東林間駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東林間駅*
東口(2016年12月16日)
東口(2016年12月16日)
ひがしりんかん
Higashi-Rinkan
OH 28 相模大野 (1.5km)
(1.5km) 中央林間 OE 02
所在地 相模原市南区上鶴間七丁目7番1号
駅番号 OE 01
所属事業者 OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
所属路線 OE 江ノ島線
キロ程 1.5km(相模大野起点)
新宿から33.8km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
21,536人/日
-2016年-
開業年月日 1929年昭和4年)4月1日*
備考 * 1941年に東林間都市駅から改称。
テンプレートを表示

東林間駅(ひがしりんかんえき)は、神奈川県相模原市南区上鶴間七丁目にある、小田急電鉄江ノ島線である。駅番号はOE 01

歴史[編集]

  • 1929年昭和4年)4月1日 - 東林間都市駅として開業。「直通」の停車駅となる。なお、各駅停車は新宿 - 稲田登戸(現・向ヶ丘遊園)間のみで運行されていた。
  • 1941年(昭和16年)10月15日 - 東林間駅に改称。
  • 1945年(昭和20年)6月 - 「直通」が廃止され各駅停車が全線で運行されることとなり、その停車駅となる。
  • 1946年(昭和21年)10月1日 - 準急が設定され、停車駅となる。
  • 1982年(昭和57年)8月27日 - 橋上駅舎と東西自由通路が完成し、供用開始。
  • 2012年(平成24年)8月 - 行先案内表示器が新設され、使用開始。

駅名の由来[編集]

林間都市計画区域の東林間都市駅として開業したが、1941年昭和16年)に中央林間都市駅南林間都市駅とともに駅名から「都市」が外され、東林間駅と改称した。 「林間都市計画」発足以前は「中和田駅」となる予定であった。

なお、林間都市の3駅中、当駅は最も北西に位置する。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。

2012年8月11日に、行先案内表示器が新設された[1]

のりば[編集]

のりばは東側を1番ホームとして、下表の通りである。

ホーム 路線 方向 行先
1 OE 江ノ島線 下り 大和藤沢片瀬江ノ島方面
2 上り 相模大野新宿C 千代田線方面

利用状況[編集]

  • 小田急電鉄 - 2016年度の1日平均乗降人員は21,536人である[利用客数 1]
    小田急線全70駅中48位。

近年の乗降人員・乗車人員の推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[* 1]
年度 1日平均
乗降人員[* 2]
1日平均
乗車人員[* 3]
出典
1975年(昭和50年) 19,818
1980年(昭和55年) 20,921
1985年(昭和60年) 22,554
1989年(平成元年) 25,316
1993年(平成05年) [2]27,219
1995年(平成07年) 11,939 [神奈川県統計 1]
1998年(平成10年) 24,346 11,232 [神奈川県統計 2]
1999年(平成11年) 10,959 [神奈川県統計 3]
2000年(平成12年) 10,938 [神奈川県統計 3]
2001年(平成13年) 10,920 [神奈川県統計 4]
2002年(平成14年) 22,830 10,707 [神奈川県統計 5]
2003年(平成15年) 22,883 10,788 [神奈川県統計 6]
2004年(平成16年) 21,732 10,536 [神奈川県統計 7]
2005年(平成17年) 21,920 10,635 [神奈川県統計 8]
2006年(平成18年) 22,145 10,747 [神奈川県統計 9]
2007年(平成19年) 22,254 10,895 [神奈川県統計 10]
2008年(平成20年) 22,176 10,869 [神奈川県統計 11]
2009年(平成21年) 21,796 10,708 [神奈川県統計 12]
2010年(平成22年) 21,422 10,540 [神奈川県統計 13]
2011年(平成23年) 21,152 10,412 [神奈川県統計 14]
2012年(平成24年) 21,420 10,550 [神奈川県統計 15]
2013年(平成25年) 21,584 10,628 [神奈川県統計 16]
2014年(平成26年) 21,266 10,548 [神奈川県統計 17]
2015年(平成27年) 21,460 10,654 [神奈川県統計 18]
2016年(平成28年) 21,536

駅周辺[編集]

駅周辺は閑静な住宅街である。

周辺のイベント[編集]

毎年8月の最初の週末には「東林間サマーわぁ!ニバル」と称する阿波踊り大会が開かれる。

1992年平成4年)、「阿波踊りの路上で踊れるイベントを」と関東地方の本場である高円寺阿波踊り協会の連が出演したのを嚆矢とする。その後15年の間に4つの連が結成され、高円寺で賞を獲得する連も出てきた。2008年(平成20年)時点では、東林間駅前大通り(シャンテ大通り)を期間中の指定時間は車両通行止めにし、駅を中心とした9か所に演舞会場を設けている。地元や高円寺の連のほか、近隣の大和市開成町厚木市川崎市東京都練馬区西東京市三鷹市小金井市などからも連が参加するなど、多くの人々が来場している。

急行の停車要望[編集]

神奈川県鉄道輸送力増強促進会議は、2012年度小田急電鉄向け要望書にて、当駅にラッシュ時間帯の急行停車を要望している。これに対し、小田急電鉄は、「急行の速達性を損なう」ということから、停車の計画はないとしている[3]

隣の駅[編集]

OdakyuGroup logo2.svg 小田急電鉄
OE 江ノ島線
快速急行・急行
通過
各駅停車
相模大野駅 (OH 28) - (相模大野分岐点) - 東林間駅 (OE 01) - 中央林間駅 (OE 02)

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

小田急電鉄の1日平均利用客数
  1. ^ 1日平均乗降人員 - 小田急電鉄
小田急電鉄の統計データ
  1. ^ 相模原市統計書 - 相模原市
  2. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  3. ^ 神奈川県県勢要覧
神奈川県県勢要覧
  1. ^ 線区別駅別乗車人員(1日平均)の推移 - 22ページ
  2. ^ 平成12年 - 223ページ
  3. ^ a b 平成13年 (PDF) - 225ページ
  4. ^ 平成14年 (PDF) - 223ページ
  5. ^ 平成15年 (PDF) - 223ページ
  6. ^ 平成16年 (PDF) - 223ページ
  7. ^ 平成17年 (PDF) - 225ページ
  8. ^ 平成18年 (PDF) - 225ページ
  9. ^ 平成19年 (PDF) - 227ページ
  10. ^ 平成20年 (PDF) - 231ページ
  11. ^ 平成21年 (PDF) - 241ページ
  12. ^ 平成22年 (PDF) - 239ページ
  13. ^ 平成23年 (PDF) - 239ページ
  14. ^ 平成24年 (PDF) - 235ページ
  15. ^ 平成25年 (PDF) - 237ページ
  16. ^ 平成26年 (PDF) - 239ページ
  17. ^ 平成27年 (PDF) - 239ページ
  18. ^ 平成28年 (PDF) - 247ページ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]