村松増美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村松 増美(むらまつ ますみ、1930年7月31日 - 2013年3月3日)は、日英会議通訳者(同時通訳者)。男性。

来歴・人物[編集]

東京生まれ。早稲田大学第二文学部中退後、在日米軍のタイピストから通訳者に。1956年日本生産性本部駐米通訳として渡米、1960年日米貿易協議会(ワシントン)調査部長に就任、この間ジョージ・ワシントン大学で国際経済学を修める。1965年に日本初の会議通訳者集団である株式会社サイマル・インターナショナル創設に参加。同社社長、会長、顧問を経て、2000年9月末退任。

西山千國弘正雄小松達也らと共に、日本における会議通訳者(同時通訳者)の草分け的存在であり、主要国首脳会議(サミット)には1975年の第1回ランブイエ・サミットから第9回まで毎回通訳チームの一員として日本の外交に貢献するなど、国内外で数々の重要な通訳を担当し、「ミスター同時通訳」とも称された。また、国際ユーモア学会理事を務めたり、2001年にはNPOえむ・えむ国際交流協会」を設立し代表として各種講演活動を行なうなど、通訳者として第一線を退いた後も国際コミュニケーション分野で活動。1969年アポロ11号月面着陸のテレビ中継の同時通訳も務めた。

2013年3月3日、82歳で死去[1]

著作[編集]

  • 『私も英語が話せなかった サイマル英語のすすめ』正続、サイマル出版会 1978-1979 『ミスター同時通訳の「私も英語が話せなかった」講談社+α文庫
  • 『だから英語は面白い 話し上手はユーモアから』サイマル出版会 1986 のちPHP文庫
  • 『指導者たちのユーモア 同時通訳者のとっておきの話』サイマル出版会 1996 『リーダーたちのユーモア』PHP研究所
  • 『私の英語ウォッチング 話題のことば・気になる世相』ジャパンタイムズ 1998
  • 『とっておきの英語 第一線同時通訳者の秘蔵話』毎日新聞社 2002
  • 『秘伝英語で笑わせるユーモア交渉術』2003 日経ビジネス人文庫
  • 『英語のユーモアを磨く』2004 角川oneテーマ21
共著
  • 『ビジネスマンの英語 私たちの実戦アドバイス』小松達也共著 サイマル出版会 1981

翻訳[編集]

  • セイモア・E.ハリス『ケネディ時代の経済 ニュー・エコノミックスの実験』サイマル出版会 1968
  • 米国議会合同経済委員会編『米国の対外経済政策 ニクソン時代の新政策をめぐって』藤原勝博共訳 サイマル出版会 1971 サイマル・ビジネス
  • グレゴリー・クラーク『日本人 ユニークさの源泉』サイマル出版会 1977
  • ウムット・アルク『トルコと日本 特別なパートナーシップの100年』松谷浩尚共訳 サイマル出版会 1989
  • ジャクソン・N.ハドルストン『ガイジン会社 日本で企業経営するための心得』渡辺敏共訳 サイマル出版会 1993
  • ジェニファー・ダフィ,ギャリー・アンソン編『私が出会った日本 オーストラリア人の日本観』監訳 サイマル出版会 1995

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ミスター同時通訳」村松増美氏が死去 MSN産経ニュース、2013年5月8日

外部リンク[編集]