東家夢助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東家 夢助(あずまや ゆめすけ、1941年 - 2018年3月[1])は函館市在住の落語家[2]。東京生まれ[3]。本名は永田誠。道南落語倶楽部所属。

来歴・人物・その他[編集]

幼いころから落語好き。高校時代は上野にある寄席鈴本演芸場に通った[3]

1959年、明治学院高校卒業[4]五代目柳家小さんに弟子入り。7年余り修行する。前座名は栗の助[3]

1963年、二ツ目となり、柳家小三太[3]

1966年、芸に行き詰まり苦悩。函館に移住し、労音専従事務局員として活動開始[4]

1968年、「東から歴史を作り上げ、夢を持って人を助ける」の義で東家夢助と改名、出前落語活動を開始する[3]

1969年、函館民族芸能を守る会を発足、所属する。以後東京・大阪の落語家を招き、落語会、函館寄席を主催する一方、函館市内の町内寄席、職場寄席を開催。

1990年、夢助事務所設立[4]

1991年NHK函館放送局発信のラジオ番組で自叙伝を放送[4]

1992年直木賞作家・高橋義夫著「鄙風堂々」で紹介される[4]

2018年3月に亡くなった。77歳没[1]

  • 生前はアマチュア落語家を集めた「全国落語大学」学長を努めた[5]
  • 著書に、『はい、出前落語です』がある。
  • 弟子に、東家きむち。講釈師の荒到夢形。

脚注[編集]

関連項目[編集]