東方海外貨櫃航運公司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東方海外貨櫃航運公司
Orient Overseas Container Line
略称 OOCL
本社所在地 香港の旗 香港
32/F., Harbour Centre,
25 Harbour Road,
Wanchai, Hong Kong
設立 1947年
業種 海運業
代表者 董建成
関係する人物 董建華
外部リンク http://www.oocl.com/
テンプレートを表示
オー・オー・シー・エル ジャパン株式会社
OOCL JAPAN CO.,LTD
種類 株式会社
略称 OOCL
本社所在地 日本の旗 日本
141-0032
東京都品川区大崎1丁目6番4号
新大崎勧業ビル8階・9階
設立 1965年11月30日
業種 海運業
事業内容 外航貨物海運代理業
自動車貨物利用運送事業
鉄道貨物利用運送事業
代表者 銭耀祖(代表取締役
資本金 8千万円
売上高 770億円(2008年度実績)
従業員数 169名(2008年12月31日現在)
外部リンク http://www.oocl.com/japan/
テンプレートを表示
OOCLのコンテナ船

東方海外貨櫃航運公司: 东方海外货柜航运公司: Orient Overseas Container Line)は香港海運会社。OOCLの略称で知られる。OOIL(東方海外有限公司)の100%子会社である。

沿革[編集]

1947年、董浩雲が東方海外航運公司(Orient Overseas Line)を設立。コンテナ事業が本格化した1969年に現社名に改められた。1982年、浩雲の死去に伴い息子の董建華が代表の座を継いだ。建華が香港特別行政区行政長官に選出された後は、弟の董建成が代表の座に就いている。中国国民党とのつながりも深く、社章には中華民国国花であるがデザインされている。

事業[編集]

日本の日本郵船、ドイツのハパックロイド (Hapag-Lloyd、マレーシアのMISC (MISC Berhadとともにグランド・アライアンスを構築している。世界58カ国に、約230の事業所を展開。150隻の船舶と50万TEUコンテナを所有する。2003年にはアジア-欧州航路に積載能力8063TEU[1]と当時としては世界最大級のコンテナ船「OOCL Shenzhen」が就航したほか、香港-日本の航路には「OOCL KOBE」[2]や「OOCL YOKOHAMA」[3]など日本の港の名を冠したコンテナ船を運航している。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • OOCL (日本語)