東京たま広域資源循環組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京たま広域資源循環組合(とうきょうたまこういきしげんじゅんかんくみあい)は、東京都多摩地域の25市1町で構成される清掃一部事務組合

概要

1980年11月、多摩地域における自治体25市2町(当時)が、一般廃棄物最終処分場の設置および管理を目的として「東京都三多摩地域廃棄物広域処分組合」を設立。ごみ焼却灰のエコセメント化事業にあたり、2006年4月より「東京たま広域資源循環組合」に名称変更した。

沿革

構成自治体

主な事業内容

  • 関係市町圏より排出される一般廃棄物の最終処分を行う処分場の整備および管理運営。
  • エコセメント化施設の整備および管理運営。
  • たまエコニュース(広報紙)の発行。
  • 日の出町役場への補助金支出(10億円/年、日の出町予算書では雑入に計上)。
  • 秋川漁業協同組合への補助金支出(2千万円/年)。

事務所

  • 府中市新町2-77-1 東京自治会館内

関連施設

1998年4月に埋め立て終了。見学者用施設の「谷戸沢記念館」がある。
  • 二ツ塚廃棄物広域処分場(西多摩郡日の出町大字大久野字玉の内)
  • 東京たまエコセメント化施設(西多摩郡日の出町大字大久野字玉の内)

組織

  • 組合議会:定数は26人。関係市町の議員から各1人を選出
  • 理事会
  • 管理者:1人(関係市町長の互選)
  • 副管理者:3人(管理者以外の関係市町長)
  • 収入役:関係市町の収入役から管理者が選任
  • 監査委員:組合議員および見識を有する者の2名
  • 事務局

付記

外部リンク