東洋スチレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東洋スチレン株式会社
TOYO STYRENE Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
105-0003
東京都港区西新橋2丁目7-4
設立 1998年(平成10年)12月
業種 化学
事業内容 ポリスチレンの製造・販売
代表者 植松大一郎(代表取締役社長)
資本金 50億円
主要株主 デンカ (50.0%)
新日鉄住金化学 (35.0%)
ダイセル (15.0%)
外部リンク http://www.toyo-st.co.jp/
テンプレートを表示

東洋スチレン株式会社(とうようスチレン、英文名称 TOYO STYRENE Co., Ltd.)は、ポリスチレンを製造する化学メーカー。電気化学工業(現・デンカ)と新日鐵化学(現・新日鉄住金化学)・ダイセル化学工業(現・ダイセル)の3社の事業を統合して1999年(平成11年)に発足した。

概要[編集]

合成樹脂(プラスチック)の一種であるポリスチレンを製造・販売する化学メーカーである。生産能力は年間27万8千トン。化学メーカー3社の共同出資で1998年(平成10年)に設立され、3社のポリスチレンに関する事業を統合して翌1999年より営業を開始した。三井化学住友化学合弁日本ポリスチレンが2009年秋に撤退したため、日本の汎用ポリスチレン樹脂メーカーは東洋スチレンと、旭化成出光興産の合弁のPSジャパンDICの3社に集約されている。

本社東京都港区にある。製造拠点は五井工場(千葉県市原市、デンカ千葉工場内)・君津工場およびコンパウンド工場(千葉県君津市)・広畑工場(兵庫県姫路市)の4か所がある。五井工場は電気化学工業、君津工場は新日鐵化学、広畑工場はダイセル化学工業の拠点であった。

沿革[編集]

  • 1998年(平成10年)12月 - 電気化学工業・新日鐵化学・ダイセル化学工業の共同出資により、会社設立。
  • 1999年(平成11年)4月 - 営業開始。

外部リンク[編集]