東京電力に関する経営・財務調査委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

東京電力に関する経営・財務調査委員会(とうきょうでんりょくにかんするけいえい・ざいむちょうさいいんかい)は、東京電力福島原子力発電所事故に係る原子力損害の賠償に関して、日本国政府が東京電力株式会社を支援するにあたり「東京電力の厳正な資産評価と徹底した経費の見直しのため、経営・財務の調査を行い、その調査を政府の東京電力に対する支援に活用する」ことを目的として、内閣官房に設置される委員会。2011年5月24日の閣議により開催が決定された[1]。企業の財務・経営に関し識見を有する者により構成し、原子力経済被害担当大臣が開催する。

委員[編集]

当委員会の全ての委員が原子力損害賠償支援機構の運営委員に就任している[2]

開催状況[編集]

  • 第1回 2011年6月16日
  • 第2回 2011年6月24日

出典・脚注[編集]

  1. ^ 東京電力に関する経営・財務調査委員会の開催について 2011年(平成23年)5月24日、閣議決定
  2. ^ 原子力損害賠償支援機構 運営委員名簿

外部リンク[編集]