東京七福グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京七福グループ(とうきょうしちふく - )とは東京23区地区を営業エリアとし、七福交通を主体とするタクシー事業者グループである。

グループ概要[編集]

東京七福オリジナル塗装 (東京七福交通)
東京七福オリジナル塗装
(東京七福交通)
チェッカー塗装 (東武タクシー)
チェッカー塗装
(東武タクシー)
かつてのEM自交無線加盟時代の車両 (七福交通)
かつてのEM自交無線加盟時代の車両
(七福交通)

七福は自社無線による営業をしておらず、かつては東京自交無線(→EM自交無線→現:EM無線)に加盟していた。現在はチェッカーキャブに加盟する七福交通と東武タクシーの一部車両のみ無線営業(ただし同組合で取り扱うS.RIDEのアプリ配車は全車対応)をする。

車体色は1987年から採用された上半分が白で下半分が水色のツートンカラーである(それ以前は上が白・下がオレンジの後下がり)。前ドアの白色部分に社名、水色部分に「Tokyo Shichifuku Group」の表記がある。後ドアのドア番号は社名に関わらず「東京七福」で始まるものとなっている。ハイグレード車の社名表記は東武タクシーが「TOBU TAXI」、新都交通が「SHINTO TAXI」、七福交通が「SHICHIFUKU TAXI」である以外は「TOKYO SHICHIFUKU TAXI」で統一されている。また、チェッカーキャブ加盟の七福交通と東武タクシーは非無線車の行灯基部の表記はそれぞれ「七福」「東武」となっている。

略歴[編集]

  • 1952年 - 七福交通設立。
  • 1958年 - 七福タクシー加入(新設なのか傘下入りで改称したのかは不明)。
  • 1960年 - 新都交通加入。
  • 1963年 - 隅田交通加入。
  • 1964年 - 平和橋交通加入。
  • 1966年 - 東武タクシーが加入し綾瀬営業所を設置。
  • 1968年 - 東京第三交通加入。
  • 1998年 - 東京自交無線と(旧)EM無線合併によるEM自交無線への改組に伴い七福交通以外が同無線グループから脱退。東武タクシーはかつて加盟していた東部無線へ復帰。
  • 2001年 - 東京第三交通が隅田交通を統合し東京七福交通へ改称。
  • 2002年 - 平和橋交通が七福タクシーを統合し東京七福タクシーへ改称。東武タクシー綾瀬営業所が東京七福タクシー足立営業所へ改称。東部無線解散により東武タクシーが東京無線へ加盟。
  • 2004年 - 東武タクシーが東京無線からEM自交無線へ移籍。
  • 2010年 - 七福交通と東武タクシーがEM自交無線からチェッカーキャブへ移籍。
  • 時期不詳 - 東京七福タクシー足立営業所を閉鎖。

グループ会社・営業所[編集]

  • 東京都
    • 七福交通株式会社 (江東区亀戸) 
    • 東京七福タクシー株式会社 (葛飾区東新小岩)
    • 新都交通株式会社 (北区赤羽)
    • 東京七福交通株式会社 (荒川区町屋)
    • 東武タクシー株式会社 (墨田区向島) 
    • 株式会社ナナフク(整備部門)
      • 整備部(墨田区向島、東武タクシーの近隣)
      • 板金部(江東区亀戸、七福交通に併設)
  • 埼玉県
    • 七福タクシー有限会社 (熊谷市弥藤吾)

外部リンク[編集]