東日本大震災に対処するための土地改良法の特例に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東日本大震災に対処するための土地改良法の特例に関する法律
日本国政府国章(準)
日本の法令
法令番号 平成23年法律第43号
種類 経済法
効力 現行法
主な内容 東日本大震災に対処するための土地改良法の特例
関連法令 土地改良法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

東日本大震災に対処するための土地改良法の特例に関する法律(ひかしにほんたいしんさいにたいしょするためのとちかいりょうほうのとくれいにかんするほうりつ)は、東日本大震災に対処するため、国又は都道府県が行う土地改良事業等について、土地改良法の特例を定めた法律。法令番号は平成23年法律第43号。

津波を受けた農地の除塩事業を土地改良事業(災害復旧)とみなし、この災害復旧については、申請によらず国・都道府県が区画整理、施設変更ができることや、土地改良の同意徴収、事業の都道府県負担金の特例が設けられた[1]

経緯[編集]

  • 2011年4月26日:法案が閣議決定
  • 2011年4月30日:第177回国会衆議院で可決。
  • 2011年5月2日:参議院で可決、成立。公布[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]