村野盛政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村野盛政(むらの もりまさ、明和元年(1764年)- 文政2年(1819年))は、江戸時代後期、養蚕の振興に尽力し、狭山茶業を宮寺(入間市宮寺)の地に復興した功労者の一人。また小野派一刀流中西派の剣客で、俳人。俳号を瓢志と称した。

生涯[編集]

  • 狭山茶開発のエピソードについては、吉川温恭の項を見よ。