東池袋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東池袋四丁目駅から転送)
移動先: 案内検索
東池袋駅
ひがしいけぶくろ - Higashi-ikebukuro
所在地 東京都豊島区東池袋四丁目
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ・駅詳細
東京都交通局駅詳細
テンプレートを表示

東池袋駅(ひがしいけぶくろえき)は、東京都豊島区東池袋四丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線である。駅番号Y 10

本項では、付近にある都電荒川線東池袋四丁目停留場(ひがしいけぶくろえきよんちょうめていりゅうじょう)についても記述する。

駅構造[編集]

東京メトロ[編集]

東池袋駅
ひがしいけぶくろ - Higashi-ikebukuro
Y 09 池袋 (0.9km)
(1.1km) 護国寺 Y 11
所在地 東京都豊島区東池袋四丁目4-4
駅番号 Y 10
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 Y 有楽町線
キロ程 12.4km(和光市起点)
電報略号 ヒケ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
37,966人/日
-2014年-
開業年月日 1974年昭和49年)10月30日
テンプレートを表示

島式ホーム1面2線を有する地下駅である。改札階とホームを連絡するエスカレーターエレベーターを設置している。可動式ホーム柵は、有楽町線全線での設置計画により、2011年平成23年)2月26日から供用を開始している[1]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 Y 有楽町線 飯田橋有楽町新木場方面
2 池袋和光市森林公園飯能方面


東京都交通局[編集]

東池袋四丁目停留場
ひがしいけぶくろよんちょうめ
- Higashi-ikebukuro-yonchōme -
(サンシャイン前)
向原 (0.6km)
所在地 東京都豊島区東池袋四丁目
所属事業者 PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
所属路線 都電荒川線
キロ程 10.0km(三ノ輪橋起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1925年大正14年)11月12日
テンプレートを表示

相対式ホーム2面2線の地上駅である。都道435号線を挟んで千鳥式にホームが設置されている。

サンシャインシティへの最寄停留場であり、「サンシャイン前」の停留場副名称を持つ。


利用状況[編集]

東池袋駅の2014年(平成26年度)の1日平均乗降人員は37,966人である[2](前年度比4.5%増)。近年の一日平均乗降・乗車人員推移は下表のとおり。

年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員
出典
1992年 12,759 [4]
1993年 12,351 [5]
1994年 12,074 [6]
1995年 12,082 [7]
1996年 12,074 [8]
1997年 12,088 [9]
1998年 12,373 [10]
1999年 12,142 [11]
2000年 12,107 [12]
2001年 12,318 [13]
2002年 12,425 [14]
2003年 25,724 12,339 [15]
2004年 25,321 12,433 [16]
2005年 25,516 12,504 [17]
2006年 26,081 12,770 [18]
2007年 29,814 14,691 [19]
2008年 31,394 15,274 [20]
2009年 31,181 15,236 [21]
2010年 31,759 15,432 [22]
2011年 32,925 16,169 [23]
2012年 34,327 16,693 [24]
2013年 36,323 17,753 [25]
2014年 37,966

駅周辺[編集]

サンシャイン60を中心としたサンシャインシティが立地するほか、2000年代後半以降は駅周辺での東池袋四丁目再開発事業が数ヶ所で行われており、豊島区立中央図書館や豊島区立舞台芸術交流センター(あうるすぽっと)といった文教施設が入居するライズシティ池袋、サンシャインシティまでの地下連絡通路「東池袋地下通路」[26]、複数の大型タワーマンションなどが完成している。 また、駅南側の南池袋二丁目でも再開発事業が行われ、豊島区役所の新庁舎と大型タワーマンションとの複合施設「としまエコミューゼタウン」が完成、東池袋駅と地下道で直結している。

アウルタワー
としまエコミューゼタウン

バス路線[編集]

駅に隣接して都電旧大塚電車営業所日ノ出町派出所の跡地に都営バス東池袋四丁目操車所が設置されていたが、東京メトロ副都心線の開業に伴う路線再編により2008年平成20年)6月13日限りで閉鎖され、ここから渋谷駅方面へ向かっていた池86系統も同日付けで池袋駅東口 - 東池袋四丁目操車所間を廃止、池袋駅東口始発・終着となった。

東池袋四丁目

日出通り

サンシャインシティ南

歴史[編集]

東京メトロ[編集]

東京都交通局[編集]

  • 1925年大正14年)11月12日:王子電気軌道大塚線「水久保」(みずくぼ)停留場として開設。[28]
  • 1939年昭和14年)4月1日:東京市電気局池袋線 護国寺前-池袋駅前間開通に伴い、王子電気軌道線との交差地点近くに「日出町二丁目」(ひのでちょうにちょうめ)停留場開設。王子電気軌道水久保停留場は市電停留場付近に移設され「日出町二丁目」に改称。[29][30]
  • 1942年(昭和17年)2月1日:王子電気軌道が東京市に事業譲渡。市電池袋線および早稲田線の停留場となる。
  • 1944年(昭和19年):戦時体制による早稲田-王子駅前間営業休止に伴い、都電池袋線のみの停留場となる。[31]
  • 1946年(昭和21年)7月10日:早稲田-王子駅前間営業再開に伴い、早稲田線の停留場復活。[32]
  • 1967年(昭和42年)3月1日:「東池袋四丁目」に改称。
  • 1969年(昭和44年)10月26日:都電池袋線(17系統池袋駅前-護国寺前間)廃止に伴い、早稲田線(32系統)単独の停留場となる。
  • 1974年(昭和44年)10月1日:都電荒川線の停留場となる。

副都心線の東池袋駅設置計画[編集]

副都心線は、池袋駅から南東に進み、グリーン大通りを通って東池袋交差点から南へ転じ、環状第5の1号線に入って雑司が谷駅に至る線形であり、当駅の至近を通過している。しかし、副都心線には2015年現在、東池袋駅は存在しない。

地下鉄13号線(副都心線)の計画段階である、昭和60年の運輸政策審議会答申第7号では東池袋駅が位置づけられていた。しかし、平成13年の都市計画変更の際には東池袋駅は定められず、副都心線開業時点では駅は設置されなかった[33]

豊島区は、副都心線の東池袋地区への駅設置を要望しており、東京地下鉄と確認書を交わしている。それによれば、将来、相当の利用客が見込めるようになった時期に、新駅を設置する工事を行うとしている[33][34]。 また、副都心線の建設段階にて新駅を設置する事前措置を行うものとしており[33]、事前措置が行われた新駅設置予定部分のシールドトンネルのセグメント材質が異なっていることが副都心線の車内より確認できる[35]。 また、その位置はグリーン大通りの東端である[33]

グリーン大通り沿いには、「東京地下鉄副都心線の東池袋新駅の実現を」という新駅建設を願う垂れ幕が下がっている。

隣の駅[編集]

Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
Y 有楽町線
池袋駅 (Y 09) - 東池袋駅 (Y 10) - 護国寺駅 (Y 11)
PrefSymbol-Tokyo.svg 東京都交通局
都電荒川線
都電雑司ヶ谷停留場 - 東池袋四丁目停留場 - 向原停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b ホームドア設置計画進行中 (PDF) - 東京地下鉄ニュースリリース 2011年4月26日
  2. ^ 東京メトロ 各駅の乗降人員ランキング
  3. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  4. ^ 東京都統計年鑑(平成4年)
  5. ^ 東京都統計年鑑(平成5年)
  6. ^ 東京都統計年鑑(平成6年)
  7. ^ 東京都統計年鑑(平成7年)
  8. ^ 東京都統計年鑑(平成8年)
  9. ^ 東京都統計年鑑(平成9年)
  10. ^ 東京都統計年鑑(平成10年) (PDF)
  11. ^ 東京都統計年鑑(平成11年) (PDF)
  12. ^ 東京都統計年鑑(平成12年)
  13. ^ 東京都統計年鑑(平成13年)
  14. ^ 東京都統計年鑑(平成14年)
  15. ^ 東京都統計年鑑(平成15年)
  16. ^ 東京都統計年鑑(平成16年)
  17. ^ 東京都統計年鑑(平成17年)
  18. ^ 東京都統計年鑑(平成18年)
  19. ^ 東京都統計年鑑(平成19年)
  20. ^ 東京都統計年鑑(平成20年)
  21. ^ 東京都統計年鑑(平成21年)
  22. ^ 東京都統計年鑑(平成22年)
  23. ^ 東京都統計年鑑(平成23年)
  24. ^ 東京都統計年鑑(平成24年)
  25. ^ 東京都統計年鑑(平成25年)
  26. ^ 池袋経済新聞「東京メトロ東池袋駅-サンシャインシティ間の地下通路が開通」(2011年02月02日付記事)
  27. ^ 有楽町線の発車メロディを制作しました - 株式会社スイッチ 2011年4月6日
  28. ^ 「日本鉄道旅行地図帳 5号 東京」(新潮社、2008年)
  29. ^ 『昭和三十年代東京散歩 (古地図ライブラリー 別冊)』 人文社2004年ISBN 4-7959-1296-3
  30. ^ 「日本鉄道旅行地図帳 5号 東京」(新潮社、2008年)
  31. ^ 東京都交通局編「わが街わが都電」(1991年)
  32. ^ 「日本鉄道旅行地図帳 5号 東京」(新潮社、2008年)
  33. ^ a b c d 豊島区 (2015年2月25日). “主な意見と回答(平成25年7月~9月)”. 豊島区公式ホームページ. 豊島区. 2015年12月27日閲覧。
  34. ^ 豊島区 (2015年7月28日). “都市高速鉄道の整備”. 豊島区公式ホームページ. 豊島区. 2015年12月27日閲覧。
  35. ^ 梅本拓也 (2008年6月19日). “雑司が谷駅 - 地下鉄副都心線全線全駅レポート(6)”. Reports for the future ~未来へのレポート~. 2015年12月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]