東ティモールの首相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東ティモールの旗 東ティモール
首相 
Primeiro-Ministro(ポルトガル語)
Primeiru-Ministru(テトゥン語)
Coat of arms of East Timor.svg
Prime Minister of Timor-Leste Taur Matan Ruak.jpg
現職者
タウル・マタン・ルアク

就任日 2018年6月22日
指名 国民議会
任命 ジョゼ・ラモス=ホルタ
東ティモール大統領
初代就任 マリ・アルカティリ
創設 2002年5月20日(主権回復後)
俸給 27,000 USD[1]

東ティモールの首相(ひがしティモールのしゅしょう、ポルトガル語: Primeiro-ministro de Timor-Leste, テトゥン語: Primeiru-Ministru)は、東ティモール政府の長首相)である。

概要[編集]

選出方法[編集]

立法府である国民議会で指名され、大統領により任命される。ただし、大統領は立法府に対し拒否権を持っている。

東ティモール首相の一覧[編集]

東ティモールの旗 東ティモール首相(インドネシア侵攻期)
首相 所属党派 内閣 在任期間 備考
01 1 Rotunda do Aeroporto.jpg ニコラウ・ドス・レイス・ロバト英語版 東ティモール独立革命戦線 第1次 1975年11月28日-
1975年12月7日
辞任[注釈 1]
東ティモールの旗 東ティモール首相(独立後)
首相 所属党派 内閣 在任期間 備考
02 2 Mari Bin Amude Alkatiri 2001.jpg マリ・ビン・アムデ・アルカティリ 東ティモール独立革命戦線 第1次 2002年5月20日-
2006年6月26日
辞任[注釈 2]
03 3 José Ramos-Horta Portrait.jpg ジョゼ・ラモス=ホルタ 無所属 第1次 2006年6月26日-
2007年5月19日
04 4 2016-02-04 Estanislau da Silva.jpg エスタニスラウ・ダ・シルバ 東ティモール独立革命戦線 第1次 2007年5月19日-
2007年8月8日
05 5 President gusmao.jpg シャナナ・グスマン 東ティモール再建国民会議 第1次 2007年8月8日-
2012年7月
6 第2次 2012年7月-
2015年2月16日
06 7 Rui Maria de Araújo.jpg ルイ・マリア・デ・アラウジョ英語版 東ティモール独立革命戦線 第1次 2015年2月16日-
2017年9月15日
07 8 Mari Bin Amude Alkatiri 2001.jpg マリ・ビン・アムデ・アルカティリ 東ティモール独立革命戦線 第1次 2017年9月15日-
2018年6月22日
08 9 President Taur Matan Ruak.jpg タウル・マタン・ルアク 人民解放党 第1次 2018年6月22日-
(現職)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ インドネシア軍の侵攻により政府が崩壊したため。
  2. ^ 2006年東ティモール危機英語版が発生したことの引責。

出典[編集]

  1. ^ REPÚBLICA DEMOCRÁTICA DE TIMOR-LESTE - Jornal da República”. www.mj.gov.tl. 2020年4月4日閲覧。

外部リンク[編集]