埼玉県道・東京都道40号さいたま東村山線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東京都道40号から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
埼玉県道40号標識
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
東京都道40号標識
埼玉県道40号 さいたま東村山線
東京都道40号 さいたま東村山線
主要地方道 浦和東村山線
起点 埼玉県さいたま市浦和区
県庁前交差点【地図
終点 東京都東村山市
久米川町交差点【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0017.svg国道17号
Japanese National Route Sign 0463.svg国道463号
Japanese National Route Sign 0254.svg国道254号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

埼玉県道・東京都道40号さいたま東村山線(さいたまけんどう・とうきょうとどう40ごう さいたまひがしむらやません)は、埼玉県さいたま市浦和区高砂の県庁前交差点から東京都東村山市久米川町の久米川町交差点に至る都県道主要地方道)である。

概要[編集]

一部の区間は1973年(昭和48年)12月までは「浦和所沢線」であったが、1975年にバイパスが建設され、後にこちらが本線となり(現在は国道463号本線の一部)、それまでの浦和所沢線は分割され、当路線(当時は浦和東村山線)の一部、川越新座線の一部、所沢青梅線の一部、及び練馬所沢線の一部に分割された。その後2001年平成13年)にはさいたま市発足に伴いさいたま東村山線に改称した。当路線は江戸時代府中通り大山道と似たルートとなっている(この道の通行人は、秋ヶ瀬橋架橋前まで行われていた「秋ヶ瀬橋の渡し」を利用して荒川を渡っていた)。埼玉県内は、埼玉県の「まちのシンボルロード」事業の対象路線に指定されているほか[1]、中浦和駅付近から田島交差点までは都市計画道路田島大牧線の区間である。

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

通称[編集]

さいたま市桜区内(奥の高架は首都高速埼玉大宮線
新座市内
  • 志木街道(さいたま市内の全区間、新座市 志木陸橋(南)交差点 - 東京都東村山市 秋津町三丁目交差点)[3][4][5][6][7][8][9]
  • いろは通り(埼玉県志木市 秋ヶ瀬橋交差点 - 志木市役所前交差点)[6]
  • 本町通り(埼玉県志木市 志木市役所前交差点 - 本町3丁目交差点)[6]
  • 昭和新道(埼玉県志木市 本町3丁目交差点 - 昭和新道交差点)[6]
    埼玉県道36号保谷志木線との重複区間の一部
  • 慶應通り(埼玉県志木市 昭和新道交差点 - 新座市 志木陸橋(北)交差点)[6]
    埼玉県道36号保谷志木線との重複区間の一部
  • 所沢街道(東京都東村山市 秋津三丁目交差点 - 東京都東村山市 久米川町交差点)
    東京都道4号東京所沢線との重複区間
  • 新小金井街道(東京都清瀬市 長命寺前交差点 - 松山二丁目交差点)[8][9]
    ※支線

重複区間[編集]

渋滞・事故・騒音[編集]

片側一車線で信号が全般的に多いことに加え、バスやトラックも多いため、全線で速度が低下しがちだが、特に道路幅が狭い埼玉県内区間で渋滞が頻発する。国道254号や新大宮バイパスなど幹線道路との交差点で大きな渋滞が起きる。

  • さいたま市
    • 別所沼付近の上り線側の歩道。幅が狭く、自転車と歩行者の接触事故が発生している[4]
    • 田島交差点、東行。新大宮バイパス南行への右折待ちの車が多く、その後に続く信号との組み合わせで、秋ヶ瀬橋まで車が繋がり、渋滞時には通過に20分ほどかかる。
    • 田島火の見下交差点。交差点の形状がクランク型かつ一車線のため、両方向の右折待ちの車で渋滞となる。
    • 南区関2-11-25から桜区田島3-7-18及び田島5-1-15から田島5-4-1は、国土交通省関東地方整備局大宮国道事務所が危険区間と認定している[10]
    • 2018年1月31日、本県道の北側を国道17号現道からバイパスまで並行する都市計画道路町谷本太線(市役所通り)が全通した[11]。同線は道幅が広く、かつ交通量が少ないため、本県道などからの迂回に適している。
    • 今後、本県道の北側を国道17号現道から荒川付近まで並行する都市計画道路道場三室線が全通する予定であり、さいたま市内の渋滞は改善される見込みである。
  • 志木市
    • 本町三丁目交差点付近。市街地で交通量も多く一車線なため、右折待ちの車が繋がると渋滞が起きる。特に朝夕は混雑がひどくなる。
  • 新座市
    • 野火止交差点、東行。川越街道との交差点。青信号時間が短い上、国道254号北行の左折車の歩行者待ちで一車線の道が完全に止まってしまうことを起因に渋滞が引き起こされる。また、当交差点は子供の事故が多い[12]
    • 野火止上交差点は国土交通省関東地方整備局大宮国道事務所が危険な交差点と認定している[10]
    • 現在、新座警察署が交通違反(歩行者妨害等)取り締まり重点路線に指定している[13]
  • 東村山市
    • 秋津町3-55で2008年12月4日から翌日にかけて行った騒音測定では、昼間が66db、夜間が62dbであった(車道端からの距離:3.5m、地上からの高さ:1.2m)[14]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

接続する道路 交差点名 所在地
国道463号(県庁通り) 岩槻越谷方面
国道17号・国道463号 国道17号 県庁前

さいたま市 浦和区
別所沼通り 南区
花と緑の散歩道
埼玉県道165号大谷本郷さいたま線 埼玉県道79号朝霞蕨線 田島火の見下 桜区
国道17号新大宮バイパス※立体交差 田島
新開通り
(鴨川堤桜通り[5]
埼玉県道79号朝霞蕨線 秋ヶ瀬橋 志木市
(宮戸橋通り[6] 下宗岡3丁目
(あきはね通り[6] 中宗岡3丁目
(宗岡公民館通り[6] 宗岡公民館前
(せせらぎの小径[6] せせらぎの小径
埼玉県道36号保谷志木線(宿通り[6] 中宗岡1丁目
埼玉県道266号ふじみ野朝霞線 志木市役所前
埼玉県道113号川越新座線(志木大通り[6] 市場坂上
(富士道[6] 本町1丁目
(江戸通り)
(バルシティ通り) 埼玉県道244号志木停車場線(本町通り[6] 本町3丁目
埼玉県道112号和光志木線(昭和新道[6] 本線
埼玉県道36号保谷志木線 志木陸橋南 新座市
埼玉県道109号新座和光線(旧川越街道 野火止上
国道254号(川越街道) 野火止
東京都道24号練馬所沢線小金井街道 郵便局前

清瀬市
東京都道127号秋津停車場線 秋津1丁目 東村山市
(旧所沢街道 東京都道4号東京所沢線(所沢街道)
東京都道4号東京所沢線(所沢街道)
東京都道16号立川所沢線東京都道17号所沢府中線府中街道
東京都道16号立川所沢線東京都道17号所沢府中線(府中街道)

交差する高速道路・鉄道・河川[編集]

秋ヶ瀬橋(さいたま市方面)

沿線にある施設など[編集]

施設名 所在地
埼玉県庁

さいたま市 浦和区
埼玉県議会
さいたま商工会議所
埼玉県立文書館
埼玉大学教育学部附属中学校 南区
別所沼公園
JR中浦和駅
JR西浦和駅 桜区
浦和学院専門学校
さくら草公園
秋ヶ瀬公園
田島ヶ原
志木市宗岡小学校 志木市
志木市郷土資料館
朝霞警察署いろは橋交番
志木市役所
慶應義塾志木高等学校
東武東上線志木駅 新座市
新座市役所東北出張所
新座志木中央総合病院
立教新座中学校・高等学校
立教大学新座キャンパス
サンケン電気
JR新座駅
新座警察署
新座市立野火止小学校
平林寺
西武池袋線清瀬駅

清瀬市
清瀬郵便局
国立看護大学校
信愛病院
東星学園

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]