東京フレンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

東京フレンズ』(とうきょうフレンズ )は2005年6月3日に発売されたavexフジテレビが製作したDVDドラマ。略称『東フレ』。大塚愛主演作品である。キャッチコピーはDVD版が「一番最初に描いた夢を、あなたは今も、覚えてる?」、映画版が「一番最初に描いた夢を、私は今も、覚えてる。

2005年4月13日講談社TOKYO★1週間』増刊『MOVE!』に連載された同名作品の単行本が発売された。

2006年8月12日全国松竹系でDVD版の続編となる映画が公開された。タイトルは「東京フレンズ The Movie」。

概要[編集]

高知から上京した岩槻玲は、バイト先の居酒屋・「夢の蔵」で出会った新谷隆司率いるバンド『サバイバル・カンパニー』(通称:サバカン)のボーカルをやる羽目に。そこから玲の環境は一変する…

ストーリー(あらすじ)[編集]

DVD版[編集]

高知の田舎で育った岩槻玲は、ある日突然、家出同然で憧れの地である東京へ上京する。当ても無く辿り着いた居酒屋・『夢の蔵』で、バイトをする事にし、そこで、後に信頼出来る仲になる3人の女の子、羽山ひろの藤木涼子我孫子真希と、バンド『サバイバルカンパニー』(通称:サバカン)のギタリスト新谷隆司らと出会う。バンド内のトラブルで『サバカン』のボーカリストがいなくなってしまい、途方に暮れていた隆司は、玲の歌声を聴き、『お前の声が好きだから』と、玲を『サバカン』に率いれる。最初は渋々やっていた玲だが、次第に歌う事への魅力を感じ、それを自分のとしていった。ひろの達ともそれぞれの悩みや不安を支えあい、乗り越える事によって、絆を深めていった。そして、自分に『歌』を与えてくれた、隆司とお互いに惹かれあい、いつしか愛しあう様になるそして…

玲と3人の友達の友情、隆司との恋、そして全員が夢に向かって進む姿を描いた青春ドラマ。

映画版[編集]

東京フレンズ The Movie
監督 永山耕三
脚本 衛藤凛
製作 高木正臣
松本輝起
製作総指揮 千葉龍平
迫本淳一
出演者 大塚愛
松本莉緒
真木よう子
小林麻央
瑛太
音楽 Sin
主題歌 大塚愛ユメクイ
撮影 猪本雅三
編集 深沢佳史
製作会社 「東京フレンズ The Movie」フィルムパートナーズ
配給 松竹
公開 日本の旗 2006年8月12日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
興行収入 5億930万円[1]
テンプレートを表示

DVD版以降の物語。

『サバカン』のボーカリスト・岩槻玲はバンドの仲間達と共に、メジャーデビューに向けて、その後も順調にライブ等行い、評判を上げていった。ひろの達もそれぞれの夢や恋に不安を抱きつつも、相変わらず仲良しな日々を送っていた。ある日、夢の蔵での涼子の結婚式、NYに留学した真希からお祝いが届く。一緒についていた手紙には、何とNYであの隆司の姿を見かけたと言うものだった。フラワーチャイルズ(通称:フラチャ)の騒動以来、消息不明の音信不通だった隆司を心配していた玲は、動揺を隠せない。その姿を見て、涼子は玲にNY行きのチケットを渡す。断る玲だが、涼子の思いやりに心動かされ、プロモーションで忙しい時期にも関わらずバンドの仲間達に『一発殴ったら帰って来ます』と言って、NYへ。真希と再会し、玲は隆司を探し出すのだが…。

愛する人と一緒にいたいキモチと、歌を歌いたい想いの狭間で揺れる玲。玲が最後に選んだ道は何だったのか? そして、隆司とひろの・涼子・真希が選んだそれぞれの未来とは…?

スタッフ[編集]

DVD版[編集]

  • 監督:永山耕三(フジテレビ)
  • プロデュース:阿部元博(avex group)、剣持嘉一高橋なな美(avex entertainment)、東海林秀文高井一郎(フジテレビ)
  • 脚本:衛藤凛
  • 企画:松浦勝人
  • エグゼグティブプロデューサー:千葉龍平高木政臣
  • アソシエイトプロデューサー:柳崎芳夫石田成一高木康裕渡辺真喜子
  • 音楽:Sin
  • 技術プロデューサー:瀬戸井正俊
  • 撮影:佐藤友孝
  • 映像:権田博
  • 照明:藤原武夫、稲木健
  • 音声:桜井秀一、山田裕樹
  • 選曲:小西善行塚田益章
  • 音響効果:近藤隆史赤座聡子
  • 編集:深沢佳文、平川正治
  • ライン編集:飯塚守
  • MA:亀山貴之、古跡奈歩
  • 美術プロデュース:木村達昭
  • 美術デザイン:荒川淳彦
  • 美術進行:内村和裕、吉田敬
  • 大道具:宮本昌和
  • 操作:茂進、安藤朋希
  • 建具:阿久津正巳
  • 装飾:高田修司、竹原丈二、鎌田徳夫、山科貴弘
  • 持道具:岡村英輔、市橋理恵
  • 衣裳:星野和美、金子光浩、中野知美
  • スタイリスト:北村勝彦、北村彰子、ume
  • メイク:金原理恵子、杉本和弘、對馬晶子、橋本彩乃、下田英里
  • 視覚効果:高橋信一
  • アクリル装飾:早坂健太郎
  • 電飾:井野岡利保
  • 生花装飾:勝野純子
  • 植木装飾:原利保
  • フラワーコーディネーター:住川啓子
  • 協力:渋谷ビデオスタジオビデオスタッフ東新バスク、富士映画、高知新阪急ホテル、東放ミュージックカレッジ、ショウビズクリエイション、Halfton Music、Gilsun、ホテル函館ロイヤル
  • バンド指導:吉田ヒロシ
  • スチル:為広麻里
  • タイトルバック:山本雅之
  • タイトルデザイン:小関一智
  • 演出補:長瀬国博、山本一男、大畑真治
  • スケジュール担当:田中孝幸
  • 制作担当:角田隆
  • 制作主任:小川勝美、菅村実雪、白井麻理
  • 制作補:秋山八重子
  • 記録:曽我部直子、渡辺美恵
  • プロデュース補:玉田祐美子、柴田圭子
  • 制作:フジテレビ
  • 企画:avex group
  • 製作:エイベックス・エンタテインメント

映画版[編集]

キャスト[編集]

テーマソング[編集]

DVD版[編集]

  • オープニングテーマ
  • エンディングテーマ
    • 第1話「to me」 - BOO BEE BENZ 
    • 第2話「君という花」 - BOO BEE BENZ 
    • 第3話・4話「ユメクイ」 - 大塚愛
    • 第5話「フレンズ」 - 大塚愛
  • 挿入歌
    • 第1話:「to me」 - サバイバル・カンパニー
    • 第2話:「to me」、「君という花」 - サバイバル・カンパニー
    • 第3話:「ハリケーン」 - サバイバル・カンパニー
    • 第4話:「ちょっと」 - サバイバル・カンパニー
    • 第5話:「tears」 - 大塚愛

映画版[編集]

  • オープニングテーマ
    • 「ユメクイ」 - 大塚愛
  • エンディングテーマ
    • 「tears」 - 大塚愛
  • 挿入歌
    • 「フレンズ-サバカン ver.-」、「Mackerel's canned food」、「tears-サバカン ver.-」 - 大塚愛
    • 「girl friend」 - Ricken's

サントラ等[編集]

東京フレンズ The Movie music collection
映画版で劇中に登場する大塚愛の楽曲は「ユメクイ」「フレンズ -サバカン ver.-」「tears-サバカン ver.-」「Mackerel's canned food」の4曲である。

その他[編集]

  • 『夢の蔵』では、『トマト茶漬け』(居酒屋土間土間にて一時期実際にメニューとして販売されていた事がある)が、映画版では『トマトラーメン』も出て来る。
  • 『サバカン』が歌っている歌(特にDVD版)の中には、BOO BEE BENZという、実在のインディーズバンドのオリジナル楽曲である。
  • キャッチフレーズに有る『一番最初に描いた夢を、あなたは今も、覚えてる?』と『一番最初に描いた夢を、私は今も、覚えてる。』、これらの『夢』とは、未来の事だけでなく、全ての事において、最初に抱いた感情の事を指すのだと、大塚愛は思っている。

コミカライズ版およびノベライズ版[編集]

コミカライズ
DVD版発売に先立ってDVD版1 - 4のコミカライズ版(原作:衛藤凛・漫画:小林ユミヲ)が講談社『TOKYO★1週間』増刊『MOVE!』に連載された。この連載は2巻で単行本化され2005年4月に出版されており、第1巻はDVD1・2、第2巻はDVD3・4に対応する。
DVD5に対応するコミック単行本第3巻は2005年6月に出版された。
映画公開に先立ってコミック単行本「東京フレンズTheMovie」が出版された。
ノベライズ
DVDのノベライズ版単行本(作:衛藤凛)が2005年6月に全2巻で出版された。第1巻はDVD1・2・3、第2巻はDVD4・5に対応する。

脚注[編集]

  1. ^ 「2006年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」、『キネマ旬報2007年平成19年)2月下旬号、キネマ旬報社2007年、 184頁。

外部リンク[編集]