東京少年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京少年
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
ジャンル ポップス
ロック
ニューウェーブ
活動期間 1988年 - 1991年
レーベル ビクターエンタテインメント
メンバー 笹野みちる(ボーカル)
手代木克仁(ギター)
中村英夫(ベース)
水上聡(キーボード)
XTC

東京少年(とうきょうしょうねん)は、日本ポップスロックバンド

メンバー[編集]

サポートメンバー[編集]

経歴[編集]

1988年同志社大学在学中の笹野を中心に結成。軽音楽サークル「とんがりぼうし」に在籍。バンド名は、考えていた際にたまたま「東京少年」と書かれた筆箱があったことから命名したという。11月ビクターより、アルバム『東京少年』でデビュー。デビュー時のメンバーは笹野みちるのみであった(東京少年オリジナルメンバーはデビューできず、1stアルバムにはメンバーが書いた曲が笹野名義でクレジットされている。ドラマーが留学中に笹野の単独デビューが決まり「俺の曲なのに」と周囲に漏らしている)。全ての作詞を笹野が担当。作曲も全て笹野(ex.「道の上」「サイレントメビウス 〜Sailing作曲中村英夫」)。

1989年、サポートメンバーが東京少年の正式メンバーとして加入。前作に引き続きホッピー神山のプロデュースのもと、アルバム『原っぱの真ん中で』を作成。本作以降、作曲に他のメンバーも参加するようになる(作詞は笹野みちる)。

1990年、ミニアルバム『陽のあたる坂道で』発表後、ホッピー神山の手を離れ以降セルフプロデュースで作成を続ける。アルペンの「スーパースキー」CMソングに「Shy Shy Japanese」が採用され、スマッシュヒット。同年、アニメらんま1/2』のテーマに「プレゼント」が採用される。

1991年、9月29日の渋谷公会堂でのライブをもって解散。

3本のビデオを作成するが、それらを全て岩井俊二が監督する。

解散後は、笹野みちるは「ささのみちる」に改名(後に本名に戻している)。ソロインディーズバンド「京都町内会バンド」を結成するなどして活動。中村も原みどりとバンドを結成、水上がジャズロックバンド「ラクダ・カルテット」を結成するなど、各自がそれぞれの音楽活動を続けている。

2008年11月22日に笹野みちるデビュー20周年記念ライブ(MANDA-LA2)[1]にて一夜限りの再結成を行なった。

2014年8月27日、中村が死去し、10月17日に笹野みちると原みどりがお世話係を務め、中村が好きだった街にあるライブハウスで<追悼>コメちゃんこと中村"コメタロー"英夫!四十九日抱擁イベント@曼通寺を行う[2]。 

評価[編集]

デビュー当時、レコード会社は笹野を前面に出したアイドル的なプロモーションを試みており、笹野は内心それに反発していた。サウンド面にはU2XTCなどのニュー・ウェイヴに影響を受けたと思しき作編曲が散見されるが、リンドバーグの渡瀬マキや永井真理子などと同列のボーイッシュな女性ボーカルバンドとして扱われることがあった。リリックにおいては、内面的で哲学的な詞や、大人の視点から思春期を回想するノスタルジックな詞、童謡コミックソング風の詞まで、多様な詞世界が展開された。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

タイアップ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ MANDA-LA2 11月スケジュール”. MANDA-LA2. 2014年9月21日閲覧。
  2. ^ MANDA-LA2 10月スケジュール”. MANDA-LA2. 2015年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月21日閲覧。