東京都立世田谷泉高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京都立世田谷泉高等学校
Setagaya-Izumi highschool.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 東京都の旗 東京都
併合学校 東京都立代々木高等学校
東京都立烏山工業高等学校
東京都立明正高等学校
校訓 であう・みがく・いきる
設立年月日 2001年4月
共学・別学 男女共学
課程 定時制(3部制)課程
二部以上の授業 1部(午前)・2部(午後)・3部(夜間)
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 2学期制
高校コード 13313C
所在地 157-0061
東京都世田谷区北烏山9-22-1
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

東京都立世田谷泉高等学校(とうきょうとりつ せたがやいずみこうとうがっこう)は、東京都世田谷区北烏山に所在する都立高等学校

教育課程[編集]

ただし、これらの系列は科目を大きく分類する時の呼称であって、生徒がいずれかの系列に属したり、系列ごとに最低履修単位数が定められているわけではない。どの系列の科目も選択履修することが可能である。

概要[編集]

都立高校再編の一環として、2001年4月に代々木高校(三部制・定時制)・烏山工業高校(全日制)・明正高校(現:芦花高校)(定時制)の3校を統合し開校した。

校舎は、元東京都立烏山工業高校のものを使用している。

総合学科で、午前・午後・夜間の三部制のチャレンジスクールである。3年から4年かけて74単位を取得し卒業する。在籍可能年限は6年間。私服校である。体育着、および工業系科目での作業着は指定。ただし作業着は安全面等の基準を満たしていると認められれば指定のものでなくともよい。

チャレンジスクールの本旨により、中学まで不登校傾向であったり高校を中退した生徒なども想定し、入学時の学習水準では「過去は問わない」としている。そのため、主要科目においては、高校の指導要領レベルではなく、中学レベルから学べる科目も開講されている。

沿革[編集]

  • 2000年 設置認可
  • 2001年 開校

入学試験[編集]

入学試験は志願申告書も点数化するが、主に作文と面接で行われている。学科試験は行っていない。

前期試験と後期試験があり、前期試験は例年2倍ほどの倍率である。後期試験の倍率は3倍を超えることが多い。午前・午後・夜間で試験は同じである。合格しても必ず希望の時間帯に入れる訳ではない。

学校行事[編集]

  • 4月 - 入学式・オリエンテーション・一斉委員会・一斉部会
  • 5月 - 生徒総会・体育祭
  • 6月 - 遠足(1、4年次)・修学旅行(3年次)
  • 7月 - 前期考査・進路体験学習
  • 8月 - 部活動合宿(希望者のみ)
  • 10月 - 前期終業式・期間休業日・後期始業式(終業式から始業式まで含めて1週間ほど)・華泉祭
  • 11月 - 芸術鑑賞教室・中間考査
  • 12月 - 受講登録説明会
  • 1月 - 受講登録締切
  • 2月 - 後期考査・学習成果発表会
  • 3月 - 卒業式・映画鑑賞教室

学校生活[編集]

午前、午後、夜間の区分はⅠ部、Ⅱ部、Ⅲ部と呼称し、それぞれⅠ部生、Ⅱ部生、Ⅲ部生と呼ばれる。体育祭は、この部毎の対抗で行われる。

クラスは1学年6クラスあり、A、BがⅠ部、C、DがⅡ部、E、FがⅢ部である。例えばクラス名が3Cならば、3年次Ⅱ部のクラスである。3年間で卒業要件を満たし卒業する生徒もいるので、4年次は人数が少ないため、行事などの際には4年次は4AB、4CD、4EF、と2クラス合同でクラス運営することが多い。

ただし、単位制のため、一部の例外を除き、履修登録時の選択によって生徒一人ひとりの時間割が異なるため、クラスとして集まる機会は多くはない。

通常授業時は部毎登校だが、全校行事などの際には一斉登校(午後である場合が多い)となる。

教員の勤務時間は午前・午後(A勤務)と午後・夜間(B勤務)に分かれている。ただし、事務を取り扱う経営企画室は午前~午後である。

通常授業時は、1~4限(Ⅰ部授業時間帯)、昼休み、5~8限(Ⅱ部授業時間帯)、夕休み、9・10限・給食・11・12限(Ⅲ部授業時間帯)である。 Ⅰ部生は5~8限、Ⅱ部生は3・4限および9・10限、Ⅲ部生は5~8限に開講されている科目を履修することも出来る。 授業は一部の科目を除き、休憩を挟んで2限続きで行われる(1・2限、3・4限というように)。

部長会や委員会は、昼休み(午前・午後の生徒対象)と夕休み(夜間の生徒対象)というように同日に2度に分けて行われることが多い。一斉登校日に合わせて行われることもある。

各考査は評価期間と呼ばれ、試験はその科目の通常の時間割と同じ時間内に行われる。実技科目では製作物提出や実演、工業科目ではレポートが、ペーパーテストの代わりに課されることが多い。

学園祭[編集]

華泉(かせん)祭と呼ばれ10月末に2日かけて行われている。

設備[編集]

緑が多く都内高校でも有数の広い敷地内には、校舎の他多くの施設・設備がある。

校舎は、元東京都立烏山工業高校の校舎を増改築して、地上4階立て(一部3階立て、2階立て)の校舎はA棟からG棟まであり、工場棟(案内図には工業棟やQ棟との表記も見られる)、挌技棟(案内図では武道場棟と書き換えられている)、体育館がある。体育館と挌技棟以外の校舎は全て渡り廊下で繋がっており、車椅子等に対応している。校舎内にエレベーターが1基あるが、障害者および備品移動専用である。

生活・福祉系列でよく使用される施設として、保育実習室、介護実習室、調理実習室、被服実習室などがある。

校庭は一周が200メートル強と広い。また、校庭とは別にテニスコートが2面ある。プールは屋上に設置されている。トレーニングルームや多目的ホール(ダンス演劇などで使用)、柔道場、剣道場があり、創作・表現系列の科目でよく使われている。

また創作・表現系列の科目で使用される設備に、美術室の他に写真スタジオ暗室造形室、デザイン室、陶芸実習室、音楽室、演奏室などがある。和室は生活実践の授業や茶道部の活動のほかに、音楽での箏曲の授業でも使用される。

製作・技術系列の科目で使用される設備は主に工場棟内の、機械加工実習室、塑性加工実習室、、木工実習室、原動機実習室、CAD室などがあり、実習室では機械(旋盤フライス盤ボール盤溶接機など)も頻繁に使用される。パソコン関連の部屋も多い。また、製図室、メカトロ室などがある。

図書室には司書が常駐しており、バーコードリーダーでの貸し借りが行われている。 食堂は、昼休みには給食が出ないものの午前・午後の生徒にも開放されている。代わりにパンおにぎりが少量だが販売されている。夜間の生徒には給食がある(夜間定時制課程に準じている)。

部活動[編集]

多くの部活が精力的に活動をしており、中には全国大会に出場する部もあるなど、数々の大会で入賞している。

入部・退部・兼部は年間いつでも自由(保護者・担任・顧問の許可は必要)。

部活動のための時間は特段設けられていないため、部員同士の授業の空き時間や、土日を利用して活動している。 同じ部活内に時間帯の違う生徒が所属することになるので、活動時間の調整には、部員、顧問とも苦慮することがよくある。

  • 運動部
  • 文化部

交通[編集]

主な出身者[編集]

代々木高等学校の出身者については、東京都立代々木高等学校を参照のこと

関連項目[編集]

外部リンク[編集]