村田基 (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村田 基 (むらた もとい、1950年 - )は京都市出身[1]小説家フリーライター

学生時代は名古屋で過ごしたが、大学を中退[2]広告代理店を受けて落ち、次に小さな出版社に入社、9年間勤務する[3]

SFマガジン」の新人コンテストで小説家としてデビュー。処女作は同誌1986年5月号掲載の「山の家」だった。

小説を書かなくなった後はライターとして活動する[4]。40歳を過ぎて結婚[5]

著書[編集]

  • 恐怖の日常 (ハヤカワ文庫. JA)早川書房, 1989.2
  • 不潔革命(シンコー・ミュージック)1990.12
  • フェミニズムの帝国 (ハヤカワ文庫)早川書房, 1991.12
  • 愛の衝撃 (ハヤカワ文庫. JA)早川書房, 1992.2
  • 夢魔の通り道 (角川ホラー文庫)角川書店, 1997.8

脚注[編集]

外部リンク[編集]