村上保壽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村上保壽(むらかみ やすとし、1941年3月4日- )は、倫理学者、仏教学者。

京都府与謝郡生まれ。1965年東北大学文学部哲学科卒業、67年同大学院文学研究科修士課程修了、東北大学助手、山口大学教養部助教授、1985年教授、高野山大学教授、総本山金剛峯寺執行高野山真言宗教学部長。高野山伝燈大阿闍梨。95年「空海の世界と智の構造」で東北大学文学博士。もとの専門はルソーなど。[1][2]

著書[編集]

  • 『密教と現代』高野山出版社 1995
  • 『空海と智の構造』東方出版 1996
  • 『弘法大師の救済論 密教における霊と輪廻』高野山出版社 1999
  • 『空海の「ことば」の世界』東方出版 2003
  • 『現代社会を弘法大師の思想で読み解く』セルバ出版 2008
  • 『空海 日本人のこころの言葉』創元社 2009
  • 『空海のこころの原風景 自身の内なる仏への旅』小学館101新書 2012

共編著[編集]

  • 『高野への道 いにしへ人と歩く』山陰加春夫共著 高野山出版社 2001
  • 『空海真言宗現代名言法話・文章伝道全書』麻生弘道,資延恭敏,竹内信夫共編 四季社 2002
  • 『現代に生きる空海』編 小学館スクウェア 高野山大学選書 2006

論文[編集]

[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』
  2. ^ 『空海のこころの原風景』著者紹介