東方LostWord

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東方LostWord
ジャンル RPG[1]
対応機種 iOSAndroid[1]
開発元 NextNinja[1][2]
販売元 日本の旗世界の旗 グッドスマイルカンパニー[2]
台湾の旗香港の旗マカオの旗 Rainbowawa Limited
中華人民共和国の旗 上海酷舰科技有限公司
プロデューサー 山岸 聖幸
発売日 日本の旗 2020年4月30日[2]
台湾の旗香港の旗マカオの旗 2020年10月26日 - 2021年12月30日
世界の旗(世界80か国) 2021年5月11日
中華人民共和国の旗 2021年9月30日
必要環境 iOS版: iOS 11.0以降
Android版: Android 7.0以上
テンプレートを表示

東方LostWord』(とうほうロストワード)は、東方Project二次創作スマートフォン向けRPG[3]。基本プレイ無料(アイテム課金制)。2020年4月30日にリリースされた[3]グッドスマイルカンパニーNextNinjaの共同プロジェクトである[3]。公式略称は『東方LW』、『東ロワ』[4]

概要[編集]

同人サークル上海アリス幻樂団が制作する東方Projectの公認二次創作作品である。同作品のスマートフォン向け二次創作ガチャゲームは東方キャノンボールに続く2作目となる。2019年7月19日にNextNinjaのホームページ上で発表された。[5]

東方Projectが好きな人に届けることを第一目標としており、東方ファンのイメージを崩さないために声優名を表示しない、非東方ファンに届けないために無償のPRメールを送らないなど、通常のソーシャルゲームとは違う特異なマーケティングを行った。[6]

海外展開として、2020年10月26日に繁体字中国語版が台湾香港マカオ[7]、2021年5月11日にグローバル(英語)版が南北アメリカ欧州を中心に世界80か国[8][9]、2021年9月30日に簡体字中国語版が中国に配信された[10]。繁体字中国語版は2021年12月30日をもってサービスを終了した[11]

システム[編集]

最大6キャラクターのチームを編成し、戦闘やストーリーを行いつつ、アイテムなどでキャラを育成することがゲームの基本的な流れである[3]。ゲームには、博麗霊夢霧雨魔理沙などの東方Project原作のキャラクター、及び東方LostWord独自のオリジナル二次創作キャラクターが登場する[12][13]。それぞれのキャラクターは、2つの通常スペルカードを2枚ずつと、通常スペルカードより強力な「ラストワード」を持っているが、ラストワードを使用すると、そのステージではもうスペルカードを使用できなくなる。

原作のシューティングゲームにはキャラクターボイスがないため、ユーザーそれぞれのイメージに合わせる趣旨で、各キャラクターにつき3種類のキャラクターボイス、またはボイス無しから選択できるようになっている[12][6]。また、BGMには、従来から存在する二次創作楽曲の使用許諾を得て用い、キャラクターのイメージにふさわしい曲を使っているという[6]

ガチャにあたる「おいのり」で排出されるのは、キャラクターと、装備品の「絵札」の2つである[3]。「賽銭」と「封結晶」または「神結晶」という名称のアイテムを消費することでガチャを回すこととなるが、このうち「神結晶」が有償アイテムであり、神結晶で10連ガチャを行った場合、キャラクターが一人確定で排出される。また、一定回数ガチャを行うことで特定のキャラクターを手に入れられる、いわゆる「天井」が設定されているが、2022年4月30日の2周年キャンペーンで天井がない「エピックおいのり」が初めて開催され、以後も時折開催されている。

開発・反響[編集]

本ゲームの提供および開発を行うグッドスマイルカンパニーとNextNinjaは、スマートフォン向けのRPG『グランドサマナーズ』を以前から共同で運営していた[3]。『東方LostWord』の開発のきっかけは、NextNinjaのプロデューサーの山岸聖幸が、IP作品を手掛けたいとグッドスマイルカンパニーに持ちかけたことにあり、その後、版元の許可を得た[6]

原作となる「東方Project」は、ZUNらの同人サークル・上海アリス幻樂団の手による、弾幕系シューティングゲームをはじめとする同人作品のみを指すものである[3]。東方ProjectにはZUN氏自ら直接制作にはかかわっていない数多の二次創作作品が存在しており、題材とするコンシューマやPC向けゲームもたくさん発売され人気作も数多く存在しているが、スマートフォン向け作品では2020年前後までスマートフォン向けゲームに対しての二次創作ガイドラインが明確に定まっておらず、原則無料で広告収入でもやりすぎはNGと言及されていた程度だった[14]

このため有料の課金ガチャがあるような作品は当然大っぴらに作れない状況にあったのもあり(現在はスマートフォン向け作品へのガイドラインも作成されているが、有料課金ガチャ要素があるような二次創作スマートフォンゲームは個別に許諾を得なければならない[15]。課金要素があるような東方の二次創作スマートフォンゲームに「公認」の文字が入っていることがあるのは主にこれが理由である)、大ヒット作品がないという状況にあった[3]

こうしたなか、『東方LostWord』の運営は既存の「東方Project」のファンに焦点を絞り込んだマーケティングを行うことで、結果として、ゲームの事前登録者数は約50万人となり、公式Twitterのフォロワー数は約25万人となった[6]。2019年7月1日にティザーサイトを開設した後[3]、約1年という短期間の開発後に2020年4月30日にリリースされた[6]。リリース後には、App Storeの無料ダウンロードランキング1位なり、継続的にセールスランキングTOP50圏内に入り、「スマッシュヒット級」の作品となったとされている[3]

2020年12月、Google Play ベスト オブ 2020にてエキサイティング部門を受賞した[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 東方LostWord公式サイト(東方ロストワード)|東ロワ|東方Project二次創作” (日本語). touhoulostword.com. 2020年11月7日閲覧。
  2. ^ a b c 今春リリース『東方ロストワード』と、いま改めて知っておきたい「東方Project」の歴史 (2020年9月3日)” (日本語). エキサイトニュース. 2020年11月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j 株式会社スパイスマート (2020年5月21日). “【Sp!cemartゲームアプリ調査隊】原作と二次創作へのリスペクトに満ち溢れた『東方LostWord』。大ヒット中の東方×スマホゲームの施策を分析”. Social Game Info. 株式会社ソーシャルインフォ. 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月6日閲覧。
  4. ^ https://twitter.com/touhou_lw” (日本語). Twitter. 2022年7月13日閲覧。
  5. ^ グッドスマイルカンパニー×NextNinja新作「東方LostWord」東方Project二次創作のスマホRPG!事前登録開始!! | NextNinja | IDEA OF INFINITY” (日本語). nextninja.net (2019年7月19日). 2022年4月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 長戸勲・NEXT MARKETING編集部 (2020年8月24日). “【×Marketing】vol.3『東方LostWord』東方Projectへのリスペクトから始める”常識”を越えた施策。マーケティングが資産になる独自の視点とは”. NEXT MARKETING. 株式会社ネクストマーケティング. 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月6日閲覧。
  7. ^ 巴哈姆特. “《東方 LostWord》繁中版確定 10 月 26 日上市 公開遊戲戰鬥畫面”. 巴哈姆特電玩資訊站. 2022年4月27日閲覧。
  8. ^ 東方Project公認二次創作RPG「東方LostWord」グローバル版 本日より正式サービス開始!! | NextNinja | IDEA OF INFINITY” (日本語). nextninja.net (2021年5月11日). 2022年4月27日閲覧。
  9. ^ (日本語) 東方LostWord(ロストワード) 公式生放送, https://www.youtube.com/watch?v=Dpu8_BLijHI 2022年9月6日閲覧。 
  10. ^ 弾幕RPG「東方LostWord」中国語簡体字版の配信を開始し、50万ダウンロードを突破! | NextNinja | IDEA OF INFINITY” (日本語). nextninja.net (2021年10月5日). 2022年4月27日閲覧。
  11. ^ 東方LostWord繁中版” (日本語). www.facebook.com. 2022年4月27日閲覧。
  12. ^ a b むらさき (2020年4月30日). “おなじみスペカによる弾幕バトルが熱い!CVを選べる『東方Project』の二次創作RPG!”. アプリゲット. 株式会社アプリゲット. 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月6日閲覧。
  13. ^ 東方ロストワードとは?メインシナリオやキャラクター育成が魅力! | 東方LostWord【東方ロストワード】東ロワ|東方Project二次創作” (日本語). touhoulostword.com (2020年12月18日). 2022年4月27日閲覧。
  14. ^ スマートフォンにおける同人活動のこれから―東方ProjectのZUN氏、特別インタビュー 0ページ目”. アプリゲット. 2021年8月5日閲覧。
  15. ^ 東方Projectの二次創作ガイドライン” (日本語). 東方Projectよもやまニュース. 2021年8月5日閲覧。
  16. ^ 弾幕RPG「東方LostWord」がGoogle Play ベスト オブ 2020 「エキサイティング部門」を受賞! | NextNinja | IDEA OF INFINITY” (日本語). NextNinja | IDEA OF INFINIT. 2022年9月6日閲覧。

外部リンク[編集]