杜氏 (三国時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杜氏(とし、生没年不詳)は、中国後漢末期の女性。秦宜禄の妻。後に曹操の夫人(側室)。子は秦朗曹林曹袞・金郷公主(何晏夫人)。

建安3年(198年)、曹操が下邳に立て篭もる呂布を包囲すると、秦宜禄は呂布の使者として袁術の下へ救援要請に赴いたが、その先で袁術によって滅ぼされた陳愍王の劉寵の娘と強引に結婚させられた。杜氏は息子の秦朗と共に下邳に留まっていた。

当時、曹操陣営の客将だった劉備の腹心関羽が曹操に対し、杜氏を娶りたいと願い出たため、曹操もこれを許可した。ところが呂布滅亡後、曹操は杜氏が美人であると知るや、約束を破ってこれを自分の側室にした。

建安4年(199年)に劉備が小沛で曹操に叛旗を翻すと、その腹心張飛が秦宜禄の下にやって来て「妻を奪い取った男に仕えるのは愚かなことだ。わしについて来い」と勧誘した。前夫の秦宜禄も最初は受諾したが、すぐに後悔して張飛に「帰りたい」と願い出たため、怒った張飛に殺された。

曹操の側室となった杜氏はその後、曹操の寵愛を受け、王后に次ぐ序列である「夫人」に列せられた。

秦朗は連れ子にもかかわらず曹操に大層可愛がられた。また曹叡(明帝)の時代にも重用されたが、曹叡の死後に失脚した。その子の秦秀は『晋書』に名を残している。

杜氏は曹操との間に曹林・曹袞・金郷公主をもうけた。沛王となった曹林の母ということで「沛王太妃」と称され、一定の権勢を誇った。青龍3年(235年)、曹叡の命令で曹林と共に見舞い曹袞に出向いた。金郷公主は曹操の養子である何晏と結婚した。しかし何晏は相当な好色漢であったため、公主は母に「何晏を悪むことが日々に甚だしくなっています。どのように保身しましょう?」 杜氏は笑って「何晏を嫉妬んでいるのではないか?」何晏は程なく高平陵の変のため処刑された。

小説『三国志演義』には登場しない。

参考文献[編集]