東海ゴム工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東海ゴム工業株式会社
Tokai Rubber Industries, Ltd.
Tokai Rubber Industries.JPG
本社
種類 株式会社
市場情報
東証1部 5191 1994年2月17日上場
名証1部 5191 1949年7月7日上場
略称 TRI、東海ゴム
本店所在地 日本の旗 日本
485-8550
愛知県小牧市東三丁目1番地
設立 1929年(昭和4年)12月20日
(昭和興業株式会社)
業種 ゴム製品
事業内容 ゴム製品及び樹脂製品等の製造販売
代表者 代表取締役社長 西村義明
資本金 12,145百万円
発行済株式総数 104,042,806株
売上高 連結:272,488百万円
単独:166,521百万円
営業利益 連結:15,983百万円
単独:2,708百万円
純利益 連結:9,940百万円
単独:1,604百万円
包括利益:7,980百万円
純資産 連結:154,219百万円
単独:105,041百万円
総資産 連結:244,638百万円
単独:183,115百万円
従業員数 連結:13,549(1,781)人
単独:2,824 (988)人※1
決算期 3月31日
主要株主 住友電気工業株式会社 49.53%
マルヤス工業株式会社 10.48%
フコク物産株式会社 2.61%
日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 2.20%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 2.10%
全国共済農業協同組合連合会 1.80%
東海ゴム工業社員持株会 1.23%
東海ゴム共栄持株会 1.21%
ノーザントラストカンパニー (エイブイエフシー) サブ アカウント アメリカン クライアント (常任代理人 香港上海銀行東京支店) 0.86%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口9) 0.81%
主要子会社 主要関係会社参照
外部リンク http://www.tokai.co.jp/
特記事項:経営指標は 2011年3月 第123期 有価証券報告書
※1:従業員数は就業人員(当社グループからグループ外への出向者を除き、グループ外から当社グループへの出向者を含む)であり、臨時雇用者数(季節工、パートタイマー及び嘱託契約の従業員を含み、派遣社員を除く。)は、年間の平均人員を( )外数で記載している。
テンプレートを表示

東海ゴム工業株式会社(とうかいゴムこうぎょう、: Tokai Rubber Industries, Ltd. )は、愛知県に本社がある住友グループの高機能ゴム樹脂製造する企業で、住友グループ広報委員会にも参加する企業でもある。

自動車防振ゴム・ホース部門は国内トップシェア。また、プリンター部品などのIT関連部門、橋梁住宅関連などの産業資材部門にも注力。住友電装(旧東海電線)と兄弟会社である。

主力製品・事業[編集]

主要事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1929年(昭和4年)12月 - 三重県四日市市に、昭和興業株式会社として設立し、ゴムベルトの製造開始。(資本金100万円)
  • 1930年(昭和5年)1月 - 商号を蒲田調帯株式会社に変更し、平型ベルト・コンベヤベルトの製造を開始。
  • 1937年(昭和12年)10月 - 株式会社住友電線製造所(現・住友電気工業株式会社)の経営参加により、商号を東海護謨工業株式会社に変更、ゴムベルト以外の工業用ゴム製品の製造にも着手。
  • 1941年(昭和16年)3月 - 二葉護謨株式会社(兵庫県芦屋市)を合併、甲南工場とする。
  • 1942年(昭和17年)4月 - 株式会社(岡山市)渡邊ゴム工業所を合併、岡山工場(後に岡山製作所)とする。
  • 1942年(昭和17年)4月 - 編上式・布巻式ホースの製造を開始。
  • 1943年(昭和18年)8月 - 笹川紡織株式会社(三重県松阪市)を合併、松阪工場(現・松阪製作所)とする。
  • 1945年(昭和20年)7月 - 甲南工場の設備を岡山及び松阪工場へ移転して同工場は閉鎖。
  • 1949年(昭和24年)7月 - 名古屋証券取引所に株式を上場。
  • 1954年(昭和29年)2月 - 防振ゴムの試作に成功、製造を開始。
  • 1960年(昭和35年)11月 - 小牧工場(現・小牧製作所)操業開始。
  • 1961年(昭和36年)11月 - 商号を東海ゴム工業株式会社に変更。
  • 1964年(昭和39年)12月 - 本社を小牧市に移転。
  • 1966年(昭和41年)10月 - 生産合理化のため四日市工場の設備を小牧及び松阪工場へ品種別に集中し、同工場を閉鎖。
  • 1968年(昭和43年)5月 - 小牧に東海化成工業株式会社を設立。(現・連結子会社)
  • 1977年(昭和52年)6月 - 岡山工場を同一市内の新工場へ移転。
  • 1981年(昭和56年)6月 - 液体封入式エンジンマウントの製造を開始。
  • 1984年(昭和59年)3月 - OA機器用樹脂部品の製造を開始。
  • 1988年(昭和63年)1月 - 米国に現地法人 DTR INDUSTRIES, Inc.を設立。.(現・連結子会社)
  • 1990年(平成2年)6月 - 静岡県裾野市の富士裾野工場の操業を開始。(現・富士裾野製作所)
  • 1994年(平成6年)2月 - 東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
  • 1995年(平成7年)
    • 7月 - タイ国に現地法人TOKAI EASTERN RUBBER (THAILAND) Ltd.を設立。(現・連結子会社)
    • 12月 - 中国に現地法人東海橡塑(天津)有限公司を設立。(現・連結子会社)
  • 1996年(平成8年)
    • 8月 - 米国に現地法人TRI USA, Inc.及びDTR TENNESSEE, Inc.を設立。(現・連結子会社)
    • 9月 - 東京・名古屋両証券取引所の市場第一部銘柄に指定。
  • 1998年(平成10年)2月 - 大分県豊後高田市に株式会社TRI大分AEを設立。(現・連結子会社)
  • 1999年(平成11年)7月 - ポーランド共和国に現地法人TRI (POLAND) Sp.z o.o.を設立。(現・連結子会社)
  • 2001年(平成13年)6月 - タイ国に合弁会社INOAC TOKAI (THAILAND) Co., Ltd.を設立。(現・関係会社)
  • 2002年(平成14年)
    • 4月 - 米国に現地法人TRI TECHNICAL CENTER USA, Inc.を設立。(現・関係会社)
    • 10月 - 香港に現地法人東海橡塑工業香港有限公司を設立。(現・連結子会社)
  • 2003年(平成15年)
    • 2月 - 中国に現地法人東海橡塑模具(天津)有限公司を設立。(現・連結子会社)
    • 3月 - 中国に現地法人東海軟管(大連)有限公司を設立。(現・連結子会社)
    • 9月 - 中国に現地法人東海橡塑(嘉興)有限公司を設立。(現・連結子会社)
    • 10月 - コンベヤベルト事業に関わる営業権をバンドー化学株式会社に譲渡。
    • 12月 - 中国に現地法人東海橡塑(広州)有限公司(現・連結子会社)を設立。
  • 2004年(平成16年)
    • 1月 - 中国に現地法人東海化成(天津)汽車部品有限公司を設立。(現・連結子会社)
    • 4月 - 中国に現地法人東海橡塑(合肥)有限公司を設立。(現・連結子会社)
    • 6月 - 執行役員制度導入。
    • 11月 - インドにTOKAI IMPERIAL RUBBER INDIA PRIVATE,LIMITED.を設立。(現・連結子会社)
    • 12月 - 株式会社TRI九州及び株式会社東海化成九州を設立。(現・連結子会社)
  • 2008年(平成20年)5月 - インドにTOKAI RUBBER AUTO-PARTS INDIA PRIVATE,LIMITED.を設立。(現・非連結子会社)
  • 2010年(平成22年)3月 - 生産拠点集約のため、岡山製作所の設備を小牧製作所及びTRI九州へ移転し同製作所を閉鎖。
  • 2011年(平成23年)3月 - 中国に現地法人環宇東海橡塑(天津)有限公司を設立。(現・非連結子会社)

主要関係会社[編集]

東京モーターショー2013に出展したブースの様子

国内グループ企業[編集]

自動車部品の製造・販売

精密機器部品の製造

各種機械金属製品の製造および販売

精密ゴム製品の製造および販売

各種工作機械・部品・機械工具の製造

樹脂化粧枠型枠製造・販売

工業用ゴム製品の加工・仕入れ業務

工業用ゴム・樹脂製品の販売

コーポレートスタッフ

海外グループ企業[編集]

CM[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]