村田武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村田 武(むらた たけし、1887年明治20年)2月3日[1] - 没年不詳)は、日本内務官僚

経歴[編集]

静岡県に堀慎作の長男として生まれ、村田熊三郎の養子となった[2]錦城中学校第二高等学校を経て、1914年大正3年)、東京帝国大学法科大学法律科を卒業し、高等文官試験に合格[1]和歌山県属、同警視、同理事官、同日高郡長、京都府理事官、兵庫県理事官、福岡県書記官・学務部長、和歌山県警察部長岐阜県警察部長山形県警察部長を歴任した[1][2]

1929年(昭和4年)に退官した後は、京都市助役を務めた[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第8版』人事興信所、1928年。
  • 校友調査会編『帝国大学出身名鑑』校友調査会、1932年。