東条義叔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
東条義叔
時代 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 宝永6年1月1日1709年2月10日
別名 民部
戒名 道樹
墓所 万昌院
官位 従五位下、因幡守、伊賀守、能登守
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川家綱徳川綱吉
氏族 吉良氏清和源氏足利氏流)→東条氏
父母 父:吉良義冬、母:茂姫(酒井忠吉の娘)
兄弟 吉良義央東条義叔義孝冬貞冬重、孝証(僧)
冬貞義武

東条 義叔(とうじょう よしすえ[1])は、江戸時代前期の武士江戸幕府旗本吉良氏の分家として東条家を興した。

生涯[編集]

高家旗本吉良義冬(4200石)の次男として誕生。母は7000石の旗本酒井忠吉酒井忠勝の弟)の娘。生年は不詳だが、兄の吉良義央寛永18年(1641年)の生まれなので、義叔が生まれたのはそれ以降となる。

吉良家の家督は義央が継いでおり、義叔は別家東条家を興している。戦国時代において吉良家は、西条吉良家と東条吉良家に分かれていたことから、東条を家名にしたものと思われる。東条家は高家ではなく、一般の旗本家として遇された。

寛文元年(1661年)12月24日に召し出されて将軍徳川家綱に中奥小姓として仕える。寛文2年(1662年)12月22日には切米500俵を給された。寛文5年(1665年)12月27日、従五位下因幡守に叙任する。将軍が徳川綱吉に代わったのちも長く小姓役を務めていたが、元禄7年(1694年)8月23日に勤務怠慢とされて小普請(無役の旗本)にされた。その際、江戸城への出仕も止められたが、12月11日に赦免された。元禄10年(1697年)7月26日、切米を知行に改められ、武蔵国児玉郡賀美郡内に500石を領した。

宝永6年(1709年)1月1日に死去。吉良家の菩提寺である牛込の万昌院に葬られた。法名は道樹。

系譜[編集]

実子がなく、弟(義冬四男)の東条冬貞を養子にしていたが、宝永元年(1704年)に死去したため、柘植氏から東条義武(義武の母荒川氏が吉良家庶流の出身)を養子として迎え、東条家を継がせた。なお、弟の義孝も別家「東条家」を立てているが、義孝流東条家はまもなく断絶する。

吉良家は赤穂事件によって断絶していたが、享保17年(1732年)、東条義武の養子・義孚が吉良姓への復姓を希望して許された。ただし、高家の格式は認められなかった。また、関東吉良氏の末裔である高家の蒔田家も、宝永7年(1710年)に吉良姓の復姓を希望して許されている。なお、こちらが「高家吉良家」として残ることになる。

[編集]

  1. ^ 読みは『寛政重修諸家譜』による。

関連項目[編集]

先代:
吉良義冬
旗本東条氏初代当主
1661 - 1709
次代:
東条義武