東京医療生活協同組合新渡戸記念中野総合病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 新渡戸記念中野総合病院
Nakano General Hospital.JPG
情報
正式名称 東京医療生活協同組合新渡戸記念中野総合病院
英語名称 Nitobe Memorial Nakano General Hospital
標榜診療科 内科・精神神経科(精神科)・神経内科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・皮膚科・泌尿器科・婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・麻酔科・病理診断科
許可病床数

296床


一般病床:296床
職員数 526名(2018年4月1日現在)
開設者 東京医療生活協同組合
管理者 入江徹也(病院長)
開設年月日 1932年5月27日
所在地
164-8607
東京都中野区中央四丁目59番16号
位置 北緯35度42分9.3秒
東経139度40分1秒
二次医療圏 区西部
PJ 医療機関
テンプレートを表示

東京医療生活協同組合新渡戸記念中野総合病院(とうきょういりょうせいかつきょうどうくみあいにとべきねんなかのそうごうびょういん)は、296床を有する東京医療生活協同組合設置の病院である。新渡戸稲造賀川豊彦らによって創設された[1]

沿革[編集]

  • 1932年 - 「東京医療利用組合新宿診療所」開設。
  • 1933年 - 中野に移転、「東京医療利用組合中野組合病院」を開設。
  • 1950年 - 生協法の制定による改組のため「東京医療生活協同組合中野組合病院」に改称。
  • 1966年 - 総合病院に承認される。
  • 1969年 - 「東京医療生活協同組合中野総合病院」に改称。
  • 1981年 - 「中野クリニック」を開設。
  • 1989年 - 「くみあい保険薬局会館」を建設。
  • 1996年 - 「新渡戸記念訪問看護ステーション」を開設。
  • 1997年 - 東京都災害拠点病院臨床研修指定病院に指定。
  • 2000年 - 「中野総合病院指定居宅介護支援事業所」を開設。
  • 2007年 - 療養病棟を併設、ケアミックス型病院に変更。
  • 2015年 - 「東京医療生活協同組合新渡戸記念中野総合病院」に名称変更。
  • 2016年 - 療養病床を廃止し、一般病床296床となる。
  • 2017年 - 一般入院基本料を7:1とする。2号館の新設。

診療科・部門[編集]

診療部門[編集]

  • 内科
  • 脳卒中科
  • 神経内科
  • 精神神経科
  • 小児科
  • 外科・消化器外科
  • 整形外科
  • 脳神経外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • 婦人科
  • 放射線科
  • 麻酔科
  • 健康管理課科
  • 病理診断科
  • 内視鏡検査科

診療技術部門[編集]

  • 薬剤科
  • リハビリテーション室
  • 中央放射線科
  • 中央検査科
  • 栄養科
  • 看護
  • 事務部
  • 健康管理課
  • 医療相談室

保険事項[編集]

交通アクセス[編集]

関連施設[編集]

  • 東京医療生活協同組合中野クリニック
  • 新渡戸記念訪問看護ステーション
  • 中野総合病院指定居宅介護支援事業所
  • 保育室きっずはうすMONO

脚注[編集]

  1. ^ 概要・沿革 新渡戸記念中野総合病院。

外部リンク[編集]