東ティモールの国歌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pátria
和訳例:祖国

国歌の対象
東ティモールの旗 東ティモール

作詞 Francisco Borja da Costa(1975年
作曲 Afonso de Araujo(1975年
採用時期 2002年
言語 ポルトガル語
テンプレートを表示

祖国ポルトガル語Pátria)とは、東ティモール国歌である。

1975年11月28日ポルトガルから一方的に独立宣言した際に初めて使用されたが、直後の12月7日インドネシアからの侵略を受けた。 その後、1999年のインドネシア撤退及び国連東ティモール暫定統治機構の管理下による独立への移行時期の後、2002年5月20日に独立する際に国歌として採用された。

作曲は Afonso Redentor Araújo が、作詞はインドネシアによる侵略の日に死んだ詩人 Francisco Borja da Costa による。 歌詞はポルトガル語であり、地域の言語且つ公用語であるテトゥン語版は未だ作られていない。

歌詞[編集]

ポルトガル語歌詞 日本語訳

Pátria, Pátria, Timor-Leste, nossa Nação.
Glória ao povo e aos heróis da nossa libertação.
Pátria, Pátria, Timor-Leste, nossa Nação.
Glória ao povo e aos heróis da nossa libertação.
Vencemos o colonialismo, gritamos:
abaixo o imperialismo.
Terra livre, povo livre,
não, não, não à exploração.
Avante unidos firmes e decididos.
Na luta contra o imperialismo
o inimigo dos povos, até à vitória final.
Pelo caminho da revolução.

祖国、祖国、我らの国東ティモール
人民に栄光あれ、我らの解放の英雄たちに栄光あれ
祖国、祖国、我らの国東ティモール
人民に栄光あれ、我らの解放の英雄たちに栄光あれ
植民地主義に勝利しよう、そして叫ぼう、
帝国主義を打倒せよ、と
自由な地、自由な人民
もはや決して、決して、決して搾取されない
固く団結し、決意して前進しよう
帝国主義との戦いに
諸民族の敵との戦いに、最後の勝利の日まで
革命の道筋に沿って

外部リンク[編集]