李鴻藻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
李鴻藻

李 鴻藻(り こうそう、Li Hongzao1820年 - 1897年)は、末の政治家。同治帝の帝師。字は蘭孫直隷省高陽出身。

1844年挙人1852年進士となり、翰林院庶吉士に選ばれ、編修や河南学政を歴任した。1861年咸豊帝の皇子載淳(後の同治帝)が学問を始める年齢になると、大学士彭蘊章の推薦で帝師となった。1865年に同治帝が即位すると内閣大学士軍機大臣となり、1872年に工部尚書となった。1874年10月に同治帝の病が重くなると、皇帝に代わって奏摺に硃批を加えている。

同治帝の後を継いだ光緒帝からも重用され礼部尚書・兵部尚書・吏部尚書を歴任し、翁同龢と共に光緒帝を支えた。李鴻章の親族と誤解されやすいが血縁関係はなく、清仏戦争日清戦争では主戦論を唱えるなど李鴻章とは政敵であった。死後、太子太傅と文正の諡号を贈られた。北京師範大学の校長を務めた李石曽は子にあたる。

先代:
龐鍾璐
都察院漢左都御史
1871年 - 1872年
次代:
桑春栄
先代:
毛昶熙
工部漢尚書
1872年 - 1877年
次代:
賀寿慈
先代:
沈桂芬
兵部漢尚書
1881年 - 1882年
次代:
毛昶熙
先代:
万青藜
吏部漢尚書
1882年 - 1884年
次代:
徐桐
先代:
畢道遠
礼部漢尚書
1887年 - 1896年
次代:
孫家鼐
先代:
徐桐
吏部漢尚書
1896年 - 1897年
次代:
孫家鼐