東京チカラめし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東京チカラめし店舗例(東京半蔵門店・三光マーケティングフーズ運営店舗)

東京チカラめし(とうきょうチカラめし)は、三光マーケティングフーズが運営する牛丼チェーンである。

概要[編集]

三光マーケティングフーズの新規事業として、2011年6月9日東京都豊島区西池袋に1号店(池袋西口店)を開店した[1]1975年昭和50年)開業の「三光亭」が当初は定食屋、後に牛丼店として創業したため、原点回帰とも言える。

店舗の運営ノウハウ等は、同業の松屋フーズを参考にしていると言われている[2]。店舗展開は、本業である居酒屋店舗と同じく、主要駅等では集中出店(ドミナント戦略)していることが特徴である[3]

2012年6月末までに50店を出店する計画で、同社の今後の主力業態に据えると報じられていた[4]。2011年11月には、三光マーケティングフーズ社長が「2012年6月末までに100店を超え、2012年には年間300店を開店させる。チカラめしのみで1000店舗以上展開する」と述べている[5]2012年9月11日にオープンした東京都世田谷区の梅ヶ丘店で、累計100店舗を達成した[6][7]

その後、閉店する店舗も目立ち始め、関西地区では出店後半年ほどで閉店した店もある。

2013年6月よりこれまでの24時間営業の方針を見直し、店舗によって時間の相違はあるものの基本的に深夜帯の営業を休止するようになった。これは、繁華街の店舗も同様である。

2014年6月2日、ブーム後の利益減少により直営店の約7割に当たる店舗を、関東地区でカラオケ店や飲食店を経営するマックの子会社・株式会社チカラめしへ譲渡した[8]。譲渡された店舗は、横浜家系ラーメンの「壱角家」への転換を急速に進めた[9]結果、2015年5月までに株式会社チカラめしが運営する店舗は消滅し、株式会社チカラめしも2015年7月に株式会社イー・ダイニングに社名変更している。

2016年5月現在は東京都神奈川県千葉県大阪府に12店舗を展開している[10][11]

沿革[編集]

  • 2011年(平成23年)
    • 6月 - 1号店(池袋西口店)オープン
  • 2013年(平成25年)
  • 2014年(平成26年)
    • 2月 - 勝どき店を派生店舗「定食チカラめし」へ転換し、リニューアルオープン
    • 4月 - 消費税率8%への引き上げによる、初のメニュー改定を実施
    • 6月2日 - 全88店舗中62店舗の運営を、新設会社である株式会社チカラめしに移管。同日、チカラめしの全株式を株式会社マック他2社に譲渡

現行店舗[編集]

公式ホームページを参照

以前に存在した店舗[編集]

  • 門前仲町店(2012年5月に開店し、2014年8月1日をもって閉店)
  • 大井町東口店
  • 勝どき店
  • 国領店
  • 吉祥寺公園口店
  • ひばりヶ丘北口店
  • 町田店(2014年7月25日に閉店)
  • 玉川学園前店(2013年10月11日に閉店)
  • 飯田橋1号店
  • 早稲田店
  • 西葛西店
  • 経堂店(2012年4月に開店し、2013年11月頃に閉店)
  • 祖師ヶ谷大蔵店
  • 三軒茶屋店
  • 野方南口店(2012年2月に開店し、同年11月23日をもって閉店)
  • 蒲田店
  • 八王子店
  • 西八王子店
  • お茶の水店
  • 神田南口店
  • 赤羽西口店
  • 代々木店(2012年10月7日に開店し、2014年6月30日をもって閉店)
  • 新宿西口2号店
  • 鶴瀬店
  • 保谷店
  • 神田東口店
  • 八重洲2号店(2011年12月に開店し、2012年9月30日をもって閉店)
  • ラパーク瑞江店
  • 京成立石店
  • 神保町店
  • 駒込店(2012年4月に開店し、2015年1月30日をもって閉店)
  • 下北沢店
  • 中板橋店
  • 練馬店(2014年8月19日に閉店)
  • 下赤塚店(2012年9月30日に閉店)
  • 秋津店(2012年7月29日に開店し、2014年8月18日をもって閉店)
  • 竹ノ塚店
  • 恵比寿西口店
  • 阿佐ヶ谷北口店
  • 高円寺北口店
  • 本郷三丁目店
  • 御徒町2号店
  • 池袋西口2号店
  • 池袋東口1号店
  • 高田馬場1号店(2012年4月に開店し、2013年3月20日をもって閉店)
  • 高田馬場3号店(2012年6月4日に開店し、2013年1月30日をもって閉店)
  • 蔵前店
  • 新宿西口3号店
  • 高田馬場2号店
  • 新宿西口総本店(2012年9月25日に開店し、2014年11月17日をもって閉店)
  • 築地店
  • 八重洲北口店(2011年8月に開店し、2012年11月頃に閉店)
  • 青山一丁目店
  • 目黒1号店
  • 原宿1号店
  • 目黒2号店
  • 八重洲3号店
  • 学芸大学前店
  • 梅ヶ丘店
  • 笹塚店(2011年11月に開店し、2012年9月30日をもって閉店)
  • 渋谷1号店
  • 新宿西口4号店
  • 新宿5丁目店
  • 渋谷2号店
  • 渋谷3号店
  • 白山店
  • 東京スカイツリー店
  • 町屋店(2014年8月11日に閉店)
  • 西日暮里店
  • 亀有北口店
  • 菊川店
  • 金町店(2013年1月18日に開店し、2014年9月16日をもって閉店)
  • 赤坂1号店
  • 三田店
  • 馬橋店
  • 旗の台店
  • 江古田南口店(2012年2月21日に開店し、2013年9月頃に閉店)
  • 小岩北口店(2014年9月30日に閉店)
  • 戸越銀座店(2011年10月に開店し、2012年11月頃に閉店)
  • 江古田北口店(2011年12月3日に開店し、2012年9月30日、下赤塚店・笹塚店・八重洲2号店と同時に閉店)
  • 秋葉原1号店(2013年1月に開店し、2015年2月27日をもって閉店)
  • 日野店
  • 大宮東口2号店
  • 上尾店
  • 北浦和西口店
  • 蕨東口店
  • 大宮東口店
  • 東松山店
  • 川越1号店
  • 北習志野店
  • 東船橋店
  • 南行徳店
  • 野田山崎店(2012年12月に開店し、2014年7月頃に閉店)
  • 稲毛園生町店
  • 松戸店
  • 運河店
  • 伊奈町店
  • 相模原店
  • 小田急相模原店
  • JR橋本店(2015年4月30日に閉店)
  • 前橋野中店
  • 高崎店(2015年2月13日に閉店)
  • 十三店(2013年3月3日に開店し、同年10月29日をもって閉店)
  • 宝塚店
  • 阪神尼崎店(2013年2月に開店し、同年10月29日をもって閉店)
  • 八尾店
  • 門真店
  • 茨木豊原町店
  • 富田林店
  • 柏原店
  • 高槻城西店(2014年3月30日に閉店)
  • 新丸子店
  • 綱島店
  • 千葉中央店
  • 原木中山店
  • 伊勢原店
  • 平塚店(2014年9月末頃に閉店)
  • 鶴ヶ峰店
  • 川崎東口2号店
  • 日吉店
  • 横浜鶴屋町店
  • 辻堂店
  • 岐阜北方町店
  • 江南店
  • 中央通り店(2013年7月24日に開店し、2015年8月31日をもって閉店)

-他、多数

メニュー[編集]

焼き牛丼の並盛り

主力メニューは「焼き牛丼」[4]。他にカレー定食類を提供する。従来の牛丼と差別化するため、牛肉を煮るのではなく焼いて提供している[12]。店内食の場合は味噌汁が無料で付く。また、付け合せは従来の牛丼店に多い紅しょうがではなくガリを提供する。また、香辛料として辛味だれ(コチュジャン風味)、七味唐辛子が、飲料はレモン水がカウンターに提供されている(セルフサービス。但し近年は提供していない店舗もある)。牛丼に使用する白米は中国産と国産のブレンドを利用している[13]

メニューは店舗によって異なり、大別すると3パターン存在する。

アルファベット 形態
RA 定食が豊富、追加料金でご飯の大盛り・おかわり自由も可能
O 定食の注文で追加料金無しでご飯のおかわり自由
C 豚丼の扱いあり
定食は追加料金無しでご飯のおかわり自由

接客[編集]

店入り口の近くにある自動券売機食券を購入するシステムを採用している。

注文を受けてから肉を焼いて提供するため、提供時間は従来の牛丼よりも遅く、通常時で3分から5分程度かかっている[14][15][16]。なお、三光マーケティングフーズの株主優待券は利用できない[17]

オーダーを受ける時の掛け声は、一般的な牛丼店の「(商品名)一丁」等ではなく、「チカラめし入ります」で統一されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 焼き牛丼店「東京チカラめし」出店相次ぐ共同通信PRワイヤー、2011年7月20日
  2. ^ 焼き牛丼でバトル勃発、松屋と三光フーズの因縁東洋経済オンライン、2012年4月25日
  3. ^ 牛丼業界の台風の目『東京チカラめし』一駅に集中出店の理由、NEWSポストセブン、2012年8月4日
  4. ^ a b 三光マーケティング、牛丼店を今期50店出店、居酒屋以外の業態開発急ぐ、日経MJ、2011年7月20日、P.15
  5. ^ 週刊ダイヤモンド』2011年11月26日号、P.42
  6. ^ 焼き牛丼「東京チカラめし」出店100店舗達成!、共同通信PRワイヤー、2012年9月11日
  7. ^ 「チカラめし」1年強で100店舗、今後は地方出店も増やし全国展開へnarinari.com、2012年9月18日
  8. ^ 「東京チカラめし」68店舗を売却 三光マーケティングフーズ - 日本経済新聞、2014年4月10日
  9. ^ 横浜家系ラーメン「壱角家」、一気に25店舗。「チカラめし」から転換。(フードリンクニュース、2014年8月24日)
  10. ^ 大阪日本橋に関西初の「東京チカラめし」第1号店を出店、共同通信PRワイヤー、2012年10月25日
  11. ^ 日本橋3丁目に「東京チカラめし」がオープン 関西への初進出、日本橋ショップオンライン、2012年10月25日
  12. ^ “焼き牛丼”で国民食に参入、三光マーケティングフーズの新たな挑戦、東洋経済オンライン、2012年1月6日
  13. ^ 牛丼大手5社を徹底検証! 中国産食品の危険な実態 使用度が高い食材は… (1/2ページ)
  14. ^ 関西の“牛丼地図”はどうなる? 「東京チカラめし」が進出 (1/2)Business Media 誠、2012年12月11日
  15. ^ ウマい、安い、遅い?「焼き牛丼」が牛丼業界に革命を起こす - 週プレNEWS 2011年9月23日
  16. ^ “焼き牛丼”が大手チェーンを脅かす!? 「東京チカラめし」が急拡大中〔3〕 - 日経トレンディネット 2011年9月6日
  17. ^ 三光マーケティングフーズ IR情報 株主優待制度

関連項目[編集]

外部リンク[編集]