東光高岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社東光高岳
TAKAOKA TOKO CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6617
本社所在地 日本の旗 日本
135-0061
東京都江東区豊洲5丁目6番36号
設立 2012年10月1日
業種 電気機器
法人番号 5010601043417
事業内容 電気機械器具関連の製造・販売
代表者 高津浩明(代表取締役社長)
資本金 80億円(2015年3月)
売上高 連結1114億4000万円(2015年3月期)
営業利益 連結15億2500万円(2015年3月期)
純利益 連結10億14百万円(2015年3月期)
純資産 連結501億1600万円(2015年3月)
総資産 連結1091億1400万円(2015年3月)
従業員数 連結2693人(2015年3月)
決算期 3月31日
主要株主 東京電力 34.84%(2015年3月)
外部リンク http://www.tktk.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社東光高岳(とうこうたかおか)は、電気機械器具関連の製造・販売を行う企業である。

概要[編集]

変圧器や開閉装置などを製造する電力会社向けの電気機器メーカー。重電8社(日立製作所東芝三菱電機富士電機明電舎ダイヘン、東光高岳、日新電機)の一角。また、中堅重電2社(東光高岳、日新電機)の一角。

株式会社高岳製作所東光電気株式会社の共同株式移転により株式会社東光高岳ホールディングスとして設立された持株会社であったが、2014年4月に高岳製作所と東光電気を吸収合併し事業会社化、現在の商号に改めた。

沿革[編集]

高岳製作所[編集]

東光電気[編集]

  • 1928年(昭和3年)9月 - 東京電燈(現・東京電力)の自家用電球製造工場が独立し、東電電球株式会社を設立。
  • 1929年(昭和4年)1月 - 東京電燈の自家用修理工場が独立し、芝浦電気工業株式会社を設立。
  • 1932年(昭和7年)4月 - 東京電燈の電気器具部門が独立し、東電電気商品株式会社を設立。
  • 1938年(昭和13年)6月 - 東電電球、芝浦電気工業、東電電気商品が合併。商号を東電電球株式会社とする。
  • 1939年(昭和14年)4月 - 東光電気株式会社に商号変更。
  • 1949年(昭和24年)5月 - 東京証券取引所に上場。

東光高岳ホールディングス[編集]

  • 2012年(平成24年)10月1日 - 高岳製作所と東光電気の共同株式移転により、持株会社株式会社東光高岳ホールディングスを設立[1]。高岳製作所と東光電気に代わり、東光高岳ホールディングスが東京証券取引所に上場。

東光高岳[編集]

  • 2014年(平成26年)4月1日 - 東光高岳ホールディングスが東光電気と高岳製作所を吸収合併し、株式会社東光高岳に商号変更[2]

事業所[編集]

国内関連会社[編集]

  • タカオカエンジニアリング株式会社
  • タカオカ化成工業株式会社
  • ワットラインサービス株式会社
  • 東光器材株式会社
  • 高岳電設株式会社
  • 東光東芝メーターシステムズ株式会社
  • ティー・エム・ティー株式会社
  • 日本リライアンス株式会社
  • 株式会社RAS
  • 株式会社ミントウェーブ
  • ユークエスト株式会社

脚注[編集]

外部リンク[編集]