千曲バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東信観光バスから転送)
移動: 案内検索
千曲バス株式会社
CHIKUMA BUS
Chikumabus-chikumasansen.jpg
千曲三線(現在の車両)
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 センバス、チクバス
本社所在地 日本の旗 日本
385-0053
長野県佐久市大字野沢20番地
設立 1926年大正15年)10月26日
業種 陸運業
事業内容 乗合バス事業
貸切バス事業
不動産事業
自動車整備事業
代表者 代表取締役社長 高野 公秀
資本金 1億 9,400万円
主要子会社 東信観光バス、千曲ハイヤー、千曲観光
外部リンク http://www.chikuma-bus.co.jp/
テンプレートを表示

千曲バス(ちくまバス)は、長野県佐久市などに路線を持つバス会社である。本社は長野県佐久市大字野沢20番地である。創業は1926年(大正15年)。

沿革[編集]

創業期[編集]

長野県東信地方に初めてバスが走り始めたのは、1913年丸子別所を結ぶ路線が丸子自動車により運行されたものに端を発する。その後、1919年4月に佐久自動車商会(小池森太郎が1918年12月に個人事業として設立)により小諸御代田岩村田臼田、岩村田と望月を結ぶ路線が運行開始されたほか、小規模な事業者の設立も相次ぎ、上田市に小県自動車・片山自動車が設立されている。

1919年には佐久鉄道が小諸と小海の間を結んでいたが、鉄道利用者が佐久自動車商会の路線に転移したため、危機感を持った佐久鉄道は鉄道の合理化と同時期にバスにも参入することを決定し、1927年9月より中込海ノ口、中込と小海、三反田と御代田を野沢経由で結ぶ路線の運行を開始した。

一方、1921年には上田市から青木・別所へ上田温泉電軌(後の上田交通)の鉄道線が開業した。当初は千曲川鉄橋が開通しておらず、1924年に千曲川鉄橋が開通して上田市内に乗り入れるまで、三好町駅と上田市街地の間は小県自動車のバスが連絡していた。この時点では鉄道とバスは協力関係にあったが、鉄道線が上田市内に乗り入れると鉄道とバスは競合関係に変わった。特に青木線と片山自動車は激しい乗客の争奪戦を展開することになった。

1926年10月26日、小池森太郎は会社組織によるバス事業に変更するため小池自動車を設立し、佐久自動車商会のバス事業を承継した。これが千曲バスの直接のルーツとなる。その後も路線網を拡大してゆくが、不況の影響もあり、新車導入も満足に出来なかったという[1]

1920年代後半に入ると、小規模なバス事業者が次々と設立され、佐久平のバス路線網は拡大されてゆくが、その一方で競合も激しいものとなった。

自主統合から戦時統合へ[編集]

1933年には鉄道省は佐久鉄道の国有化を決定、佐久鉄道のバス事業については三反田以北は小池自動車に、中込以南の路線は1934年に野沢を拠点として新設された佐久自動車に譲渡された。

事業者同士の競合による疲弊が発生し、1931年に自動車交通事業法が公布されると、自主統合の気運が高まり、小池自動車も小規模なバス事業者を買収することで営業エリアを拡大していった。しかし、佐久鉄道が国有化され小海線になると運賃が下げられたため、逆にバスの利用者が鉄道に転移する事例も見られた[2]。また、1936年には小諸と中込を結ぶバス路線が小池自動車・佐久自動車の双方に免許交付され、新たな競合も生み出されることになった。

こうした中、小池自動車は1937年に資本金を16万円に増資のうえ、商号を千曲自動車に変更している。

一方、上田市での鉄道とバスの競合は、折りしも昭和の大恐慌により経営が悪化、さらに1938年に併用軌道区間の県道の借用期限が切れたため青木線の運行継続が不可能になったことから、青木線は廃止となった。直接的な廃止理由は借用期限切れであったものの、乗客争奪戦が繰り広げられていたことから、バスに敗れ去った鉄道の事例として挙げられることがある[1]。しかし、青木線を廃止した上田温泉電軌は、逆に片山自動車など数社を買収し、自社のバス部門とした。1939年に上田電鉄に社名変更している。

やがて第二次世界大戦に突入、1940年には千曲自動車が佐久自動車の全路線を買収するなど、統合はさらに進められるようになる。1941年までに東信地方のバス事業者は千曲自動車・東信自動車・上田電鉄)の3社に集約されることになった。さらに燃料事情の悪化に伴い、不要不急路線や鉄道並行路線などが休止された。

そして、1942年には鉄道省通牒により強制統合が進められることとなったが、長野県では大きく6ブロックに分けられることとなり、このうち東信ブロックは千曲自動車が統合主体と選定された。これに伴い、1943年には東信自動車と上田電鉄(1943年10月に丸子鉄道と合併し上田丸子電鉄に社名変更)のバス部門を買収合併し、東信地方のバス事業者は一部に省営自動車が残る以外は、ほぼ千曲自動車に一本化されたのである。

戦後の復興と発展[編集]

終戦時点で、千曲自動車の車両数は61台[3]であったが、いずれも代用燃料車両であり、戦時中の酷使により老朽化も著しかった。1948年から代用燃料車の置き換えを開始、同年には新車12台が導入された。この前年の1947年には、松本電気鉄道(現在のアルピコ交通)との相互乗り入れにより松本と上田を結ぶ路線の運行を開始、また自社路線でも1949年から上田と臼田を小諸経由で直通運行を開始した。

1950年代後半に入るとさらに長距離路線の新設が進み、1958年には臼田と長野を結ぶ特急佐久長野線を川中島自動車との相互乗り入れにより開始、1959年には初の県外路線として小諸と甲府を結ぶ急行甲府線を山梨交通との相互乗り入れにより開設した。また、1965年には特急軽井沢線として、長野と軽井沢を結ぶ路線の運行も開始している。

一方、関連事業もこの時期より開始している。千曲自動車では観光開発に着眼し、松原湖に土地を取得した上で旅館「松原館」の営業を開始し、食堂や貸しボートなどの運営も行った[4]

バス路線網が拡大されてゆく中、1960年代には車掌不足が顕在化したため、1968年12月の青木線から整理券方式のワンマン化が開始された。その後も順次ワンマン化は進められ、1972年までに基幹路線はほぼワンマン化された。道路事情により車掌乗務のまま残った路線についても1982年までにワンマン化されている。

モータリゼーションの進展[編集]

1970年代に入ると、モータリゼーションや過疎化の進行により、バス利用者は減少の一途をたどることになる。また、信越本線電化によって鉄道輸送事情が改善されたことから、信越本線と並行する路線では大幅に利用者が減少した。このため、長距離路線の運行は1973年までに休止となった。

その一方で、利用者減少を埋め合わせるべく、沿線に存在する観光資源を活用することになり、白樺湖高峰高原への路線が新設された。また、関連事業の拡大にも積極的に取り組み、ホテル・レストハウス・タクシー・自動車整備・広告代理店などの関連会社新設や買収などを行った。また、1970年4月には上信電鉄中込営業所を譲り受け、貸切バス専業の千曲交通として営業を開始した[5]

しかし、バス利用者の減少には歯止めがかからず、千曲バスの経営を圧迫し、経営危機に陥ることになった。この時期、長野県内ではどのバス事業者も苦しい状況であり、1983年には川中島自動車が会社更生法の適用を申請する有様であった。千曲自動車においても銀行から新規の融資を受けるのも難しい状況に陥った[6]

1981年には労使合意の上で再建を図る方針となり、同年10月より経営改善計画が実施されることになり、関連事業はさらに強化され、カプセルホテル・ラーメン屋(くるまやラーメン佐久店)・宅地販売などを手がけることになった。翌1982年6月、商号を千曲バスに変更している。また、観光に関連して、1982年にボンネットバスを他社から購入し、中山道宿場巡りの定期観光バスや白樺高原の観光路線で運行を行った[5]

また、不採算路線の整理も営業所の統廃合も進められた。1982年7月に川上村村内の千曲バス路線を村営バスに代替した。これが初年度から黒字運営となったことから、1983年には北相木村望月町東部町佐久町の千曲バス路線を自治体の運行による代替バスに移管するなど、過疎バス対策を進めていった。

また、1986年には、代替バス補助金制度の変更により貸切バス免許による代替が認められたことを受け、同年10月に東信観光バスを設立し、以後の代替バスは町村営バス移管だけではなく、東信観光バスによる貸切代替バスによっても進められることになった。この時、中型・小型貸切バス事業も東信観光バスに移管している。また、東部町では町営バスの運行継続が困難になったことから、1990年に路線と車両を東信観光バスに譲渡している。

グリーンキャブ傘下へ[編集]

しかし、経営状態は改善の兆しを見せず、1986年末の時点で長期債務を含めて16億円もの赤字を抱え、経営状態は極限に達しており[7]、車両整備もままならない状況[8]となっていた。

この時点で、千曲バスには以下の3つの選択肢しか残されていなかった。

  • 整備部門の別会社化による自主再建
  • 東京のタクシー会社であるグリーンキャブの支援を受ける
  • 会社更生法の適用申請

社内でも意見は分かれ[7]、労働組合ではグリーンキャブの資本が入ることに反発し、1988年に長期にわたるストライキを行ったが、自主再建は困難と判断されたことから、長野県が仲介に入る形で労使紛争を収拾させ、同年3月からグリーンキャブの支援を受けることになり、これに伴う経営改善計画が1989年3月までに順次行われた。1990年からは路線バスの冷房化も開始された。

この時期、日本全国でブームの如く高速バス路線の開設が行われていたが、千曲バスも上信越自動車道の延伸を見据えて、1988年から1989年にかけて京浜急行電鉄と共同で往復タイプの帰郷バスを運行した[7]。この実績から、1991年7月8日より千曲バス初の高速バス路線として、池袋と小諸を結ぶ高速バス路線を西武バスとの共同運行により開始した。上信越自動車道が佐久インターチェンジまで開通した1993年には軽井沢・上田・佐久を結ぶ3系統に発展させている。

2004年には、別会社であった千曲交通を吸収合併した。

年表[編集]

バス路線[編集]

高速バス[編集]

千曲バス唯一の夜行高速路線「千曲川ライナー」(三菱エアロクィーンI)

一般路線の状況が厳しい中、収益性の高い高速バスは同社の屋台骨的存在となりつつある[9]。1991年7月8日に池袋への高速バス路線の運行を開始しているが、当初は1日2往復であったものが、2009年現在は3系統あわせて14往復にまで増便されている。また、2008年4月25日からは多摩地区への高速バスの運行を開始しているが、これは立川に道場のある宗教団体の信者が長野県に多いことも動機の1つとなったという[10]

< >内は共同運行会社

東京・池袋方面 (千曲三線) <西武高原バス>
東京・立川方面 (立川線
  • 上田・小諸・佐久・軽井沢⇔立川駅北口
臼田 - 長野
大阪方面 (千曲川ライナー) <近鉄バス>
  • 軽井沢・佐久・小諸・東御・上田⇔大阪京都

路線バス[編集]

路線バス(現在の車両)

グリーンキャブ傘下に入る前の1986年時点では、野沢・小諸・上田の他に小海・望月・田中・青木・丸子にも営業所があり、さらにその営業所に属する車庫があった[11]。また、同社直営ホテル「松原館」も営業所として分類されており、送迎車として路線車が1台配置されていた[11]。その後、営業所の統廃合が行われ、2008年現在は3営業所体制となっている。

不採算路線を市町村営バスや廃止代替バス、コミュニティバスに移管した結果、通常の一般路線は路線数も運行本数も少なくなっており、幹線と位置づけられる路線の1つである佐久上田線でも、2008年現在の運行本数は平日13本・休日8本程度でしかない[12]

野沢営業所管内[編集]

※区間便あり〔和田森 → 小諸駅 → 臼田勝間、片羽 → 小諸駅 → 臼田勝間〕
  • 中仙道線 (臼田 - 野沢バスセンター - )岩村田 - 佐久平駅 - 塩名田 - 八幡 - 望月 - 立科町役場前(-<蓼科高校前/白樺湖)
  • 山手線 臼田 - 佐久総合病院 - 野沢バスセンター/中込駅 - 野沢営業所> - 前山 - 相浜 - 八幡 - 望月 - 芦田役場前
  • 大沢線 野沢営業所 - 大沢 -(地家)- 大沢新田
  • 内山線 中込駅 - 本郷 - 苦水 - 初谷
  • 白樺湖線 岩村田 - 佐久平駅 - 望月 - 立科町役場前 - 蓼科牧場 - 東白樺湖 - 西白樺湖
    • 岩村田 - 立科町役場前 間は中仙道線と同一経路
  • 志賀線 浅間病院 - 岩村田 - 新子田 - 志賀 - 駒込
  • 香坂線 浅間病院 - 岩村田 - 東中学校 - 安原 -(東小学校)- 香坂 - 東地
  • 白駒線 佐久平駅 - 中込 - 八千穂駅 - 大石 - 別荘地管理棟 - 白駒池入口 - 麦草峠
※季節運行、ゴールデンウィークおよび5月〜10月の土休日、夏季休業期間運行)
  • 湯の丸高原線 佐久平駅 - 小諸駅 - 牧家 - 新張 - 奈良原 - 湯の丸
※6月10日〜9月3日まで運行
  • 浅間・高峰高原線 佐久平駅 - 小諸駅 - きのこの森 - 高峰温泉
JRバス関東と共同運行、※千曲バスは7月8日〜17日の土日、7月22日〜8月27日運行

小諸営業所管内[編集]

上田営業所管内[編集]

鹿教湯温泉で(アルピコ交通バス松本バスターミナル行きに接続。
2007年4月16日から上田駅・下之郷駅 - 鹿教湯温泉 - 松本BT間の乗継割引乗車券を上田営業所または鹿教湯線、松電バス鹿教湯温泉線の車内で発売。上田駅 - 松本BT、2000円(往復3800円)下之郷駅 - 松本BT、1500円。
国道18号経由は上田駅 - 鹿教湯車庫のみの運行。
  • 武石線 下秋和 - 上田駅 - 大屋駅 - 鐘紡前 - 丸子駅 - 荻窪 - 宮沢 - 下沖 - 築地原 - 巣栗上
  • 美ヶ原山本小屋線 上田駅 - 丸子郷土博物館 - 下武石 - 巣栗上 - 美ヶ原高原美術館 - 山本小屋
※8月1日〜20日運行
美ヶ原高原美術館で、松電バス美ヶ原線・松本BT行きに接続。
  • 青木線 下秋和 - 上田駅 - 三ッ角 - 小泉 - 当郷 - 青木(※一部は古船橋経由)
  • 室賀線 下秋和 - 上田駅 - 三ッ角 - 小泉 - ささらの湯 - 室賀 - 上室賀
  • 県道川西線 上田駅 - 常福寺前 - 下半過
元々は川中島バスの県道戸倉上山田温泉線で上田市内区間を譲受した。
  • 祢津線(本線) 下秋和 - 上田駅 - 笹井 - 町吉田 - 中吉田坂上
  • 祢津線(鹿沢線) 田中駅 - 市民病院 - 祢津小学校 - 新張 - 奈良原

東信観光バス委託路線[編集]

  • 川辺線 小諸駅 - 久保 - 宮沢
  • 久保通線 望月 - 畔田 - 中央保育園 - 総合支所前 - 島川原 - 羽毛山 - 田中駅
  • 丸子線 芦田役場前 - 細谷 - 牛鹿 - 虎御前 - 丸子町駅

廃止バス路線[編集]

野沢営業所管内[編集]

※終点が下秋和に延長を機に分割された。
川中島バスと共同運行、軽井沢長野線と同じ系統であった。
  • 鹿沢温泉線 中込駅 - 小諸駅 - 湯の丸高原 - 鹿沢温泉

小諸営業所管内[編集]

上田営業所管内[編集]

  • 上田松本線 上田駅 - 青木 - 松本BT ※アルピコ交通と共同運行
  • 鹿沢温泉線 上田駅 - 田中駅 - 湯の丸高原 - 鹿沢温泉
  • 祢津線 町吉田坂上 - 祢津車庫
  • 岩清水線 上田駅 - 岩清水
  • 西入線 上田駅 - 西入
  • 白樺平線 上田駅 - 巣栗 - 白樺平
  • 内村温泉郷線 丸子町駅 - 宮沢 - <霊泉寺温泉/大塩温泉
  • 別所線 上田駅 - 別所温泉
  • 青木線 青木 - <田沢温泉/沓掛温泉/豆石峠
  • 管社線 上田駅 - 管社
  • 山口線 上田駅 - 山口
  • 上青木線 上田駅 - 上青木

車両[編集]

1988年にグリーンキャブ傘下に入るまでは、千曲バス本体では三菱UDトラックス(旧:日産ディーゼル)の2社を主に導入し、千曲交通は日野車を導入していた。いすゞ車は1971年を最後に導入が途絶えていたが、1990年に中古車により導入を再開、近年は新車でも導入されている。また、1990年以降は千曲バス本体でも日野車の導入が行われている。2008年現在は国産4メーカーとも導入しているが、三菱車の比率が51%と高い。

路線バスは1989年の導入車両までは非冷房車のみであったが、1990年以降は冷房化を進めている。冷房化の過程では譲受車などの導入も行われていたが、神奈川中央交通成田空港交通などのバス事業者からの車両だけでなく、花王石鹸の社員送迎用車両を購入したこともあった[13]。冷房車では貸切色となったが、東信観光バスの車両は冷房の有無にかかわらず全車両が貸切色であった。2008年5月20日現在では全車両が冷房車となり、旧路線色は消滅している。

ボンネットバス[編集]

1982年には、創立55周年を記念した事業の一環として[14]ボンネットバスの運行を開始している。千曲バスのボンネットバスは1969年に既に全廃となっており[14]備北バスからは1966年式のいすゞBXD30を[14]伊那バスから1967年式のいすゞBXD50を譲受し[14]、前扉仕様への改造を行なった[15]上で使用することになった。

  • 長野22あ11-15 いすゞBXD30 車体:川崎重工 機関:DA640 定員38名(以下「1115号車」とする)
  • 長野22あ11-17 いすゞBXD50 車体:北村製作所 機関:DA640 定員62名(以下「1117号車」とする)

1115号車は路線バス標準デザインとなり、軽井沢起点の定期観光バスとして運用を開始した[15]が、1985年に小諸車庫で台風により車体が破損した[16]ため、修復の際にレモンイエロー一色に「Shirakaba Kogen」とロゴを入れた塗装デザインに変更され[15]、白樺湖や霧が峰近辺での貸切運用に使用された。一方、1117号車は当初よりレモンイエロー一色に「Yatsugatake Kogen」のロゴを入れるというデザインで[15]野辺山駅から八ヶ岳高原への観光路線で使用された[15]。レモンイエローは、八ヶ岳山麓に自生するミヤマキンポウゲの花の色にちなんだものである[15]。2台とも、経営再建の波の中で1990年代前半には運行を終了している。

関連会社[編集]

注記[編集]

  1. ^ a b バスジャパン・ハンドブック2『千曲バス』p20
  2. ^ バスジャパン・ハンドブック2『千曲バス』p22
  3. ^ バスジャパン・ハンドブック2『千曲バス』p24
  4. ^ バスジャパン・ハンドブック2『千曲バス』p25
  5. ^ a b バスジャパン・ハンドブック2『千曲バス』p26
  6. ^ バスジャパン・ハンドブック2『千曲バス』p27
  7. ^ a b c バスジャパン・ハンドブック2『千曲バス』p28
  8. ^ 季刊「バス・ジャパン」2号『信濃川バス紀行』における種村直樹のルポ「信濃川・千曲川バス紀行」p21では、座席がひび割れ穴が開いているままで運行に供している状況が記述されている。
  9. ^ バスラマ・インターナショナル108『バス事業者訪問120 千曲バス』p35
  10. ^ バスラマ・インターナショナル108『バス事業者訪問120 千曲バス』p36
  11. ^ a b 季刊「バス・ジャパン」2号『信濃川バス紀行』p33
  12. ^ バスラマ・インターナショナル108『バス事業者訪問120 千曲バス』p34
  13. ^ バスジャパン・ハンドブック2『千曲バス』p55
  14. ^ a b c d 季刊「バス・ジャパン」2号『信濃川バス紀行』p26
  15. ^ a b c d e f 季刊「バス・ジャパン」2号『信濃川バス紀行』p27
  16. ^ 季刊「バス・ジャパン」2号『信濃川バス紀行』p28

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

路線バスについては主要停留所の時刻表のみ掲載。三角運賃表は1枚(ほとんどは1枚につき1路線)につき、100円の証明書代を払うことで入手可能。
路線バスの佐久市内部分の時刻表・路線図・運賃表などを網羅。