東亜建設技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東亜建設技術株式会社
TOA Construction Engineering Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 東亜建設技術
本社所在地 日本の旗 日本
819-0046
福岡県福岡市西区西の丘1丁目7番1号
設立 1954年6月9日
業種 サービス業
事業内容 測量調査、補償コンサルタント、道路・橋梁等の設計、航空写真測量、地理情報システム(GIS)開発、各種パンフレット(観光ポスター)作成
代表者 原園秀一
資本金 4000万円
売上高 約12億円(2008年度)
従業員数 104名(2009年7月1日現在)
外部リンク http://www.toa-ct.co.jp
テンプレートを表示

東亜建設技術株式会社(とうあけんせつぎじゅつ)は、福岡県福岡市西区に本社を置く、九州一円を基盤とする総合建設コンサルタント会社である。 測量業をメインとして創立。 以来、地図印刷部門、模型工芸部門、航空測量英語版部門、情報処理部門、GIS開発部門、マルチメディア部門を設置し、独立系建設コンサルタントとして、九州一円に経営基盤をおいて現在に至る。

沿革[編集]

  • 1954年 - 6月9日有限会社東亜測量社として創業。
  • 1958年 - 東亜測量株式会社と改組。
  • 1988年 - 東亜建設技術株式会社へ社名変更。
  • 2000年 - 全社的にISO 9001を認証取得。
  • 2003年 - 本社を福岡市中央区より西区へ移転。
  • 2007年 - 情報部門でISMSを認証取得。

事業沿革[編集]

  • 1954年 - 測量部門、地図制作部門より創業を開始。
  • 1956年 - 地図印刷部門、模型・工芸部門を設立。
  • 1967年 - 航空測量部門を設立。
  • 1980年 - 情報処理部門を設立。
  • 1984年 - 補償コンサルタント部門を設立。
  • 1987年 - 建設コンサル部門、GIS開発部門を設立。
  • 1993年 - マルチメディア制作部門を設立。
  • 2007年 - イノベーション事業部を設立。
  • 2008年 - 技術推進室を設置。
  • 2010年 - 技術推進室から技術推進部へ。

事業目的[編集]

  • 希望をもって生きることのできる社会環境の創造

企業理念(概要)[編集]

  • まちづくりのコーディネーターとして高度な技術と誠実な心をもって地域社会の発展に貢献し、同時に会社の健全な発展と社員の生活向上を図ります。

事業内容[編集]

  • コンサルタント部門 

測量調査 基準点測量 GPS測量 地形測量 路線測量 水準測量 用地測量 地籍測量 深浅測量 区画整理測量 地質調査 用地補償調査 土地調査 土地評価 物件 機械工作物営業補償・特殊補償 事業損失 補償関連 用地補償説明業務 用地関連データ整備 計画設計 土木譲許(道路 橋梁 河川構造物 上下水道 造成 農業) 都市計画 地域計画 交通計画 防災計画 都市再開発 建築 環境調査 環境アセスメント

  • 地理情報部門    

画像計測 航空写真測量 デジタルマッピング  情報システム 統合型GIS 都市計画支援 道路管理 河川管理 上下水道管理 建築審査支援 固定資産評価支援 税務支援 農業支援 林業支援 公園管理 港湾管理 森林管理 三次元GIS 道路 河川 砂防 環境 森林 都市 景観シミュレーション メディア 地図印刷 パンフレット HP作成 地形模型 映像製作

外部リンク[編集]