村松亮太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

村松 亮太郎(むらまつ りょうたろう、1971年5月5日 - )は、日本俳優映画監督演出家クリエイティブディレクターアートディレクター、映像クリエイター、3Dプロジェクションマッピングを得意とするディレクター。株式会社ネイキッド(英語表記:NAKED Inc.)代表。大阪府堺市出身。血液型A型。

プロフィール[編集]

1988年、17歳の時、ショーン・ペンの「インディアン・ランナー」と出会い、その独自のスタンスに感銘を受ける。その後、役者としてCM / ドラマ等でキャリアを積みながら、1997年、“NAKED”を創設。TV、広告、MVなどジャンルを問わず活動を続ける。

2002年より脚本執筆など映画制作を開始し、2006年から2010年にかけて長編映画4作品を劇場公開。国際映画祭で50ノミネート、7つの賞を受賞する。

2011年から3Dプロジェクションマッピングをミュージックビデオ内で発表。2012年末に東京駅丸ノ内駅舎で開催された「TOKYO HIKARI VISION」の3Dプロジェクションマッピング総合演出[1]、2014年「新江ノ島水族館ナイトアクアリウム」企画・演出・制作[2]を手掛けたことでも有名。

出版物[編集]

アート展[編集]

  • 「Light & Nature ~Photography and the Art of Projection」(2014.12.10-12.22)

空間演出・イルミネーション演出[編集]

3Dプロジェクションマッピング[編集]

映画[編集]

ミュージックビデオ[編集]

テレビ[編集]

出演[編集]

役者出演[編集]

映画祭ノミネート / 受賞歴[編集]

「アリア」(2008)[編集]

  • 2008 サンパウロ国際映画祭ノミネート

「ヘイジャパ!」(2008)[編集]

  • 2008 KINOTAYO映画祭観客賞受賞

「LOVEHOTELS-ラヴホテルズ-」(2006)[編集]

  • 2008 KINOTAYO映画祭ノミネート
  • 2008 ニッポンコネクションノミネート

「ANTI SEX」(2006)[編集]

  • 2007 釜山アジア短編映画祭ノミネート
  • 2007 トロント日本短編映画祭観客賞受賞

「BLUE」(2004)[編集]

  • 2006 サンディエゴアジア国際映画祭招待作品
  • 2005 サンフランシスコ国際アジアアメリカ映画祭ノミネート
  • 2005 レゲンバーグ短編週間ノミネート
  • 2005 アシアナ国際短編映画祭ノミネート
  • 2005 コーク映画祭ノミネート
  • 2005 イズメイリアドキュメンタリー&ショートフィルムフェスティバルノミネート
  • 2005 バルセロナ国際短編映画祭ノミネート
  • 2005 オーバーグ国際映画祭ノミネート
  • 2005 シネマパラダイス映画祭ノミネート
  • 2005 釜山アジア短編映画祭ノミネート
  • 2005 ドレスデン国際短編映画祭ノミネート

「Sweet Optimism」 (2003)[編集]

  • 2005 シエナ国際短編映画祭ノミネート
  • 2005 トロントジャパニーズフィルムフェスティバル2005特別招待作品
  • 2005 サンジオビデオフェスティバルノミネート
  • 2005 ドレスデン国際短編映画祭正式招待作品
  • 2005 ローマインディペンデント映画祭ノミネート
  • 2005 クレルモンフェラン短編映画祭ノミネート
  • 2004 ハワイ国際映画祭ノミネート
  • 2004 L.A国際短編映画祭ノミネート
  • 2004 ショートショートフィルムフェスティバルノミネート
  • 2004 釜山アジア短編映画祭ノミネート

「ジブンナリ」(2003)[編集]

  • 2005 ドーソンシティ国際映画祭ノミネート
  • 2004 LA国際短編映画祭ノミネート

「LIGHT MY FIRE」(2002)[編集]

  • 2005 プレアデス短編映画祭コンペティション部門正式招待
  • 2005 エゾノフィルムフェストベルリン2005ノミネート
  • 2004 アンカレッジ国際映画祭ノミネート
  • 2004 トロント日本短編映画祭2004ノミネート
  • 2004 ウッドストック国際映画祭ノミネート
  • 2004 FESTIVAL OF NATIONS ノミネート
  • 2004 ボストン国際映画祭ノミネート
  • 2004 ドレスデン国際映画祭正式上映
  • 2003 resfest2003正式上映
  • 2003 水戸短編映像祭正式上映

「DAZE」(2002)[編集]

  • 2005 コレドショートフィルムフェスティバルノミネート
  • 2006 トロント日本短編映画祭招待作品

出典[編集]

  1. ^ 村松亮太郎×真鍋大度対談 映像をスクリーンから解放したもの CINRA.NET(2013/01/29)
  2. ^ 「ナイトアクアリウム」を手がけるNAKED村松氏「これは恋愛みたいなものです」ギズモード・ジャパン(2014/08/07)
  3. ^ 1Hセンス”. フジテレビ. 2017年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]