杜瑗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杜 瑗(と えん、327年 - 410年)は、東晋軍人道言本貫交趾郡朱䳒県。

経歴[編集]

杜瑗の一族はかれの祖父の杜元の代に交趾に移住した。杜瑗は交州に出仕して日南郡太守九徳郡太守・交趾郡太守を歴任した。太元5年(380年)、九真郡太守の李遜が反乱を起こした。太元6年(381年)、杜瑗は反乱軍を撃破して、李遜を斬った。龍驤将軍の号を受けた。隆安3年(399年)、林邑范胡達が交州に侵入して、州城を包囲した。杜瑗は三男の杜玄之とともに防戦して、林邑の軍を撃退した。追撃して九真郡・日南郡を奪回し、范胡達を林邑に追い返した。杜瑗は龍驤将軍・交州刺史に任じられた。元興3年(404年)、冠軍将軍の号を受けた。盧循広州を占拠すると、修好の使者を送ってきたが、杜瑗はその使者を斬った。義熙6年(410年)、死去した。享年は84。右将軍の位を追贈された。

子女[編集]

  • 杜玄之
  • 杜慧度
  • 杜慧期(交趾郡太守)
  • 杜章民(九真郡太守)

伝記資料[編集]