馬クレインサンダーズ→滋賀レイクスターズ)
  • 野口大介 - バスケットボール選手(渋谷サンロッカーズ)
  • 阿部佑宇 - バスケットボール選手(パナソニックトライアンズ→和歌山トライアンズ)
  • 小松秀平 - バスケットボール選手(新潟アルビレックスBB→バンビシャス奈良→佐賀バルーナーズ)
  • 三澤貴弘 - バスケットボール選手(静岡ジムラッツ→富山グラウジーズ→静岡ジムラッツ→新潟アルビレックスBB→埼玉ブロンコス)
  • 大塚裕土 - バスケットボール選手(川崎ブレイブサンダース)
  • 西川貴之 - バスケットボール選手(レバンガ北海道)
  • 須田侑太郎 - バスケットボール選手(アルバルク東京)
  • 佐藤卓磨 - バスケットボール選手(滋賀レイクスターズ)
  • 山田修司 - 元バレーボール選手(富士フイルム)(全日本
  • 成田貴志 - 元バレーボール選手(富士フイルム→堺)(全日本)
  • 清水克彦 - 元バレーボール選手(富士フイルム→カフエモタ・サレルノ→日立国分)
  • 南由紀夫 - 元バレーボール選手(富士フイルム)
  • 山田晃豊 - バレーボール指導者(NECレッドロケッツ監督→日本オリンピック委員会スポーツ指導者海外研修員)
  • 加賀龍哉 - 元バレーボール選手(FC東京)
  • 五十嵐元 - 元バレーボール選手(豊田合成→大分三好→つくば)
  • 塚崎祐平 - バレーボール選手(JTサンダーズ)
  • 金子宣隆 - 元陸上競技選手(富士通→佐川急便)
  • 小松陽平 - 陸上競技選手(東海大
  • 浅利昌哉 - 柔道選手(ALSOK)(66kg級世界ジュニア大会優勝)
  • 須貝等 - 元柔道選手(新日本製鉄)(95kg級世界大会優勝)
  • 滝吉直樹 - 元柔道選手(新日本製鉄)(95kg超級世界学生大会優勝)
  • 小野幸司 - 元柔道選手(東海大)(アジア大会60kg級2位)
  • 栄花直輝 - 剣道家(北海道警察)(2000年世界選手権大会個人優勝)
  • 若生大輔 - 剣道家(北海道警察)(2009年世界選手権大会個人ベスト8)
  • 高橋利幸 - ハドソン(高橋名人)
  • 鴨志田穣 -カメラマン、ジャーナリスト、エッセイスト(フリー)
  • いくえみ綾 - 漫画家(集英社)
  • 熊谷徳明 - ドラマー (CASIOPEATRIX)
  • 池澤公隆 - キーボード (ZARD)
  • 桒田晃 - トロンボーン奏者(読売日本交響楽団首席)
  • 田中義人 - ギタリスト、プロデューサー(フリー)
  • 磯田彩実 - アナウンサー(テレビ北海道
  • 佐香智久 -シンガーソングライター(フリー)
  • 小林正典 - 歌手、声優(SME Records SACRA MUSIC)
  • 安藤翔(剣道家) - 剣道家(北海道警察)(2018年世界選手権大会個人優勝)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]