村松潔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村松 潔(むらまつ きよし、1946年12月1日[1] - )は、日本翻訳家(英仏文学)。東京都江東区生まれ。臨海小学校卒。深川第三中学校卒。両国高校卒。

1971年 国際基督教大学 教養学部 卒業[2]。5年間フランスに留学、パリ大学でフランス現代文学を学ぶ[3]。1974年 パリ大学3大学院 現代仏文学専攻 修士課程 修了[4]

1993年に訳出した『マディソン郡の橋』はベストセラーになった。

翻訳[編集]

  • アンヌ・レエ『エリック・サティ白水社 1985 のちUブックス
  • ロッド・サーリング『ミステリーゾーン 2』矢野浩三郎共訳 文春文庫 1986
  • リチャード・ラウリー『偽の亡命詩人』文春文庫 1987
  • ポール・セロー『モスキート・コースト』中野圭二共訳 文藝春秋 1987
  • リシャール・ケルラン『迎撃のスホーイ』文藝春秋 1988 のち文庫
  • ポール・セロー『ハーフムーン・ストリート』文藝春秋 1988
  • テリー・ホワイト『殺し屋マックスと向う見ず野郎』文春文庫 1988
  • テリー・ホワイト『悪い奴は友を選ぶ』文春文庫 1989
  • ソーントン・ワイルダー『ミスター・ノース』文藝春秋 1989
  • レックス・スチュワート『ジャズ1930年代』草思社 1990
  • テリー・ホワイト『木曜日の子供』文春文庫 1991
  • キャサリン・ネヴィル『8(エイト)』文藝春秋 1991 のち文庫
  • ポール・セロー『O=ゾーン』文藝春秋 1991
  • スティーヴン・キング『ダーク・ハーフ』文藝春秋 1992 のち文庫
  • スティーヴン・A.ローゼンバーグ、ジョン・M.バリー『ガンの神秘の扉をひらく 遺伝子治療の最前線から』文藝春秋 1993
  • 『マタハリの恋 ヤング・インディ・ジョーンズ 3』原案:ジョージ・ルーカス 文春文庫 1993
  • ロバート・ジェームズ・ウォラー『マディソン郡の橋』文藝春秋 1993 のち文庫
  • ロバート・ジェームズ・ウォラー『スローワルツの川』文藝春秋 1994 のち文庫
  • マイケル・ドリス『青い湖水に黄色い筏』文藝春秋 1994
  • マーク・F.ヘフロン『写真集「マディソン郡の橋」』文藝春秋 1994
  • ポール・セロー『写真の館』文藝春秋 1995
  • ウォラー『マディソン郡の風に吹かれて』文藝春秋 1995 「一本の道さえあれば…」文庫
  • ニコラス・エヴァンス『ホースウィスパラー』新潮社 1996 のち文庫
  • ロバート・ジェームズ・ウォラー『ボーダー・ミュージック』文藝春秋 1997
  • エリック・フォスネス・ハンセン『旅の終わりの音楽』新潮社 1998 のち文庫
  • キラン・デサイ『グアヴァ園は大騒ぎ』新潮社 1999
  • アルノン・フルンベルク『月曜日はいつもブルー』草思社 2000
  • トマス・H.クック『夜の記憶』文春文庫 2000
  • トマス・H.クック『心の砕ける音』文春文庫 2001
  • T.E.カーハート『パリ左岸のピアノ工房』新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉 2001
  • ウォラー『マディソン郡の橋終楽章』ソニー・マガジンズ 2002 のちヴィレッジブックス
  • トマス・H.クック『神の街の殺人』文春文庫 2002
  • トマス・H.クック『闇に問いかける男』文春文庫 2003
  • ドン&ペティ・クラドストラップ『ワインと戦争 ヒトラーからワインを守った人々』飛鳥新社 2003
  • ニコラス・エヴァンス『炎への翼』1-2 新潮社 2004
  • トマス・H.クック『孤独な鳥がうたうとき』文藝春秋 2004
  • テリー・ケイ『光の谷間』バジリコ 2004
  • トマス・H.クック『蜘蛛の巣のなかへ』文春文庫 2005
  • フランシス・イタニ『遠い音』新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉 2005
  • トマス・H.クック『緋色の迷宮』文春文庫 2006
  • ニコール・クラウス『ヒストリー・オブ・ラヴ』新潮社 2006
  • ジョン・バンヴィル『海に帰る日』新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉 2007
  • トマス・H.クック『石のささやき』文春文庫 2007
  • リチャード・イエーツ『家族の終わりに』ヴィレッジブックス 2008
  • マイケル・オンダーチェ『ディビザデロ通り』新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉 2009
  • イアン・マキューアン『初夜』新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉 2009
  • ジョン・バンヴィル『無限』新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉 2010
  • イアン・マキューアン『ソーラー』新潮社〈新潮クレスト・ブックス〉 2011
  • トマス・H.クック『ローラ・フェイとの最後の会話』早川書房 2011 のち文庫 
  • ジュール・ヴェルヌ『海底二万里』新潮文庫 2012
  • ジョン・バンヴィル『いにしえの光』新潮社、2013 
  • イアン・マキューアン『甘美なる作戦』新潮社 2014
  • トマス・H・クック『サンドリーヌ裁判』早川書房 2015
  • イアン・マキューアン『未成年』新潮社 2015
  • ジョン・バージャー,ジャン・モア『果報者ササル ある田舎医者の物語』みすず書房 2016
  • 眠れる森の美女 シャルル・ペロー童話集』新潮文庫 2016
  • ボーモン夫人美女と野獣』新潮文庫 2017

脚注[編集]

  1. ^ 朝日新聞人物データベース
  2. ^ 朝日新聞人物データベース
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  4. ^ 朝日新聞人物データベース