村中優

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
村中 優
基本情報
本名 村中 優
階級 バンタム級
身長 163cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1985-06-12) 1985年6月12日(33歳)
出身地 鹿児島県鹿児島市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 30
勝ち 26
KO勝ち 8
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

村中 優(むらなか すぐる、男性、1985年6月12日 - )は、日本プロボクサー鹿児島県鹿児島市出身。フラッシュ赤羽ボクシングジム所属。第54代日本フライ級王者。

来歴[編集]

2004年11月9日デビュー。3連勝を飾るも、2005年8月18日、初黒星。

2006年、フライ級新人王戦にエントリーし、東日本決勝まで勝ちあがるが、金城智哉に敗れる。

2008年7月2日に最強後楽園で牧山勝海と負傷引分後、2年のブランク。

2010年7月14日、奈須勇樹を6回TKOで復帰戦を飾る。

2013年12月10日、粉川拓也が持つ日本フライ級王座に指名挑戦者として挑み、右フックを的確に当てて3回にダウンを奪い、2-1判定でタイトル獲得した[1]

2014年4月10日、日本フライ級1位の黒田雅之の挑戦を、10回1分32秒TKOで勝ちを収め日本フライ級王座の初防衛に成功した[2]

2014年10月4日、日本フライ級11位の阪下優友の挑戦を、8回2分42秒TKO勝ちを収め日本フライ級王座の2度目の防衛に成功した[3]

2015年4月8日、日本フライ級1位の林徹磨と指名試合を行う予定だったが前日計量で村中に体重超過があり計量失格となった為、試合前に王座剥奪となった[4]。試合は引き分けか村中が勝てば王座は空位となり、林が勝てば王座を獲得するという条件で試合は行われ、村中が3-0(2者が96-94、97-93)の判定勝ちを収めた為、王座は空位となった[5]

2016年4月12日、後楽園ホールで石橋俊と53kg契約8回戦を行い、6回1分23秒TKO勝ちを収め再起を果たした[6]

2016年4月21日、JBCは最新ランキングを発表し、上述の石橋戦を制し再起を果たした村中を日本バンタム級11位にランクインした[7][8]

2016年7月8日、後楽園ホールで行われた第77回オーバーヒートボクサーズナイトでレノエル・パエルとバンタム級8回戦を行い、8回3-0(78-74が2者、79-74)の判定勝ちを収めた[9]

2016年7月27日、WBOは最新ランキングを発表し、村中をWBO世界スーパーフライ級14位にランクインした[10][11]

2016年12月5日、後楽園ホールで行われた「第79回オーバーヒート・ボクサーズナイト」で久高寛之と53.0kg契約8回戦を行い、8回2-0(77-75、77-76、76-76)の判定勝ちを収めた[12]

2017年1月10日、WBOは最新ランキングを発表し、村中をWBO世界スーパーフライ級11位にランクインした[13]

2017年3月15日、同年5月13日にバーミンガムバークレイカード・アリーナWBA世界スーパーフライ級王者のカリッド・ヤファイに挑戦することが決定した[14][15]

2017年3月17日、WBAは最新ランキングを発表し、村中をWBA世界スーパーフライ級10位にランクインした[16][17]

2017年5月13日、バーミンガムバークレイカード・アリーナでWBA世界スーパーフライ級王者のカリッド・ヤファイと対戦し、12回0-3(108-118、107-119が2者)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[18][19][20]

2017年6月17日、WBAは最新ランキングを発表し、上述のヤファイ戦に敗れ王座獲得に失敗した村中をWBA世界スーパーフライ級14位にランクインした[21][22]

2017年9月27日、JBCは最新ランキングを発表し、村中を日本バンタム級7位にランクインした[23][24]

2017年11月30日、JBCは最新ランキングを発表し、村中を日本バンタム級6位にランクインした[25]

2017年12月6日、後楽園ホールで行われた「オーバーヒートボクサーズナイトvol.83」で日本スーパーフライ級9位の阿知和賢と53.0kg契約8回戦を行い、8回3-0(3者とも76-75)の判定勝ちを収め再起を果たした[26]

2018年1月30日、JBCは最新ランキングを発表し、村中を日本バンタム級2位にランクインした[27][28]

戦績[編集]

  • 30戦 26勝(8KO) 3敗 1分

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “村中が判定で新王者/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2013年12月11日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20131211-1229843.html 2013年12月11日閲覧。 
  2. ^ “村中優初防衛「気持ち的に余裕あった」/ボクシング”. 日刊スポーツ. (2014年4月10日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140410-1283467.html 2014年4月11日閲覧。 
  3. ^ “村中、V2!2戦連続KO/ボクシング”. スポーツ報知. (2014年10月4日). http://www.hochi.co.jp/event/sports/20141004-OHT1T50333.html 2014年10月5日閲覧。 
  4. ^ 村中優が体重超過、日本フライ級王座はく奪 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月7日
  5. ^ 前王者の村中優が判定勝ち、日本フライ級王座は空位 Boxing News(ボクシングニュース) 2015年4月8日
  6. ^ 松本晋太郎がOPBF・SM級新王者、村中優6回TKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月12日
  7. ^ 2016年4月度日本ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2016年4月21日
  8. ^ 最新日本ランキング 村中優はB級11位、李明浩引退 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年4月21日
  9. ^ 村中優が復帰後2連勝マーク、清田祐三は引退式 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月8日
  10. ^ WBO RANKING JULY 2016 WBO公式サイト 2016年7月27日
  11. ^ 内山高志、村中優らがWBOランキング登場 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年7月29日
  12. ^ 村中優が激戦制す、久高寛之に2-0判定勝ち Boxing News(ボクシングニュース) 2016年12月5日
  13. ^ WBO RANKING JANUARY 2017 WBO公式サイト 2017年1月10日
  14. ^ Yafai set to defend WBA 115lb belt Fightnews.com 2017年3月15日
  15. ^ 村中優がヤファイに挑戦、5.13英バーミンガム Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月16日
  16. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年3月17日
  17. ^ 村中優、久我勇作、野中悠樹がWBAランク入り Boxing News(ボクシングニュース) 2017年3月18日
  18. ^ Yafai beats Muranaka, retains WBA superfly title Fightnews.com 2017年5月13日
  19. ^ Yafai gave Muranaka a lesson and is still WBA Super Flyweight Champion WBA公式サイト 2017年5月14日
  20. ^ 村中優の王座獲得ならず、ヤファイに大差判定負け Boxing News(ボクシングニュース) 2017年5月14日
  21. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年6月17日
  22. ^ 黒田と小浦がWBAランク入り、再戦指示の村田は1位 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年6月20日
  23. ^ 2017年9月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年9月27日
  24. ^ 日野僚ら日本ランク入り、元日本王者の胡朋宏は引退 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年9月28日
  25. ^ 2017年11月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2017年11月30日
  26. ^ 村中優が薄氷勝利、世界戦敗北から再起も喜べず Boxing News(ボクシングニュース) 2017年12月6日
  27. ^ 2018年1月度ランキング 日本ボクシングコミッション(JBC) 2018年1月30日
  28. ^ 最新日本ランク B級は鈴木悠介と村中優で決定戦 Boxing News(ボクシングニュース) 2018年1月30日

外部リンク[編集]

前王者
粉川拓也
第54代日本フライ級王者

2013年12月10日 - 2015年4月7日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
粉川拓也