村咲数馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村咲 数馬(むらさき かずま、1963年3月13日[1] - 2008年12月2日[1])は、日本小説家山形県出身。東洋大学卒業。銀行員、漫画編集者などを経て作家に。

時代小説歴史小説官能小説を主に執筆していた。本名:荒井和彦[1]2004年、『隠し人炎斬り 不知火半兵衛闇始末』でデビューする。別のペンネームに甘粕 蜜彦(あまかす みつひこ)があり、官能小説家としては2001年に『母子相姦 禁忌の受精』(グリーンドア文庫)でデビューしている。

作品一覧[編集]

村咲 数馬名義[編集]

  • 隠し人炎斬り(2004)
  • 隠し人無情剣(2004)
  • 夢太郎色暦(2004)
  • 隠し人斬雪剣(2004)
  • 春の虹(2005)
  • 夏ほたる(2005)
  • 秋つばめ(2005)
  • 闇の恋唄 占い屋福兵衛禊ぎ払い(2006)
  • たそがれ右京花暦(2006)
  • 稲妻剣(2007)
  • 菊の雫(2007)
  • 嘘屋絵師 国芳必殺絵巻流し(2008)
  • 嘘屋絵師 鶴寿必殺狂歌送り(2008)
  • 嘘屋絵師 金四郎必殺大刀返し(2008)

甘粕 蜜彦名義[編集]

  • 母子相姦禁忌の受精(2001)
  • 院内感染悪徳の病癖(2002)
  • 鍵師・耕介(2003)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]