東京都シンボルマーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京都シンボルマーク(1989年制定)

東京都シンボルマーク(とうきょうとシンボルマーク)は、日本の首都東京都1989年平成元年)に旧東京市の成立100周年を記念して同年6月1日に制定した意匠である。

デザイン[編集]

東京都シンボル旗
Symbol flag of Tokyo.svg
用途及び属性 市民・政府陸上?代替の旗
縦横比 2:3
制定日 1989年9月30日
使用色
根拠法令 平成元年9月30日告示第978号
テンプレートを表示

“TOKYO”の頭文字であるアルファベットの「T」を図案化したもので、躍動、繁栄、潤い、安らぎを表現している。

また、制定された年の9月30日には白地にシンボルマークを配したシンボル旗1964年昭和39年)制定の都旗とは別に制定されており、東京都庁舎では両方の旗が掲揚されている。正規の都道府県旗と別にシンボル旗を制定しているのは東京都と鹿児島県だけである。

2007年韓国中央日報は東京都シンボルマークが制定される3年前の1986年から大邱百貨店CI戦略に基づいて導入したシンボルマークにデザイン・配色とも酷似しており「盗用ではないか」との指摘が国内にあると報道した[1]。中央日報の取材に対し、大邱百貨店広報室は「同じ業種の企業でもないので法的対応は考えていない」としている[1]

デザインの由来に対する誤解[編集]

東京都のシンボルマークはその形状が都の木であるイチョウの葉を連想させることから「いちょうマーク」と通称されることが多いが、東京都では「イチョウではありません。このマークは東京都の頭文字であるTをデザインしたものです」と公式にイチョウの葉をデザインの由来とする説を否定している[2]。また、シンボルマーク選考委員会で副委員長を務めたデザイナーの榮久庵憲司は「決め手はシンプルで誰でも書けて、応用がしやすい点でした。そして、イチョウのようで、イチョウではない、その曖昧さもポイントです」とコメントしている[3]。なお、一般投票に諮られた他の最終候補作には都の木であるイチョウの葉をベースにしたデザインと明記しているものが複数存在した[4]

このような誤解が広まったのは制定当日の読売新聞東京本社版夕刊14面で「東京都のアルファベットの頭文字『T』と都の木イチョウをアレンジしたデザイン」とされたのを始め、多くの新聞が都の木であるイチョウの葉の形状をデザインと関連付けて報じたことが一因と見られる。東京都内の自治体においても由来を誤解している事例が広く見られ、例えば多摩市のウェブサイトでは市の木であるイチョウを「東京都のマークにもなっている」としているのを始め[5]港区役所が発行する地域情報誌でも「東京都のシンボルマークともなっている扇の形をした葉が特徴的なイチョウ」との記述が見られる[6]

制定後の影響[編集]

制定前後の新聞報道では1943年(昭和18年)制定の「亀の子マーク」と通称される東京都紋章(都章)[7]を廃止して新たな都章を制定するかのような記述も見られた[8]。実際には都旗および都章を定めた告示はシンボルマーク・シンボル旗の制定後も廃止されておらず、いずれも都章・都旗に代わるものではない。

東京都のシンボルマーク制定後は福島県新潟県岐阜県佐賀県・鹿児島県など他の県でも正規の県章と併用するシンボルマークを別に制定する事例が増加しており、特に鹿児島県は東京都と同様のシンボルマーク旗を1994年(平成6年)に制定して以降は一部でデザインに批判のあった1967年(昭和42年)制定の県旗をほとんど使用しなくなっている。

使用例[編集]

東京都庁舎の本庁舎正面の窓にデザインされている他、東京都交通局の地下鉄やバス車両、清掃車東京都水道局の浄水場などで使用されている。 東京都道ガードレールにも類似したデザインのものが使われている。(緑、白、茶、黄緑の4色。国道130号など一部の国道を含む)

また、日本郵便発行の『郵便番号簿』[9]全国知事会のウェブサイトでは都章でなくシンボルマークを掲載している[10]

2010年(平成22年)に廃止された東京都発行の収入証紙には、都章でなくシンボルマークが描かれていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “東京都が大邱百貨店のシンボルマーク盗用?”. 中央日報. (2007年11月16日). http://japanese.joins.com/article/913/92913.html 2014年4月14日閲覧。 
  2. ^ 東京都のシンボルマークはイチョウではなかった(exciteコネタ・2006年11月27日)”. 2007年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月29日閲覧。
  3. ^ 『日本のロゴ 2―企業・美術館・博物館・老舗…シンボルマークとしての由来と変遷』(成美堂出版2008年)、124ページ。 ISBN 978-4-415-30264-5
  4. ^ 東京都弘済会『週刊とちょう』1988年12月3日付。
  5. ^ 市章・シンボルマークと市の花・木・鳥
  6. ^ 高輪地区地域情報紙 あなたの街 第4号、5ページ
  7. ^ 都章のデザインは1889年明治22年)に東京市紋章として制定されたものを継承している。
  8. ^ 読売新聞東京本社版1989年2月8日付23面、朝日新聞東京本社版1989年6月2日付夕刊など。
  9. ^ 郵便番号簿PDF
  10. ^ 都道府県シンボル(県章・花・鳥・木)[リンク切れ]

外部リンク[編集]