東大阪市立日新高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東大阪市立日新高等学校
Higashiosaka City Nisshin High School.jpg
過去の名称 私立大正学校
日新商業学校
日新工業学校
布施市立日新高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 Flag of Higashiosaka, Osaka.svg 東大阪市
設立年月日 1921年6月
創立記念日 6月4日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 全日制:普通科総合選択制商業科英語科
定時制:普通科
高校コード 27212E
所在地 579-8003
大阪府東大阪市日下町七丁目9番11号
外部リンク 全日制公式サイト
定時制公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東大阪市立日新高等学校(ひがしおおさかしりつ にっしんこうとうがっこう)は、大阪府東大阪市日下町七丁目にある公立高等学校

概要[編集]

全日制定時制を併設している。

全日制は普通科総合選択制商業科英語科の3学科を設置している。2008年度入学生より普通科を総合選択制とし、2年生からはビジネスエリア、アカデミックエリア、サイエンスエリアの3つのエリアに分かれる。

定時制は普通科1学科のみであるが、基礎・教養コース、検定・資格コース、進学コースの3コースを設置し、進学から資格取得、教養まで幅広い内容に対応している。また大阪府立桃谷高等学校の通信制を併修することで、3年間での卒業も可能となっている。

野球部は春5回・夏1回の甲子園出場歴があるが、戦後は1度も出場していない。

沿革[編集]

旧制の私立大正学校として、1921年に創立した。学制改革の際に当時の布施市に移管し、新制の公立高等学校となった。

1948年より1974年まで東大阪市立俊徳中学校(統廃合で当時の俊徳中学校敷地に東大阪市立布施中学校が開校)と学校敷地を共有していたが、1974年に現在地に移転した。

  • 1921年6月 - 私立大正学校として大阪市内で創立。同年10月に古川橋(現在の門真市)に移転。
  • 1923年3月 - 日新商業学校に改称。
  • 1924年4月 - 中河内郡布施町荒川(現在の東大阪市三ノ瀬2丁目)に移転。
  • 1944年3月 - 戦時中の商業学校の工業学校への転換措置に伴い、日新工業学校に改称。
  • 1946年4月 - 終戦に伴って商業学校に戻す。日新商業学校に改称。
  • 1948年4月 - 学制改革および布施市への移管により、布施市立日新高等学校に改称。校内に布施市立第五中学校(のち東大阪市立俊徳中学校)が開校し、同校と敷地を共有。
  • 1950年4月 - 定時制課程を設置。全日制普通科を新設。
  • 1951年4月 - 男女共学となる。
  • 1967年2月 - 布施市が合併で東大阪市となったことに伴い、東大阪市立日新高等学校に改称。
  • 1974年8月 - 現在地(独立校舎)に移転。旧敷地は俊徳中学校が単独使用。
  • 1994年4月 - 英語科を新設。
  • 2008年4月 - 普通科を普通科総合選択制に改編し、5つのエリアを設置。

著名な出身者[編集]

交通[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]