依仁親王妃周子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東伏見宮妃周子から転送)
Jump to navigation Jump to search
東伏見宮依仁親王妃周子
A0287992 13261151.jpg
身位 親王妃皇籍離脱
敬称 殿下皇籍離脱
出生 1876年8月29日
死去 (1955-03-04) 1955年3月4日(78歳没)
配偶者 東伏見宮依仁親王
父親 岩倉具定
母親 岩倉久子
役職 愛国婦人会総裁
大日本婦人衛生会総裁
テンプレートを表示
周子

依仁親王妃周子(よりひとしんのうひ かねこ、1876年明治9年)8月29日 - 1955年昭和30年)3月4日)は日本皇族東伏見宮依仁親王の妃。

略歴[編集]

公爵・岩倉具定の長女。生母は不明。東京女学館東洋英和女学院出身。1898年(明治31年)、依仁親王と結婚する。容姿端麗で、駐日の欧米外交官との社交で活躍。1893年(明治26年)に来日したオーストリア皇太子フランツ・フェルディナント・フォン・エスターライヒ=エステは、舞踏会で会った依仁親王妃の周子を「きわめて美しく魅力にあふれた女性」と評し、結婚わずか8日後に夫の依仁親王がヨーロッパへ出発したと聞いて同情したと記している[1]。また、香淳皇后皇太子妃だった頃の輔導役も果たした。社会事業にも積極的で、愛国婦人会大日本婦人衛生会の総裁を務めた。

寡妃となった後も皇族女子として活躍したが、1947年(昭和22年)10月14日、皇室典範第14条の規定により、皇族の身分を離れ、東伏見周子となった。

女優・小桜葉子の伯母であり、その長男・加山雄三にとって大伯母にあたる。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『オーストリア皇太子の日本日記』フランツ・フェルディナント、(講談社学術文庫、2005年9月)p171
  2. ^ 『官報』第4472号、明治31年5月30日
  3. ^ 『官報』第7578号、付録「辞令」、明治39年9月28日

外部リンク[編集]