東方海外貨櫃航運公司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東方海外貨櫃航運公司
Orient Overseas Container Line
略称 OOCL
本社所在地 香港の旗 香港
32/F., Harbour Centre,
25 Harbour Road,
Wanchai, Hong Kong
設立 1947年
業種 海運業
代表者 董建成
関係する人物 董建華
外部リンク http://www.oocl.com/
テンプレートを表示
オー・オー・シー・エル ジャパン株式会社
OOCL JAPAN CO.,LTD
種類 株式会社
略称 OOCL
本社所在地 日本の旗 日本
141-0032
東京都品川区大崎1丁目6番4号
新大崎勧業ビル8階・9階
設立 1965年11月30日
業種 海運業
事業内容 外航貨物海運代理業
自動車貨物利用運送事業
鉄道貨物利用運送事業
代表者 銭耀祖(代表取締役
資本金 8千万円
売上高 770億円(2008年度実績)
従業員数 169名(2008年12月31日現在)
外部リンク http://www.oocl.com/japan/
テンプレートを表示
OOCLのコンテナ船

東方海外貨櫃航運公司: 东方海外货柜航运公司: Orient Overseas Container Line)は香港海運会社。OOCLの略称で知られる。OOIL(東方海外有限公司)の100%子会社である。

沿革[編集]

1947年、董浩雲が東方海外航運公司(Orient Overseas Line)を設立。コンテナ事業が本格化した1969年に現社名に改められた。1982年、浩雲の死去に伴い息子の董建華が代表の座を継いだ。建華が香港特別行政区行政長官に選出された後は、弟の董建成が代表の座に就いている。中国国民党とのつながりも深く、社章には中華民国国花であるがデザインされている。

なお2017年9月上旬に、中遠海運控股股份有限公司が東方海外(国際)有限公司(OOIL)を買収する提案を、中遠海運控股股份有限公司の実質的最大株主の国有資産監督管理委員会(SASAC)が承認した。その後、同年10月16日に開かれた中遠海運控股股份有限公司の臨時株主総会において、同社および上海国際港務(集団)股份有限公司がOOILの全株式を買収することを認める決議がなされた。今後の焦点は、中国商務部、米国連邦海事委員会、欧州委員会競争総局など各国、地域の規制当局による当合併に対する審査に移ることとなる[1][2]

事業[編集]

日本の日本郵船、ドイツのハパックロイド (Hapag-Lloyd、マレーシアのMISC (MISC Berhadとともにグランド・アライアンスを構築している。世界58カ国に、約230の事業所を展開。150隻の船舶と50万TEUコンテナを所有する。2003年にはアジア-欧州航路に積載能力8063TEU[3]と当時としては世界最大級のコンテナ船「OOCL Shenzhen」が就航したほか、香港-日本の航路には「OOCL KOBE」[4]や「OOCL YOKOHAMA」[5]など日本の港の名を冠したコンテナ船を運航している。

脚注[編集]

  1. ^ World Maritime News Staff (2017年9月8日). “SASAC Gives Green Light to COSCO-OOCL Deal”. World Maritime News. 2017年11月6日閲覧。
  2. ^ World Maritime News Staff (2017年10月18日). “COSCO Shipping Holdings’ Shareholders Okay OOIL Takeover”. World Maritime News. 2017年11月6日閲覧。
  3. ^ ShippingAccess
  4. ^ 神戸港開港140年イベントレポート(神戸市)
  5. ^ 横浜市記者発表資料

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • OOCL (日本語)