東亜児童大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

東亜児童大会(とうあじどうたいかい)は、大日本帝国政府が主催し、1941年2月1日東京府(現・東京都)の日比谷公会堂にて挙行された児童による交流会。

概要[編集]

  • 大日本帝国を始め、満州国支那蒙古の俗にいう「大東亜共栄圏諸国」児童約2,800人を招待し、東亜共栄圏の児童による合唱、芝居を楽しむというもので、最後に児童の代表が音頭をとり「天皇陛下万歳」を参加者全員で三唱した。

映像資料[編集]