東京24時間鬼ごっこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京24時間鬼ごっこ
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ系列局
企画 小牧次郎石原隆
演出 伊藤輝夫(総合演出)
プロデューサー 牛丸謙壱、松野暁
ホイチョイスペシャル 大東京24時間オニごっこ
放送時間 19:00 - 20:54(114分)
放送期間 1987年11月6日
首都大捜索!24時間 大脱走グランプリ
放送時間 19:30 - 20:54(84分)
放送期間 1988年6月24日
テンプレートを表示

東京24時間鬼ごっこ(とうきょうにじゅうよじかん-)は1987年1988年フジテレビ系の金曜おもしろバラエティで放送された企画。1987年版は自社制作、番組名は「ホイチョイスペシャル 大東京24時間オニごっこ」。1988年版はIVSテレビ制作との共同制作、番組名は「首都大捜索!24時間 大脱走グランプリ」。

概要[編集]

東京23区を24時間に渡って事前に募集した視聴者チームが逃亡をし、逃げ切れば豪華賞品がもらえるルールだった。

ルール[編集]

視聴者3チームが東京23区内を24時間逃亡し、捕まえる鬼は軍服を着用して時差で追跡を開始する。

逃げるチームはタクシーやバスや自転車での逃亡と立入禁止区域に立ち入ることも禁止され、交通法規も遵守した。ただし1回だけ、公共交通機関に乗れるワープチケットを使うことができる。それぞれ音声や撮影担当のスタッフが付き添って問い掛けなどをするほか軽食の持込、水分補給などの制限に厳密なルールなどは無かった。1時間おきに総司令部に電話をして、現在地を知らせる。

捕まえる鬼は逃げるチームを追跡をし、交通法規も厳守する等のルールがあった。

出演[編集]

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

  • 1987年版は同年11月21日に公開された映画「私をスキーに連れてって」とのタイアップで豪華賞品もそれに準じた賞品だった。スポンサーもヴィクトリア(後にゼビオに吸収合併)が筆頭スポンサーに金曜おもしろバラエティの複数スポンサーを加えてのスポンサーだった。結果は逃げるチームが逃げ切るも午前零時前に全チームが捕まる形となった。
  • 1988年版は、その年に解散したシブがき隊が参加したが、前年より長く逃亡するも午前1時前後で全チームが捕まる形となった。EDの語りで次回第3回目も行うかの様な台詞で締めくくったが予算の絡みなのか、結局1988年版で終了となった。

関連項目[編集]