村井早苗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

村井 早苗(むらい さなえ、1946年6月 - )は、日本の日本史学者。日本女子大学名誉教授。日本キリシタン史専攻。

東京都生まれ[1]。1969年日本女子大学文学部史学科卒業。1981年立教大学大学院文学研究科日本史専攻博士課程単位取得退学。2006年「キリシタン禁制史の研究」で日本女子大学文学博士。日本女子大学教授[2]。2016年退任。

著書[編集]

  • 『幕藩制成立とキリシタン禁制』文献出版 1987
  • 『天皇とキリシタン禁制 「キリシタンの世紀」における権力闘争の構図』雄山閣出版 2000
  • 『キリシタン禁制と民衆の宗教』山川出版社 日本史リブレット 2002
  • 『キリシタン禁制の地域的展開』岩田書院 近世史研究叢書 2007

共編[編集]

論文[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キリシタン禁制と民衆の宗教』著者紹介
  2. ^ 外部リンク参照